paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」(https://paiza.jp ギノ株式会社)の開発者が開発の事、プログラミングネタ、ITエンジニアの転職などについて書いています。

実務未経験、前職は非IT系…それでもエンジニアになれた方法とは?/転職者・採用担当者インタビュー


paizaでは、転職を経験されたエンジニアの方、未経験からエンジニアになった方、またその企業の採用担当者の方のインタビュー記事を公開しております。

未経験からどうやってエンジニアになったのか、企業選びのポイントや転職で得られたこと、また採用時に見られるポイントや実際のエンジニアチームの働き方などについて、詳しく語っていただきましたのでぜひごらんください。


未経験から転職された方の声

わずか1カ月のスピード就活 弁当店アルバイトからエンジニアに


建築系の法人システムやゲーム、アプリなど、幅広く開発をおこなっている株式会社マリエッタに入社された山本さんと、代表取締役CEOの神谷さんにお話をお伺いしました。


――エンジニア未経験だったそうですが、そもそもプログラミングの経験はあったのですか?
高校の頃から独学でやり始めて、その流れから大学も情報学科に進みました。ただ、生活のために弁当店のアルバイトに明け暮れた結果、7年間在籍して中退することになってしまいまして。もうこのまま弁当店の社員になるしかないのかなと考える時期もありました。

一方で、ずっとプログラミングは好きだったので、日ごろからpaiza.IO(オンライン実行環境)やスキルチェックを使っていましたし、エンジニアになりたいという思いも持ち続けていました。その後、就職で悩んでいたときに、ふとpaizaが転職サイトだったことを思い出したんです。それ以降は、なんとかpaizaを使ってエンジニアとして就職できないかと考えるようになりました。

――就職活動では、何社くらい応募されましたか?
まずはIT企業に勤めることが大事だと思っていたので、業界などで選り好みはせず、東京と地元の福岡というエリアだけ決めて、プラチナスカウトが来た順に4社に応募しました。paizaでAランクをとったあと、今の会社への入社が決まるまで、トータルで1カ月くらいでした。

――かなりのスピード感ですね。周りも驚いたんじゃないですか?
大学を中退していますし、実務も未経験でしたから、先生や親からは「エンジニアとして就職するなんて、そんなに甘いものではない」と言われ……


続きはこちら!
わずか1カ月のスピード就活 弁当店アルバイトからエンジニアに

プログラミング未経験からの挑戦 商社マンからエンジニアに転職


法人向けのシステム開発や運用をおこなっている株式会社コスモルートに入社された宮下さんと、常務取締役の島本さんにお話をお伺いしました。


――エンジニアへのキャリアチェンジおめでとうございます。今回の転職のきっかけを教えてもらえますか?
大学では電子回路系の勉強をしていました。最初の仕事では、さまざまな選択肢の中から商社に就職したのですが、エンジニアも考えていて、悩んだ経緯がありました。

その仕事自体は楽しかったのですが、その一方で、理系で勉強してきたことが生きる部分があまりなくて、次第に「やっぱり自分にはエンジニアのほうがもっと向いているんじゃないかな」という思いが強くなってきていました。そのころにpaizaを見つけて、改めてエンジニアを目指そうと心に火がついたんです。これならたとえ未経験でもスキルをつければエンジニアになれるんじゃないかと思って。一念発起してプログラミングを勉強しました。

――プログラミングの勉強ではどの言語をやっていましたか?
Javaをやっていました。これは単純に、Javaの求人が一番多かったので、Javaができることがエンジニアになるための近道なのかなと思ってやっていました。結果的に採用してもらえたのでやっておいてよかったと思っています。勉強はpaizaと本だけで独学でやっていたのですが……


続きはこちら!
プログラミング未経験からの挑戦 商社マンからエンジニアに転職


その他のインタビュー記事はこちら!
開発業務未経験からエンジニア職への転職を成功させた方へのインタビュー一覧

paizaで転職された方の声

未経験者だけでなく業務経験者の転職について伺ったインタビューもございます。

マネジメントだけでは生き残れないと思った…開発もできる環境を求めて転職


機械学習によるリアルタイム大規模データ分析プラットフォームを提供しているブレインズテクノロジー株式会社に入社された中澤さんと、執行役員の河田さんにお話を伺いました。


――まず、今の会社に入社するまでの経歴を簡単に教えてください。
大学を出て金融系のSIerに入りました。そこでの経験がキャリアの大部分を占めています。その後、友人とベンチャー企業をたちあげ、さらに前職は大学で勤務していました。

――今回、転職しようと思った理由は何でしたか?
実は、前職の大学での業務が有期だったので、終わりが見えている状況でした。ですから、次は何をしようかという、漠然とした思いはずっと持っていて、転職も自然に考えていましたね。

――SIer、起業、教育機関と、幅広い経験を積まれて今回の転職に臨まれたわけですが、企業選びのポイントはどのようなものだったのでしょう。
それまでの経験がBtoBばかりだったこともあって、BtoBをやっているかを重視して応募していました。あとは、できれば自社サービスをやっている企業に行きたいなとは思っていましたね。

さらに、面接では3つのポイントを見ていました。1つめは……


続きはこちら!
マネジメントだけでは生き残れないと思った…開発もできる環境を求めて転職


その他のインタビュー記事はこちら!
エンジニア中途経験者へのインタビュー一覧




paiza転職は、転職時のミスマッチをなくし、エンジニアがより技術面にフォーカスしたやりがいある仕事を探せる転職サービスです。プログラミングスキルチェック(コーディングのテスト)を受けて、スコアが一定基準を超えれば、書類選考なしで複数の会社へ応募ができます。

詳しくはこちら

まずはスキルチェックだけ、という使い方もできます。すぐには転職を考えていない方でも、自分のプログラミングスキルを客観的に知ることができますので、興味がある方はぜひ一度ご覧ください。

詳しくはこちら

ITプログラマ・エンジニア向け転職・就活・学習サービスのpaiza