paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」(https://paiza.jp ギノ株式会社)の開発者が開発の事、プログラミングネタ、ITエンジニアの転職などについて書いています。

実績なし、専攻が非情報系…でも内定獲得できたのはなぜ?/転職者・新卒内定者インタビュー


paiza転職/paiza新卒では、企業の採用担当者の方や、実際に就職・転職をされた方のインタビュー記事を公開しております。

企業選びのポイントや、内定取得者がしていた対策など、転職希望者・就活生が知りたい情報を赤裸々に語っていただいておりますので、一部をご紹介いたします!

paizaで転職された方の声

株式会社ゼロスタート:自分で製品・サービスを生み出したい 転職で見つけた最高の環境


EC向けの検索/レコメンドエンジンなどの開発を手掛ける株式会社ゼロスタートに転職されたエンジニアの岸谷さん・貝出さんにお話をお聞きしました。

――それぞれ転職を考えられて、最終的にpaizaを使いゼロスタートに入社されました。最初にpaizaを知ったきっかけはなんでしたか?
岸谷さん: IT系求人の転職サイトをいろいろ探していて、そのうちにpaizaも見つけました。すぐにスキルチェックを受けてランクを取り、数社に応募しましたよ。気になった会社は実際に見てみたいと思っていたので、書類選考なしで応募できるpaizaは自分に合っていました。

貝出さん: 私の場合は転職を考える前からpaizaを使っていました。勉強をしているうちに見つけたという感じですね。もともと大学の専攻が情報系ではなかったので、自分の実力を調べるためにスキルチェックを使っていたんです。転職することになって初めて、そういえばpaizaって転職サイトだったなあと思って(笑)、転職サービスも使い始めたんです。大学の専攻も違えば、コードを書く職歴もなかったので実績はゼロ。普通の転職サイトを使っていたらなかなか成功しなかったでしょうね。純粋にスキルを見てもらえるpaizaを使ったからこそ転職がうまくいったと思っています。


――企業選びの軸として重視したのは、どんなポイントなのでしょう?
岸谷さん: 前職の経験から、自分でプロダクトを作る仕事がしたいし向いているだろうと考えていたので、それが1つのポイントでした。さらに、若い会社、社長までの距離が近い会社ならなお良いかな、と。新しい技術に触れながら働きたいという思いも強かったので、絞りこんでいくなかで、結果的にWeb系の企業が多くなりました。

貝出さん: 自社サービスを扱う企業ならいいなとは思っていましたが、それ以外の条件面は柔軟に考えて求人票を見ていました。カジュアル面談を使ってどんどん企業の方と会い、自分に合う環境がないかを探し続けていました。


――そしてゼロスタートへ入社されました。自社サービスを手がける多くの企業の中から、この会社を選んだ決め手は何だったのでしょうか。
岸谷さん: 面接で会社の説明をしていただく時に、自社プロダクトの良さをアピールしてくる企業が多い中でこの会社はそういうのがほとんどなく……


続きはこちら!
株式会社ゼロスタート:自分で製品・サービスを生み出したい 転職で見つけた最高の環境

プレスリリースにも掲載されております。
www.news2u.net

paiza新卒で内定された方の声

paiza新卒ならスキルを見てもらえた 非情報系からWebエンジニアに内定

大学院での専攻は化学系で、プログラミングの多くは独学で学んだにもかかわらず、就活を始めて3カ月足らずで人材サービスを手がけるWeb系企業に内定された小野さんにお話をお聞きしました。


――実際に就職活動でpaiza新卒を使ってみて、使い勝手などはいかがでしたか?
スキルランクをAまで上げたところ、とても多くの企業からスカウトメールをいただきました。企業からスキルを見てもらえるシステムはよかったですね。自分は専攻が化学で、情報系出身ではなかったので、書類で選考されると分が悪かったと思います。


――最終的に人材サービスを手がける企業から内定を獲得されましたが、企業選びの軸はなんでしたか?
Webの自社サービスをやっている企業であれば、あまり幅を狭めずに応募していました。特にこだわったのは、新しい技術に理解があるか、スキルが高いエンジニアが多くいるか、そして職場の雰囲気がよさそうかですね。将来はエンジニアとしてスペシャリストを目指したいと考えているので、それを実現しやすそうな環境で働きたいと考えていました。就活ではこの条件を満たしていると思える企業に何社か出会うことができ、その中の1社とご縁があって入社を決めました。


――就職活動をするにあたって、対策をしたことがあれば教えてください。
paizaなどを使って競技プログラミングのような問題に慣れておくことはしていました。

あとは就活のためにやっていたわけではないのですが……


続きは こちら!
paiza新卒ならスキルを見てもらえた 非情報系からWebエンジニアに内定

技術やエンジニアに理解のある企業に出会えた paiza新卒を使って一足早く内定

3年の夏からインターンシップに参加し、大手Webサービス開発企業の内定を取得された荻原さんにお話をお聞きしました。


――実際に荻原さんが就職活動をやっていたのはどれくらいの期間ですか?
始めたのが昨年の12月ごろで、内定をいただいて就活を終えたのが今年の3月中旬です。周りはほとんどが大学院に進学する予定なので比較はできないですが、一般的な就活生と比べると開始も終了も早かったと思います。


――周りが就職しない中で、荻原さん自身は進学しようか悩まれたりはしなかったのでしょうか。
私も昨年の夏まではどちらかというと進学するほうへ気持ちは傾いていました。就職しようと思ったのは、インターン(シップ)に参加して得られた経験が大きかったです。実際に現場で働いていらっしゃる方とさまざまなことをお話しさせていただいて、「就職して現場で経験を積むほうが自分にとっていいのではないか」と思うようになったんです。


――インターンではどういうことをやりましたか?
システム開発を行っている企業で2週間ほどインターンをしました。内容は講義と演習がメインのもので、現場を体験するものではなかったんですけど。ただ、社員の方と話す機会は多くあり、いろいろなお話をさせていただき、それで得たものが大きかったです。


――具体的にはどういうお話をされたんでしょうか。
本当にさまざまなことを話しましたが……


続きは こちら!
技術やエンジニアに理解のある企業に出会えた paiza新卒を使って一足早く内定




paizaは、技術を追い続けることが仕事につながり、スキルのある人がきちんと評価される場を作ることで、日本のITエンジニアの地位向上を目指したいと考えています。

paiza転職」は、自分のプログラミング力が他社で通用するか(こっそり)腕試しができる、IT/Webエンジニアのための転職サービスです。プログラミングスキルチェック(コーディングのテスト)を受けて、スコアが一定基準を超えれば、書類選考なしで複数の会社へ応募ができます。
paiza.jp

また「paiza新卒」は、ITエンジニアを目指す人たちのための、IT/Webエンジニア求人に100%特化した就職サービスです。同様に、プログラミングスキルチェックのスコアが一定基準を超えれば、ES選考なしで企業へ応募ができます。
paiza.jp

まずはスキルチェックだけ、という使い方もできます。すぐには転職を考えていない方でも、自分のプログラミングスキルを客観的に知ることができますので、興味がある方はぜひ一度ご覧ください。
paiza.jp

ITプログラマ・エンジニア向け転職・就活・学習サービスのpaiza


プログラミング入門講座|paizaラーニング

PHP入門編Ruby入門編Python入門編Java入門編JavaScript入門編C言語入門編C#入門編アルゴリズム入門編