paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」(https://paiza.jp ギノ株式会社)の開発者が開発の事、プログラミングネタ、ITエンジニアの転職などについて書いています。

エンジニア採用を失敗させる「ダメな面接官」の特徴5つ

f:id:paiza:20170807134823j:plain
Photo by GT AMSA
f:id:paiza:20140916135428p:plainこんにちは、谷口です。

paizaでは、ITエンジニアの求人募集をしている企業のご相談にも乗っています。

「なかなか応募がない」といった悩みも多いですが、ベンチャー企業からの声で目につくのが「面接への応募はあるが、いい人が見つけられない」「面接でいいと思った人に逃げられてしまう」というもの。そもそも面接が面接として機能していないパターンです。

特にこれからエンジニアを増やしたいスタートアップなど、まだまだ規模が小さい企業の場合、専任の人事担当者がいるところのほうが少ないかと思います。そんななか、人事業務の経験がない社員だけで、手さぐりに採用活動を進めていくのは、かなり大変です。

そこで今回は、たくさんのエンジニア募集企業を見てきてわかった、ダメな面接をしてしまっている面接官にありがちなことをまとめました。

なかなかエンジニア採用がうまくいかない企業の方の参考になればと思います。

■ダメな面接官や企業の共通点

重要なのは、求める人物像やスキルレベルといった採用基準を明確にして、面接官全員がそれを把握しておくことです。

面接がうまくいかない企業のほとんどは、これができていません。そして、採用基準が定まっていなければ、面接を実施しても意味がありません。

下記に、採用基準が明確になっていない面接にありがちなポイントをまとめてみました。

求人票も公開してるし、採用基準なんて決まってるよ」と思われるかもしれませんが、本当に採用基準が明確で、面接官もそれを把握できているのであれば、下記のようなことは起こらないはずです。

■採用基準が明確でなく、応募者を不安にさせる面接にありがちなこと

f:id:paiza:20170807135226j:plain
Photo by Samuel Mann

◆採用基準が無駄に厳しい

これはエンジニアが中心となって面接をする場合によくあります。

面接官を務めるエンジニアにとっては、自分たちで仕事を教えたり、一緒に働いたりする相手を決めるための重要な機会です。そのため、「なるべく自分たちと同等レベルの経験やスキルのある人に来てもらいたい」「前任者と同じくらいのレベルの人がいい」「何でもできる人がいい」(※そんな人いません)と考えて、「絶対にこの業務経験がないとだめ」「このスキルもあのスキルも持っていないとだめ」などと、つい必要以上に条件を厳しくしてしまいがちなのです。

もちろん絶対に必要な条件を取り下げたり、間口を広げすぎる必要はありません。

ただ、応募者を見る目を必要以上に厳しくしてしまい、それによって採用がうまくいかないのであれば、改めて業務内容や職務範囲を明確にしていきましょう。

「具体的にどんな仕事をどこまでやってもらいたいか」が明確になれば、おのずと「絶対にないと困るスキル」「必須ではないけどあると嬉しいスキル」「特に必要ないスキル」なども明らかになってくるはずです。

◆属人性の強い面接になり評価が割れる

面接が終わってから、面接官の間で「この応募者を落とすか、通過させるか」でもめた経験はありませんか。

採用に慣れていない人たちで面接を行うと、評価が割れるケースがよくあります。この原因も、そもそも応募者を評価する軸がきちんと定まっていないところにあります。

評価軸が定まっていないと、例えば「○○さんはAの業務経験はないけど、Bのスキルがすごく高いから優秀だ」「○○さんはいくら他が優秀でもCのスキルが低いのであれば通過させたくない」といった感じで、面接官は各々の感覚で応募者を評価することになってしまいます。

ここで「○○さんはBのスキルが高いから自分は通過させるべきだと思う」「いやCのスキルが低いから落選だと思う」と個々で揉めてしまうのは非常に無駄です。

採用すべきなのは、面接官が個人的によい印象を受けた人ではなく、会社にとって必要な人材です。

「このポジションにはAの業務経験とBのスキルが必須、Cのスキルは現時点では必須ではないが、これから勉強して習得しようとする姿勢は必要…」といった感じで評価軸が明らかになっていれば、評価がブレることはほとんどないはずです。

◆企業側から職務内容の説明がうまくできない

面接は、企業が一方的に応募者を評価する場ではありません。

応募者側から「この企業が入社に値するかどうか」を評価する場でもあります。

ですから、企業は面接で「うちはこういう事業をやっているこんな会社で、あなたに入社してもらったらこのポジションでこの仕事をしてもらいたいです、周りにはこんな人たちがいます」といった感じに、会社のこと、事業内容、仕事内容をきちんと説明する必要があります。よく「応募者に聞かれたら答えるよ」と考えている面接官もいますが、応募者側からは聞きにくい内容も多いので、聞かれなくても企業側から話してください。

求人票を出している割に、やってほしい業務内容や職務範囲が明確に定まっていない企業の場合、こうした説明をするのが本当に下手です。

面接の前に「このチームでこれに関わる業務をやってほしい」など、なるべく仕事内容を明らかにして把握しておきましょう。

「業務が多岐に渡るから説明しづらい」「いろいろな仕事をやってもらうから何でもできる人がほしい」と都合よく考えている企業は非常に多いです。ただ、前述もしましたが何でもできる人なんてほとんどいませんし、いたとしても何をやらされるかよくわからない企業には入ってくれません。

◆応募者の成果ばかりを気にする

面接官初心者の場合、応募者の成果ばかりを評価対象にしてしまいがちです。

どれぐらい売り上げや利益が出たとか、どれぐらいの人数に利用されているとか、あらゆる数値がどれぐらい上がったとか……もちろん仕事をする上で、こうした成果は非常に重要です。そして、目に見えやすい指標なので、これをよりどころに評価をしてしまいがちです。

ただ、絶対的な成果は、扱うサービスやその規模、会社や部署の状態などあらゆる外的要因にも左右されるものです。運よく想定以上の成果が出る場合もありますし、逆に本人以外の原因で想定より低い成果しか出せなかったという場合もあるでしょう。

実際に面接で聞き出して評価すべきなのは、成果よりも「どんな考えを持って、どんなプロセスを経た上で、どんな結果が出たか」ということです。

特に若手のエンジニアを募集する場合、目立つ成果を上げた経験などない人がほとんどですから、こうした仕事に対する考え方や取り組み方を、面接官が率先して聞き出すことが大切なのです。

◆最初から自己PRや志望動機を聞いたり、論理的に問い詰めたりする

これは採用基準や評価軸を考える以前の問題ですが、面接に慣れていない面接官ほど、いきなり本題に入ろうとしてしまいがちです。

ほとんどの応募者は、面接に対して少なからず不安や緊張を感じています。

そんな応募者が本当の実力や自分のよいところを出せるかどうかは、面接官にかかっています。

まず「道に迷いませんでしたか?」「今日は暑いですね」といった簡単な会話から始まり、きちんと「本日はご来社いただきましてありがとうございます」「弊社の○○チームでエンジニアをしております○○と申します」といった挨拶をしましょう。

その上で、いきなり「志望動機は?」「転職理由は?」といった質問ではなく、これまでの経歴や経験など、答えやすい質問から徐々に転職に関わる部分などの核心にふれていきましょう。

特に、転職理由や志望動機、自己PRなどは面接でよく聞かれる質問ではありますが、そもそもこれまでの業務経験や、仕事に対する考え方などがあった上で繋がってくる話のはずです。

よく聞かれる質問は、とりあえず聞いておけばいいというものではありません。

こういった質問は、前提もなしにいきなり聞かれても、今までの業務経験をどこまで絡めて話したらいいのか分かりづらいですし、聞いた方にとっても把握しづらくなってしまいます。

■まとめ

前述もしましたが、採用選考というのは「企業が応募者を選考するためだけの場」ではありません。

エンジニア求人が急増している現代では、応募者が企業を選べる立場になってきました下手な面接をしていると、普通に「この会社はやめておこう」と思われてしまい、応募者側の選考から落ちてしまいます

逆に、たとえ人事担当者がいない小規模な企業でも、上記のようなポイントに気をつけることで、採用活動がうまくいっているところは多々あります。

「エンジニアの採用がうまくいかない……」という方は、自社の面接に当てはまるところがないか参考にしていただければと思います。


paizaでは、採用基準の定め方や面接の進め方などについてもサポートを実施しております。

「どれぐらいのスキルの人を募集したらいいかわからない……」「どんなふうに面接したらいいのかわからない……」「ちゃんとやっているつもりだけど思うようにエンジニアを採用できない……」といったご相談にものらせていただいておりますので、ぜひご活用ください。また、今後エンジニアの採用にpaizaを導入してみようかなと検討されている担当者の方は、ぜひこちらからお問い合わせください。(※既にpaizaとご契約いただいております企業様は、直接担当者へご連絡ください)


paizaは、技術を追い続けることが仕事につながり、スキルのある人がきちんと評価される場を作ることで、日本のITエンジニアの地位向上を目指したいと考えています。

「paiza転職」は、自分のプログラミング力が他社で通用するか(こっそり)腕試しができる、IT/Webエンジニアのための転職サービスです。プログラミングスキルチェック(コーディングのテスト)を受けて、スコアが一定基準を超えれば、書類選考なしで複数の会社へ応募ができます。
paiza.jp
まずはスキルチェックだけ、という使い方もできます。すぐには転職を考えていない方でも、自分のプログラミングスキルを客観的に知ることができますので、興味がある方はぜひ一度ご覧ください。
paiza.jp

ITプログラマ・エンジニア向け転職・就活・学習サービスのpaiza

プログラミング入門者向け・Pythonの基礎が学べるサイトと本8選

f:id:paiza:20100206113249j:plain
Photo by Rexness

これからプログラミングを始めようと思っている方、Pythonから始めませんか?

プログラミングを勉強しようとしたとき、まず迷うのが「どの開発言語から勉強するか」。もちろん、どの言語から始めてもいいのですが、特にこだわりがないのであれば、「学びやすい言語」「将来にわたって使える言語」を選ぶほうがいいでしょう。その基準からおすすめしたいのがPythonです。

paizaのユーザーアンケート(※すぐ下のリンク先参照)で、見事人気プログラミング言語1位の座に輝いたPython。特に学生の支持が高く、若い世代が積極的に使用しています。最近注目されているAIや機械学習などでも使われることが多い言語で、当面は高い需要が続くと見込まれています。

paiza.hatenablog.com

Pythonは1991年にオランダ人のグイド・ヴァンロッサム氏によって開発された汎用のプログラミング言語です。

C言語などの他の開発言語と比較すると、シンプルな文法で扱いやすいため、とても学習しやすいという特徴があります。初学者が最初に取り組む場合にも適した言語といえます。

もともと欧米など海外で人気があり、GoogleやYahooでも使われているほか、さまざまなアプリケーションの開発に用いられています。また、NASAをはじめとして世界中の研究機関でも広く使われています。日本国内でも、最近はPythonで開発をおこなう企業が増加しています。

経験者はもちろん、paizaに登録したてのプログラミング初学者で、最初に勉強してみたい言語としてPythonをあげる方はとても多いです。そこで、今回はプログラミング未経験者や初心者でもわかりやすくPythonが勉強できる入門サイトや本を8つご紹介します。自分にあったサイトを見つけて、Pythonを勉強してみてください。

※なお、Pythonにはバージョン2系と3系があります。3系には後方互換性がないため、Python3系のコードはPython2系では動かせません。Python2系は2020年をもってサポートの打ち切りが決まっており、近年はPython3系で開発をすることも増えてきました。ただ、現在でもPython2系でないと動かないパッケージが存在しているので、学習する際は気を付けてください。


もちろん、paizaラーニングでもPython3の講座を公開しております(無料)。
https://paiza.jp/works/python3/primer
f:id:paiza:20170531175844p:plain
1本あたり約3分のレッスン動画と練習問題で、プログラミングの基本を手順を追って学べます。ブラウザさえあればすぐに学習を始められますので、ぜひご利用ください。


目次

■プログラミング初心者におすすめのPython入門サイト

Python公式ドキュメント(日本語訳)

http://www.python.jp/
f:id:paiza:20150407164816p:plain
有志の方々によるPython公式ドキュメントの日本語訳を公開しているサイトです。

各OSでの環境のセットアップ方法やしっかりとしたチュートリアルなどがあり、習得に必要な情報が一通りそろっています。
Python のセットアップと利用 — Python 3.6.1 ドキュメント
f:id:paiza:20150408150627p:plain

PythonWeb

http://www.pythonweb.jp/
f:id:paiza:20170804113432j:plain
インストールや環境設定の方法と、Pythonの入門部分の学習ができます。実際の画面の画像を使いながら解説しているので分かりやすいです。

ドットインストール

http://dotinstall.com/
f:id:paiza:20150204142015p:plain
動画でさまざまなプログラミング言語について学べるサイトです。Python3講座もあり、導入部分は無料で見ることができます(途中からは有料会員限定の講座となっています)。

CheckiO

http://www.checkio.org/
f:id:paiza:20141014144603p:plain
Pythonを書くことで問題を解きクリアしていくゲーム型のサービスです。Pythonだけでなく、JavaScriptでもプレイできます。問題は簡単な問題から段階的に難しくなっていくようになっており、無理なく習得できます。ゲーム要素があることで、ただ勉強するよりも続けやすくなっています。

Pythonを学びたい初心者におすすめの入門書

確かな力が身につくPython「超」入門

「超」の言葉通り、まったくのプログラミング初学者向けにPythonを解説しています。最初イメージしにくい専門用語なども丁寧に解説してくれているので、最初に読む本としておすすめの一冊です。

いちばんやさしい Python入門教室

いちばんやさしい Python入門教室

いちばんやさしい Python入門教室

Pythonの入門的な内容はもちろん、プログラミング自体が初めての人へ向けた内容も含まれている一冊です。こちらも図やイラストを多く使ってわかりやすく解説しています。

詳細! Python 3 入門ノート

詳細! Python 3 入門ノート

詳細! Python 3 入門ノート

プログラミング入門者にも分かりやすい表現を使いながら、環境構築から入門、応用と解説しています。大量のPythonファイルと例文が用意されていて、それを使いながら学習することで理解が深められるようになっています。

初めてのPython 第3版

初めてのPython 第3版

初めてのPython 第3版

Pythonの基本からアプリケーションを作るための知識や技術まで詳細に解説しています。他の言語を学習した経験がある方や、入門書の内容だけでは物足りなくなってきた人が次に読む本としておすすめです。

■とにかくPythonのコードをどんどん動かしてみたい人は

paiza.IO

https://paiza.io/
f:id:paiza:20150205121058p:plain
paiza.IOは、ブラウザ上でコードを書き、そのコードをすぐ実行出来るオンラインプログラム実行環境です。面倒な環境構築が必要なく、ブログパーツとして使えたり、GitHub(Gist)連携などもできます。ネットや本に載っているコードがどう動くか見たいときなども、すぐに試すこともできます。ぜひpaiza.IOでどんどんコードを書いてみてください!

詳しくはこちらの記事をごらんください。


24のプログラミング言語がブラウザで即実行できる『paiza.IO』 - paiza開発日誌

コードをリプライとして飛ばすと結果を返信してくれるツイッターアカウントで遊ぶこともできます。


Twitterでプログラムコードを実行!結果を返信してくれるpaiza_run - paiza開発日誌

■まとめ

Pythonは比較的他の言語よりも学びやすいので、初心者の人におすすめの言語です。さらに、エンジニア求人の需要もある言語なので、実際にやってみてプログラミングが面白そうだなと感じた方は、学習を続けていけば将来仕事にしていくこともできるでしょう。さまざまな面からおすすめできる開発言語といえます(もちろん、自分が一番好きだと思った言語を勉強するのが一番ですが…)。

上記にあげたサイトや本を使って、プログラミングの第一歩を踏み出してみてください!

paizaラーニングについて

paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

↓詳しくはこちら
paiza.jp

そして、paizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。
paiza.jp
スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

ITプログラマ・エンジニア向け転職・就活・学習サービスのpaiza

ブラウザだけで簡単にプログラミング動画を作って公開できる「Scrimba」を使ってみた!

f:id:paiza:20170802141404j:plain
どうも、まさとらん(@0310lan)です!

今回は、ブラウザさえあれば今すぐ「プログラミング動画」を制作してネット上に公開できる無料のWebサービスをご紹介します!

自分の声を一緒に収録することも可能なので、チュートリアル動画やプログラミング講座などを自由に制作できるスグレモノです。

優秀なコードエディタや動画編集機能なども優れているので、ご興味ある方はぜひ参考にしてみてください!

Scrimba

f:id:paiza:20170802141504j:plain

■「Scrimba」の使い方!

それでは、実際に「Scrimba」を使いながら、どのようなサービスなのかを見ていきましょう!

まず最初に、トップページの画面上部にある「ログイン」ボタンからGitHubアカウントと連携しましょう。
f:id:paiza:20170802141524j:plain


ログインが済んだら、次に「create」をクリックします。
f:id:paiza:20170802141543j:plain


すると、「新規作成」ウィンドウが表示されます。
f:id:paiza:20170802141612j:plain
ここで、「① テンプレート」と「② プロジェクト名」を選択してから、画面下の「CREATE」ボタンをクリックしてください。


ブラウザの画面全体が「コードエディタ」になりました!
f:id:paiza:20170802141643j:plain
この画面上で普通にプログラミングもできるのですが、そのままスクリーンキャストを制作することも出来るようになります。


ちなみに、画面上部のツールバーに「編集」ボタンがあるのでクリックしてみてください。
f:id:paiza:20170802141658j:plain


設定画面が開くので、「VISIBILITY」の箇所を「ONLY ME」に選択しておきましょう!
f:id:paiza:20170802141712j:plain
こうすることで、このプロジェクトは自分だけが閲覧できる状態になります。

■「スクリーンキャスト」を作ってみよう!

Scrimba」を使った「スクリーンキャスト」は非常に簡単なので、実際にやってみましょう!

まずは、ツールバーにある「録画」ボタンをクリックします。
f:id:paiza:20170802141744j:plain


次に、PC搭載のマイクを使って「① 音声」も同時に収録するかどうかを選択し、「② CONFIRM」ボタンをクリックします。
f:id:paiza:20170802141800j:plain


すると録画が始まるので、あとは通常通りプログラミングしたり自分の声を収録していきましょう!
f:id:paiza:20170802141823j:plain


録画をやめる時は、画面上部の「STOP」と書かれた文字か、録画ボタンをもう1度クリックすればOKです。
f:id:paiza:20170802141855j:plain


最後に、「FINISH」ボタンをクリックすればスクリーンキャストの完成です!
f:id:paiza:20170802141907j:plain


再生ボタンをクリックすると、普通に動画として視聴することができますよ!
f:id:paiza:20170802141921j:plain
もちろん、「PUBLISH」ボタンをクリックすれば、ネット上に公開することも可能です。


さらに「Scrimba」の注目すべき点として、映像として録画しているのではなく「テキストデータ」として記録しているのが大きな特徴です!

その証拠に、動画を途中で止めると…そのままコードを好きなように編集することが可能なのです!
f:id:paiza:20170802141934j:plain
これにより、ユーザーは動画を見るだけでなく、同じ画面上でコードをいじって検証することもできるので、非常に効率の良い学習を可能にしているわけです。

再生ボタンをもう1度クリックすれば、自分で編集したコードはリセットされるので安心です。

また、「テキストデータ」を記録しているだけなので、録画中もパソコンに負荷がほとんど掛かることなく軽快に動作するのも魅力の1つでしょう。

以下のサンプル動画を視聴しながら、ぜひコードも編集してみてください!

サンプル動画|Scrimba公式

■「Scrimba」でオススメの機能!

Scrimba」を使う上で、ぜひ活用しておきたい機能をいくつかピックアップしましたのでご紹介します!

例えば、コードエディタのツールバーから「コンソール」ボタンをクリックすると、JavaScriptプログラミングで役に立つ「コンソール画面」が下部に表示されます。
f:id:paiza:20170802143832j:plain
普通ならブラウザ搭載のデベロッパーツールを起動するわけですが、エディタ上で軽快に動くのは便利です。


外部の「① JavaScriptライブラリ」も「設定」ボタンから自由に追加可能!
f:id:paiza:20170802143856j:plain
リセットやノーマライズ、Bootstrapなどの「② CSS」も選択できるようになっています。


また、プレビュー画面も表示できるので、画面を切り替えることなくWebの状態をリアルタイムに確認することが出来るのは便利ですね。
f:id:paiza:20170802143915j:plain
もちろん、動画を録画している最中も表示できるので、チュートリアル動画を作る時にも重宝する機能でしょう。


さらに、録画済みの動画はいつでも再編集することが可能!
f:id:paiza:20170802143929j:plain
トリミングなども自由にできるので、上手く喋れなかった箇所を省略する、なんてことも簡単にできます。


制作した動画はネット上に公開するだけでなく、ブログやサイトへ簡単に貼り付けられるように「埋め込みタグ」も生成してくれます。

方法も簡単で、自分のダッシュボードから貼り付けたい動画の「設定アイコン」をクリックします。
f:id:paiza:20170802143941j:plain


設定パネルが表示されますが、その下にあるコードをコピーすればOK!
f:id:paiza:20170802143953j:plain
これをブログやサイトのHTMLに貼り付ければ、自分の動画を埋め込むことが可能です。

このように、「Scrimba」はスクリーンキャストを制作するのに必要な環境をブラウザだけで実現しているスグレモノです。

まだベータ版ではあるものの、公開チャットで活発に意見交換されているのでバージョンアップの頻度が高いのも好印象ですね。

公開チャット |Gitter
f:id:paiza:20170802144018j:plain

■初心者でも動画でプログラミングが学べる!paizaラーニング


paizaでは、プログラミング未経験者・初心者向け学習サービス「paizaラーニングを公開しています。

PythonJavaC言語PHPRubyJavaScriptSQL、HTML/CSSなど、プログラミング初心者でも動画で学べる入門レッスンが多数ございます。プログラミング初心者の方はぜひごらんください!

↓詳しくはこちら
paiza.jp

■まとめ

今回は「Scrimba」について基本的な部分をご紹介しました。

スクリーンキャストは、いざ作ろうと思った時にいろいろ機材を揃えるのが大変なのですが、ブラウザさえあればすぐに始められるのは本当に便利で楽しいです。

将来的には、有料動画を作成できる機能なども検討されているようなので、ご興味ある方は今後も引き続きチェックしておきましょう!


<参考>





paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

現在、普段有料公開しているPHP、DB/SQL、Webアプリ開発入門(PHP+MySQL編)のレッスンを、期間限定で連続無料公開中ですのでぜひごらんください。

↓詳しくはこちら
paiza.jp

そして、paizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。
paiza.jp
スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

ITプログラマ・エンジニア向け転職・就活・学習サービスのpaiza