paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」(https://paiza.jp ギノ株式会社)の開発者が開発の事、プログラミングネタ、ITエンジニアの転職などについて書いています。

2日で内定、ES不要、既卒OK…2017新卒この採用選考がすごい!9選

f:id:paiza:20161204175739j:plain
Photo by Weldon Kennedy
f:id:paiza:20140916135428p:plainこんにちは。谷口です。

3月1日から2017新卒求人への応募・エントリーがスタートとなりました。

2017卒の就活スケジュールは概ね以下のようになっています。今年は去年に比べて選考開始時期が前倒しになっていますので、早めのスタートを切ることが重要です。就活生の方からは、早くも「3月に入ってすぐにポータルサイトからたくさんの求人にエントリーをしました!」という話をよく聞いています。

f:id:paiza:20160216122942j:plain

最近はエントリーシートや履歴書の提出締切までの期間が短い企業も多く、応募企業ごとに作成をするのはなかなか大変かと思います。また、エントリーシート・筆記試験・面接といった一般的な就活方法が苦手で不安……という人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は2017新卒向けに、ES不要な選考や応募者が作った作品での選考など、独自の採用方法を実施する企業や求人サイトをご紹介いたします。

求人応募はとにかく数撃てばいいというものではありませんが、最近は既存の就活スタイルを疑問視する企業や独自の採用方法を実施している企業なども増えてきました。可能性を広げるためにも覗いてみてはいかがでしょうか。

■2017卒就活生向け、独自の採用選考を実施する企業

◆1.2日で内定獲得!!チームラボスキップ選考!

f:id:paiza:20160302112322p:plain
チームラボ株式会社
募集職種分野:エンジニア

チームラボの新卒エンジニア求人では、なんと丸2日で内定を獲得できるスキップ選考を実施しています。

二日間の内訳ですが、初日に説明会・アルゴリズムコンテスト・個別ディスカッション、2日目に個別面接を経て、通過するとその場で内定が出るそうです。

◆2.ドワンゴの技術アピール選考と受験料納付制度

f:id:paiza:20160302112558p:plain
株式会社ドワンゴ
募集職種分野:エンジニア

ドワンゴでは、エンジニアとしての技術力をPRできる「技術アピール」として、コードや論文を提出することが可能で、その内容によっては、初期の面接をパスすることができます。

また、これは話題になったので知っている人も多いかもしれませんが、ドワンゴは「本当に入社したい人にエントリーしてもらい、時間をかけて潜在的な能力を見極めるような選考を行いたい。」として、新卒採用選考の応募者(※一都三県在住者のみ)に受験料を課しています。

◆3.DeNAの特別実績選考

f:id:paiza:20160302112742p:plain
株式会社ディー・エヌ・エー
募集職種分野:ビジネス職・エンジニア職

DeNAの特別実績選考では、応募者がこれまで成し遂げてきた実績や、それに至るまでのプロセスを重視した特別な選考です。(※詳細な選考ステップはエントリー時に特別実績に関する必要情報を記入し、通過した方だけが案内されるようです)

例にあるのは「自ら企画したプロダクトが世の中で高く評価され、アプリストアの無料ランキングで3週間ほどTop20位以内を維持した」などなど…実績や成果をあげた経験のある方は思い出してみましょう。

◆4.ドリコムの面接なし、インターンシップのみでの選考

f:id:paiza:20160302132401p:plain
株式会社ドリコム
募集職種分野:ビジネス企画コース、ビジネス企画コース、デザイン表現コース

ドリコムは現存の面接中心の選考手法を見直し、面接を廃止し、インターンシップでの選考を実施しています。エントリー後は、ES提出→DRECOM Internship BASIC参加→DRECOM Internship ADVANCE参加(就業体験型のインターンシップ)→内定というステップになります。

◆5.サイボウズのU-29採用

f:id:paiza:20160302114243p:plain
サイボウズ株式会社
募集職種分野:ビジネス職、エンジニア職、カスタマーサポート職

サイボウズは、学校卒業と同時に既卒となり就職先の選択肢が狭まってしまうことや、中途の場合も相応のビジネス経験やスキルがないと難しいという風潮を疑問視し、様々なバックグラウンドを持つ29歳以下の人を募集するU-29(ユニーク)採用を実施しています。

◆6.クレスコのユニーク採用枠

f:id:paiza:20160302130532p:plain
株式会社クレスコ
募集職種分野:エンジニア
クレスコは、「他者に負けない個性・能力・思考」をアピールできる方を対象にユニーク採用枠を実施しています。

IT部門や専門分野資格取得部門等があり、エントリー・説明会後は書類選考→役員プレゼンテーション→内定というステップになります。

◆7.ソフトバンクのNo.1採用

f:id:paiza:20160302131142p:plain
ソフトバンク株式会社
募集職種分野:テクノロジー、ビジネス、アカデミック、クリエイティブ、スポーツ

ソフトバンクは、プログラミングコンテストロボットコンテストでの優勝、研究論文、国際学会での高評価など、No.1の実績がある人を対象にNo.1採用を実施しています。

エントリー後は書類選考→プレゼンテーション→内定というステップになります。

■2017卒就活生向け、独自の採用選考を実施する求人サイト

◆8.ニクリーチ

f:id:paiza:20160217145919p:plain

ニクリーチではスカウトを受けると企業の話を聞きながらおニクをごちそうになれるというお腹を空かせた学生のためのスカウト型就活サイトです。自分が就活生だったら(スカウトが来るかどうかは別にして)絶対登録してたと思います……。

◆9.paiza新卒

http://paiza.jp/student
f:id:paiza:20150730172136p:plain

paiza新卒は、paizaがITエンジニアを目指す学生の皆さんに向けてオープンいたしました、規定のプログラミングスキルがあれば大手企業からベンチャー企業までエントリーシート選考なしで応募ができる就職活動支援サービスです。

プログラミング問題を解いてスキルランクを獲得した上で企業に応募ができますので、自分のプログラミングスキルのレベルが明らかとなり、プログラミングができる人ほど有利に就活を進めることができます。

Skype面接OKの企業も多数掲載しておりますので、自宅にいながら面接を受けることも可能です。「東京の企業に就職したいけど、地方に住んでいるので交通費が……」「研究で忙しいのに、移動に時間がかかりすぎるのはちょっと……」という方もぜひご利用ください。

■まとめ

最近は既存の就活ステップを疑問視して、エントリーシートや面接を一部省いたり、新卒・既卒問わず採用するやり方を実施する企業が増えてきました。


paiza新卒も、プログラミング問題を解いてスキルランクを獲得することで、プログラミングができる人ほど有利に就活を進めることができるサービスとなっています。

またpaiza新卒では、求人情報だけでなく、プログラミング未経験者でも無料動画で学習できる「paiza learning」も公開しておりますので、「プログラミングに興味はあるけど、どうやって勉強したらいいかわからない」「仕事にしたいわけではないけど、ちょっとプログラミングの勉強をしてみたいな」という方でもお気軽にご登録いただけます。

ご興味のある方はぜひ試してみてくださいね。

paiza.jp

■学生向け「ITエンジニア就活特化」プログラミング学習コース好評公開中

paiza新卒の学習コンテンツ「paizaラーニング就活パック」が、先日公開となりました。

paizaラーニング就活パック」は、企業からの「こんな開発スキル・知識を身につけている学生がほしい」という要望と、ITエンジニア志望の学生からの「就活を上手に進めるためにはどうしたらいいのか」という悩みに応えるための特別コースです。

単純なプログラミングスキルだけでなく、業界・キャリアに関する知識やWeb周辺の知識の習得、選考用ポートフォリオとなるサービス作成までを行える就職特化型の講座内容になっております。

paiza.jp

youtu.be



この度paizaは、ITエンジニアを目指す学生の皆さんに向けてpaiza新卒をオープンいたしました。

paiza新卒は、大手企業からベンチャー企業まで、規定のプログラミングスキルがあればES選考なしで応募ができる就職活動支援サービスです。また、Skype面接OKの企業も多数掲載しておりますので、自宅にいながら面接を受けることも可能です。「東京の企業に就職したいけど、就活は交通費がかかりすぎる」「研究で忙しいのに、就活は移動に時間がかかりすぎる」というITエンジニアを目指す皆様もぜひご利用ください!
paiza.jp


paizaではITエンジニアとしてのスキルレベル測定(9言語に対応)や、プログラミング問題による学習コンテンツ(paiza Learning)を提供(こちらは21言語に対応)しています。テストの結果によりS,A,B,C,D,Eの6段階でランクが分かります。自分のプログラミングスキルを客観的に知りたいという方は是非チャレンジしてみてください。

http://paiza.jp