読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

paiza開発日誌

paiza(https://paiza.jp)の開発者が開発の事、プログラミングネタ、ITエンジニアの転職などについて書いています。

エンジニアを目指す学生必見!就活を遅れてスタートさせた就活生が2ヶ月でどうやって内定獲得したか

新卒/就活 Webサービス紹介 内定者インタビュー

f:id:paiza:20160727144328p:plain
7月ももうすぐ終わりですね。就活生の皆様、就活の進み具合はいかがでしょうか?

もう内定を獲得されて終了された方が多い一方で、まだ続ける予定という方もいらっしゃるかと思います。

今回は皆様に、paiza新卒を使って就活に成功された方のインタビューをご紹介いたします。

paiza新卒を使った就活をして、今年の6月に自社サービス開発企業に内定した2017卒予定の方のホットな体験談ですので、今まさに就活中という方にとっても、就活はまだ先という方にも参考になるかと思います!

自社サービス開発企業に内定されたD様(ランクS※)の事例

※paizaのプログラミングスキルチェック問題のランク(S,A,B,C,D,Eの6段階)です。

Q.就活はいつごろ始めたのですか?

A.私は留学をしていて、日本に帰ってきたのが今年の4月だったので、実質就活を始められたのは4月に入ってからでした。去年は就活解禁時期が遅かったけど、帰国したら今年は前倒しで始まってたのでちょっと焦りました(笑)。

Q.もともとITエンジニアを目指されていたのですか?

A.学校では情報系を専攻していて、就職もIT系に進みたいと思っていました。最初は大学の推薦をもらって就職するつもりだったんですけど、推薦がある企業って「プログラミング経験がなくてもOK!」という受託開発企業や、総合職を募集している企業ばかりで……。
もっと自分のプログラミングスキルや研究してきたことを活かして、ずっと技術に関わっていられる仕事がしたいと思うようになりました。
そんな中で、paiza新卒のことはたしか5月の下旬頃にSNSで知りました。

Q.paiza新卒を使ってどんなふうに就活を進めていったのですか?

A.paiza新卒は、スキルランクを獲得しないと求人に応募できないということで、選考でもスキル重視で見てもらえるかなと思って使い始めました。
paiza新卒は日程調整などで企業との間に立ってくれるのも助かりましたし、直接相談に乗ってくれる感じがしてよかったです。内定までもすごくスピーディーだったので、5月に登録して6月の始めには就活を終えることができました。

Q.どのような条件で応募企業を選んでいたのですか?

A.今まで主にJavaPythonを使ってきたのと、あとデータ分析に関する仕事がしたかったので、そういった技術分野や業務内容で応募企業を選んでいました。

内定先もその辺の条件が合っていたので軽い気持ちで「気になるボタン」を押したところ、企業側からスカウトメールが届いて、それがきっかけで応募をしました

Q.今の内定先に決めたのはどうしてですか?

A.条件面が合っていたのはもちろんですが、自分がこれまで研究してきたことや海外経験なども活かせそうな企業だと感じたからです。

面接で代表の方が、自分の技術面や大学の成績などをすごく評価してくれたことも大きかったですね。

Q.就活を終えられた今は、何をして過ごされているのですか?

A.修士論文を書いているのと、あとは8月から内定先のインターンシップに参加する予定です。

■学生向け「ITエンジニア就活特化」プログラミング学習コース好評公開中

paiza新卒の学習コンテンツ「paizaラーニング就活パック」が、先日公開となりました。

paizaラーニング就活パック」は、企業からの「こんな開発スキル・知識を身につけている学生がほしい」という要望と、ITエンジニア志望の学生からの「就活を上手に進めるためにはどうしたらいいのか」という悩みに応えるための特別コースです。

単純なプログラミングスキルだけでなく、業界・キャリアに関する知識やWeb周辺の知識の習得、選考用ポートフォリオとなるサービス作成までを行える就職特化型の講座内容になっております。

paiza.jp

youtu.be

paiza新卒について

f:id:paiza:20150730172136p:plain

paiza新卒は、paizaがITエンジニアを目指す学生の皆さんに向けてオープンいたしました、規定のプログラミングスキルがあれば大手企業からベンチャー企業までエントリーシート選考なしで応募ができる就職活動支援サービスです。

プログラミング問題を解いてスキルランクを獲得した上で企業に応募ができますので、自分のプログラミングスキルのレベルが明らかとなり、プログラミングができる人ほど有利に就活を進めることができます。

Skype面接OKの企業も多数掲載しておりますので、自宅にいながら面接を受けることも可能です。「東京の企業に就職したいけど、地方に住んでいるので交通費が……」「研究で忙しいのに、移動に時間がかかりすぎるのはちょっと……」という人もぜひご利用ください。

paiza.jp



paizaではITエンジニアとしてのスキルレベル測定や、プログラミング問題による動画学習コンテンツ(paiza Learning)を提供しています。テストの結果によりS,A,B,C,D,Eの6段階でランクが分かります。自分のプログラミングスキルを客観的に知りたいという方は是非チャレンジしてみてください。

http://paiza.jp

プログラミング入門講座|paizaラーニング

PHP入門編Ruby入門編Python入門編Java入門編JavaScript入門編C言語入門編C#入門編アルゴリズム入門編