paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」(https://paiza.jp ギノ株式会社)の開発者が開発の事、プログラミングネタ、ITエンジニアの転職などについて書いています。

人事にインタビュー!新卒採用で重視しているポイントってどこですか?


paiza新卒では、求人掲載企業の採用担当者の方や、実際にpaiza新卒を使って内定を獲得された方のインタビュー記事を公開しております。

企業選びのポイントや、内定取得者がしていた対策など、就活生が知りたい情報を語っていただいておりますので、一部をご紹介いたします!

paiza掲載企業 人事担当者インタビュー

株式会社ナビタイムジャパン:社員の75%がエンジニア 彼らの技術力が会社の原動力です


今回は、徒歩・電車・バス・車などの複数移動手段を組み合わせて最適な経路を提供する『NAVITIME』をはじめ、各種地図・乗換検索・ナビゲーションサービスなどの、開発・運営をおこなっている株式会社ナビタイムジャパンで、経営推進部の小嶋さんにお話をお伺いしました。


――御社でのエンジニア採用のフローはどういった流れなのでしょう?

基本的には人事面接・部長面接・役員面接の順に進めていきます。その途中ではWebでの適性テストも行っています。エンジニア経験のある部長や役員が面接をしますので、どういう経験や研究をしてきたかといった話を伺いながら、技術的なポテンシャルを見ています。


――入社後の研修と、将来的なステップアップについても聞かせてください。

まずは3カ月間の技術研修を受けてもらいます。先輩社員が講師となり、すべて内製した教材・資料を使ってJava、サーバーサイド、アプリ、HTMLなどのWeb系の知識、AWSといったクラウドサービスの使い方など、業務に必要なことを一通り学ぶものです。この研修で弊社のエンジニアとして必要なフルスタック技術の基本を身につけてもらいます。

盛りだくさんで、成長できる研修だと自負しています。その後は1年半で一人前になることを目指して、OJTなどを通して業務を習得してもらいます。

配属後のキャリアプランについては会社側で特に決めていません。本人がどう成長したいかを尊重し、それぞれに決めてもらいます。弊社では、アプリやWeb系のフロント側の技術、経路探索エンジンのアルゴリズムクローラーなどを使ったデータ開発、ビックデータのデータ解析、オンプレやクラウドなどのサーバーインフラ技術など、さまざまな技術を使っているので、異動により新しい技術を身につけることができます。

また……

続きはこちら!
株式会社ナビタイムジャパン:社員の75%がエンジニア 彼らの技術力が会社の原動力です

株式会社ミクシィ:ミクシィグループはチャンスにあふれた会社 エンジニアとしてトップを目指してほしい

ソーシャルゲームモンスターストライク」やSNSmixi」でおなじみの株式会社ミクシィで、人事部の北原さんにお話をお伺いしました。


――paizaからの応募者に、スキル以外で何か特徴や傾向はありましたか?

プログラミングスキルの高さ、そしてものづくりへの情熱がある方が多い印象です。自分で作ったものを選考時に実際に見せていただけると、高く評価できますね。一方で、採用面接に不慣れな方も多いと感じていて、せっかく高いプログラミングスキルを持っているのに、面接における自己アピールがうまくないと感じる方が多くいらっしゃいました。そうした応募者については、2次面接に進む前にあえて1.5次面接を設けさせてもらい、一緒に自己PRの練習をすることもあります。

――さきほどからお話を伺っていると、応募者にかなり手厚い対応をされているんですね。

2次面接以降で全力を出し切れるようにすることは人事の役割として必須だと考えています。また、面接プロセスを通じて応募者にとって意義のある時間を過ごしてもらうことも重要だと思っています。


――次に、プログラミングスキル以外で採用の際に重視されているポイントをお聞かせください。

採用では大きく3つの項目を見ていて、1つはさきほどからお話ししている通りプログラミングスキル。あとは……

続きはこちら!
株式会社ミクシィ:ミクシィグループはチャンスにあふれた会社 エンジニアとしてトップを目指してほしい

paiza新卒で内定された方の声

大学をやめて専門学校へ 「好き」を貫いて切り開いたエンジニアへの道

広告事業を展開するWeb開発企業に内定された小河原さんにお話をお伺いしました。


――まずは内定獲得おめでとうございます。就職活動はどれくらいやっていたのですか?

昨年の12月ごろから、通っている専門学校で企業説明会がたびたび開かれていたので厳密にはそこから就職活動が始まっていたともいえますが、本格的に始めたのは今年の4月からですね。そして最終的に内定を承諾したのが6月末なので、期間でいえば3カ月ほどです。


――3カ月で3社からの内定とはすごいですね! 就職活動ではどのように応募する企業を絞っていきましたか?

特に業界で絞ることはしませんでした。何より、重視したのは求められる技術のレベルが高く、最先端のことをしているかどうかですね。あと、将来エンジニアとしてスペシャリストになりたいと考えているので、技術に特化したポジションのキャリアパスがあるかどうかもポイントでした。あとは、C言語が好きなので、業務でC言語を使えるところは積極的に応募していました。


――最終的に広告事業を手がける企業に入社を決められました。決め手はなんだったのでしょう?

内定3社のうち、入社を決めた会社とあるゲーム会社とでとても悩みました。最終的に決め手になったのは、使われている技術のレベルや新しいことをやっているかどうかでした。広告業界だからということよりは……

続きはこちら!
大学をやめて専門学校へ 「好き」を貫いて切り開いたエンジニアへの道

■採用担当者と話せる!paizaもぐもぐ勉強会開催


paiza新卒では、10月14日にプログラミング勉強会&新卒エンジニア募集企業説明会を兼ねた「paizaもぐもぐ勉強会」を開催いたします。

2019年卒業予定・paiza新卒のスキルチェックでBランク以上を取得されている方ならどなたでもご参加いただけます!ITエンジニアとしての就職を目指している方、ぜひご参加ください。

詳しくはこちら!




paiza新卒」は、ITエンジニアを目指す人たちのための、IT/Webエンジニア求人に100%特化した就職サービスです。プログラミングスキルチェック(コーディングのテスト)を受けて、スコアが一定基準を超えれば、ES選考なしで複数の企業へ応募ができます。

詳しくはこちら

まずはスキルチェックだけ、という使い方もできます。自分のプログラミングスキルを客観的に知ることができますので、興味がある方はぜひ一度ご覧ください。

詳しくはこちら

また、paiza新卒をご利用いただいている企業や、paiza新卒を使って就職に成功した方へのインタビューもございます。こちらもぜひチェックしてみてください。

paiza新卒:企業インタビュー&就活成功者の声

ITプログラマ・エンジニア向け転職・就活・学習サービスのpaiza