paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」(https://paiza.jp ギノ株式会社)の開発者が開発の事、プログラミングネタ、ITエンジニアの転職などについて書いています。

誰でもWeb上でリアルに動くHTML5アニメーションを製作できる「Animatron Studio」を使ってみた!

f:id:paiza:20180131135247j:plain
どうも、まさとらん(@0310lan)です!

今回は、ブラウザ上から誰でも簡単にHTML5で作られたアニメーションを製作できるWebサービスをご紹介します!

Webサイトやサービスに組み込んで動きのあるコンテンツを作成したり、企業ロゴやバナー広告、商品紹介、インフォグラフィック…など、とても幅広い分野に応用することが可能です。

ブラウザさえあれば今すぐアニメーションを作れるので、ぜひみなさんもオリジナル作品を作ってみてください!

■「Animatron Studio」とは?

「Animatron Studio」は、とにかく誰でも簡単にアニメーション製作ができることを前提に設計されています。

豊富なイラストやテンプレートを自在に組み合わせることで、わずかなマウス操作だけで楽しいアニメーションを次々と作っていくことが可能です。


例えば、以下のようなアニメーションなら2〜3分あれば完成します!

これは「動く背景」と「走るキャラクター」を組み合わせることでアニメーションを作っています。


また、「文字」をアニメーションさせれば以下のようなタイピング風景も作れます。


上級者になれば、次のように複雑な動きをするロボットも作れますよ!

「Animatron Studio」には2つのモードが用意されており、初心者向けの「Lite Mode(簡易モード)」と上級者向けの「Expert Mode(エキスパートモード)」があります。

これらのモードを切り替えることで、幅広いユーザー層が手軽に利用できるアニメーション製作エディタになっているわけです。(詳細はのちほどご紹介します…)

■「Animatron Studio」の使い方

それでは、実際に「Animatron Studio」を使いながらどのようなサービスなのかを詳しく見ていきましょう!

まず最初に、トップページ上部にある「SIGN UP」ボタンをクリックして無料のユーザー登録をしておきます。
f:id:paiza:20180131135422j:plain


次に、メールアドレスを入力しましょう!
f:id:paiza:20180131135437j:plain
すると、登録したメールアドレス宛に「ユーザー登録用のリンク」が送られてくるのでクリックします。


登録フォームが表示されるので、「ユーザー名」「パスワード」などを入力すれば完了です!
f:id:paiza:20180131135459j:plain


メイン画面に戻るので、画面上部にある「赤いボタン」をクリック!
f:id:paiza:20180131135510j:plain


すると「アニメーション製作エディタ」が表示されます!
f:id:paiza:20180131135522j:plain
あとは、この画面上で自由自在に好きなアニメーションを製作することができるわけです。

■「Lite Mode」の使い方

ここからは、初心者向けの「Lite Mode」を使ったアニメーション製作を見ていきましょう!

ちなみに、モードの切り替えはエディタ画面の上部にあるタブでいつでも切り替えられます。
f:id:paiza:20180131135539j:plain


「Lite Mode」によるアニメーション作りの流れですが、基本的には用意されている素材から好きなものを選んで組み立てていきます。

例えば、サンプル例として冒頭でご紹介した「走るキャラクター」を作ってみましょう!


画面左側にシーン別のテンプレートが豊富に用意されているので、好きなものをクリックします。
f:id:paiza:20180131135553j:plain
すると、「背景素材」「キャラクター素材」「アイテム素材」などが一覧で表示されます。


そこで、まずは「背景素材」をキャンバスにドラッグ&ドロップしてみましょう。
f:id:paiza:20180131135604j:plain


次に、走る動作が設定されているキャラクターを同じように配置します。
f:id:paiza:20180131135614j:plain


あとは、再生ボタンをクリックすればアニメーションのできあがりです!

ちなみに「エンターキー」で再生開始、「Shift + エンターキー」で先頭から再生開始されます。


また、他のシーン別テンプレートの素材も同時に利用できるので、組み合わせは無限です!
f:id:paiza:20180131135628j:plain
キャラクターの動きもたくさん用意されているので、これだけでも自分がイメージしているアニメーションに近いものをすぐに作れるはずです。


さらに面白いのは、「アニメーション効果」を追加することができる点です!

画面下にある「タイムライン」の先頭部分をクリックしてみましょう。
f:id:paiza:20180131135648j:plain


さまざまな「アニメーション効果」のリストが表示されるので、ためしに「ズームイン」の項目を選択してみましょう!
f:id:paiza:20180131135658j:plain


すると、以下のようにキャラクターがズームインされたところからスタートします。


また、「DRAW」の効果を選ぶとキャラクターを描いてからスタートさせることも可能!

他にも、文字のタイピングに最適な効果や、移動モーションを追加するなど多彩な演出が可能になるのでオススメです。

もちろん、自分が持っている画像や動画ファイルをアップロードして利用することもできるし、自分の音声を録音して再生することも可能ですよ!

■「Expert Mode」の使い方

ここからは、より高度なアニメーション作りが可能な「Expert Mode」について見ていきましょう!

「Lite Mode」のように豊富な素材を選択してアニメーションを組み立てることも可能ですが、完全にゼロから自由に製作できるのが大きな特徴です。


例えば、「ペンツール」を使ってIllustratorのようにベジェ曲線でキャラクターを描いていくことが可能です!
f:id:paiza:20180131135746j:plain
これにより、自分だけのオリジナルキャラを作ってアニメーション製作ができるわけです。


また、Tween機能を使うと「最初」と「最後」の位置だけを決めれば、途中のモーションを自動補完してアニメーションを作ることも可能です。
f:id:paiza:20180131135757j:plain


再生すると、以下のように移動してくれます!


また、直線の移動だけでなく「軌道線」を自由に調整できるので、思い通りの動きを簡単に実現可能です。
f:id:paiza:20180131135812j:plain


キャンバスに配置したオブジェクトは、インタラクティブな要素としてさまざまなイベント処理を埋め込むこともできます。
f:id:paiza:20180131135821j:plain
例えば、パソコンのイラストを描いて表示させておき、それをクリックすると別のサイトへ飛ぶような設定ができます。
(クリックしてアニメーションを再生するような動きもOK)


さらにスゴイのは、「ボーン構造」を自分で描くことでキャラクターを自在に動かすことができる点です!
f:id:paiza:20180131135834j:plain
「ボーン構造」は、イラストのキャラクターに骨格のようなものを埋め込むことで、人間らしいリアルな動きを実現してくれる機能になります。

これにより、自分が思い描いた通りにキャラクターを動かすことができるので、アニメーション製作の幅がとても広がります。(Tween機能を組み合わせれば簡単にリアルな動きになりますよ…)


「ボーン構造」の作り方に関しては、以下の動画で詳しく解説しているのでご興味ある方はぜひ参考にしてみてください。

■アニメーションを公開しよう!

アニメーションがある程度完成したら、今度は「公開」をしてみましょう!

画面上部にある「SHARE」ボタンをクリックします。
f:id:paiza:20180131135858j:plain


すると、「埋め込みタグの生成」「リンクURLの生成」「GIF / Videoでシェア」などの選択肢を選ぶことができます。
f:id:paiza:20180131135908j:plain
埋め込みタグを作れば、自分のWebサイトやブログなどで簡単に公開することが可能です。

また、Twitter / Facebook / YouTubeなどと連携すれば、もっと簡単にアニメーションを公開することができますよ。

■学習用のリソースについて

「Animatron Studio」はアニメーション製作ができるだけでなく、初心者向けに丁寧なチュートリアル動画を公開しているのも魅力の1つです。

例えば、以下の「チュートリアルコース」は15秒の短い動画で、「Animatron Studio」のさまざまな機能を解説しています。
f:id:paiza:20180131135944j:plain
動画を見るだけで、どんな機能があってどのように操作すれば良いのか簡単に理解できてオススメです。

また、サンプル例としてアニメーション製作の流れを解説するチュートリアルも用意されているので非常に参考になります。
(基礎から応用まで学習できる専門コースも提供されています…)


メインページには、他のユーザーが作成したアニメーションも閲覧できるようになっています。
f:id:paiza:20180131140025j:plain
一般公開されているアニメーションは、複製して自分なりにカスタマイズすることも可能です。

この機能を活用すれば、他のユーザーがどのようにアニメーション製作をしているのか分かるので勉強になります。


もし、分からないことがあっても「専用フォーラム」が用意されているので便利です!
f:id:paiza:20180131140047j:plain
内容を見てみると、ユーザー同士が教えあって問題を解決しているのがよく分かると思います。

このようなサポートツールが豊富に用意されているので、ぜひ有効活用していきたいですね!

今回ご紹介した内容はすべて無料プランで利用できるので、ぜひみなさんもオリジナル作品を作って公開してみてはいかがでしょうか。

HTML/CSS入門も公開中!動画でプログラミングが学べるpaizaラーニング


paizaでは、プログラミング未経験者・初心者向け学習サービス「paizaラーニングを公開しています。

HTML/CSS入門編はもちろん、PythonJavaC言語PHPRubySQLなど、プログラミング初心者でも動画で学べる入門レッスンが多数ございます。プログラミング初心者の方はぜひごらんください!

また今まで一部有料だった「C#入門編」を、今週から【全編無料】で公開しております。

■まとめ

今回は、「Animatron Studio」について駆け足でご紹介しました!

非常に高機能でまだまだ紹介できていない機能もたくさんありますが、まず最初は「Lite Mode」を使って何か1つアニメーションを作ってみることをオススメします。

そこから、「Expert Mode」に切り替えてオリジナルの要素を組み合わせていけば、自然と操作にも慣れてユニークな作品が作れるようになるはずです!

アニメーション製作にご興味ある方は、この機会にぜひ挑戦してみてください!


<参考>





paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

そして、paizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。

スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

paizaのスキルチェック

企業に聞いた!「エンジニアを面接で落とした理由」ランキング


f:id:paiza:20140916135428p:plainこんにちは。谷口です。

ITエンジニアの中には、面接でも「技術さえあれば特に喋らなくていいだろう」「技術だけを見てほしい」といった感じで、あまり多くを語りたがらない人もいます。

しかし、現実には応募者から説明してもらわない限り、「どんなスキルを持った人なのか」「これからどんな仕事がしたいのか」といったことはわかりません。

また、技術的には同じレベルの応募者が複数人来たとしたら、面接で「話がよくわからなかった」「人間性に不安が残る」という人よりは、「話がわかりやすくて、人間性も問題なさそう」な人が採用されるのは当然です。

ただ、個人で応募していると落選してもお祈りメール一通で終わるケースがほとんどで、面接における受け答えの改善点がわからなくて困ることもありますよね。

paizaでは、採用選考で応募者を落とした企業には「落選理由」ヒアリングしていますので、今回は技術面以外でエンジニアに多い落選理由と改善策を、ランキング形式でご紹介します。落選が続いている人は、恐らくどれかのタイプに当てはまると思いますので、読んでみてください。

■企業に聞いた、エンジニアを技術以外で落とした理由ランキング

◆1位:自己表現(プレゼンテーション)力

話すのが苦手で、面接に苦手意識を持っている人は多いですよね。ただ、面接で必要なのは「社交的に明るくうまく話せる力」ではありません。面接は自分のよさをプレゼンする場ですから、重要なのは「要点をまとめて伝える力」です。

◇よくある悪い例
  • 職務経歴を聞かれて、一から十まで細かく説明しようとする人

例:「私は新卒で〇○株式会社に入社しました。まずは〇言語についての研修を3ヶ月ほど受けました。最初は、金融関係のシステムを開発するプロジェクトに配属されました。そのプロジェクトでは、使用言語は××と▲▲でした。それからそれから……(経験したプロジェクトや入社した企業ごとに詳細な説明が延々と続く)」

◇改善策
  • 経歴は、概要から先に話しましょう

律儀に全ての経歴を細かく説明する必要はありません。全てを並列でだらだら説明されても、話が長くなってしまいますし、応募者の売りもよくわからなくなってしまいます。面接官に「結局のところ、どんな経験を経てどんな強みを身につけてきたの?」「話の要点をまとめられない人なのかな」と思われても仕方ありません。

まずは概要だけを話したほうがよいでしょう。面接官が気になった部分は、後からさらに質問をして深堀りしてくれるので、詳細はそこで話せばいいのです。例えば、「私は大学を卒業後、2社での勤務を経験しています。大きく分けて、1社目では3つのプロジェクト、2社目では2つのプロジェクトを経験しました。1社目で経験した〜というプロジェクトは...」などというように、概要から始めて、だんだん細部へフォーカスしていくような話し方がいいでしょう。


自己表現(プレゼンテーション)力で落ちてしまう人向けの詳しい面接対策アドバイスはこちら

◆2位:志望意欲・やる気

やる気や意欲が伝わらずに落選してしまうのは、条件面の不満だけで転職に踏み切った人、未経験者からエンジニアを目指している人に多いケースです。また面接では、いわゆる志望動機だけでなく、転職理由や面接中の態度なども意欲や志望度の高さの判断材料になります。(むしろ最近は「志望動機」を直接聞かず、「転職理由」や「これからやりたいこと」などを判断材料にする企業も増えています)

◇よくある悪い例
  • 転職理由が年収や福利厚生などの「条件面をよくしたい」だけで止まっている人

例:「転職理由は年収に不満があったからです。今は年収を上げられる求人に応募しています。ほかの条件は特に気にしていません」

◇改善策

よりよい条件を求めての転職が悪いわけではありません。ただ、転職理由が「待遇をよくしたい」だけで止まっている人は要注意です。待遇さえよくなれば、どんな仕事でも構わないというわけではありませんよね。企業にも、条件面の話ばかりで「技術的にこれからどんな仕事がしたいのか」が明らかになっていないと、「待遇しか見ていないようだけど、この会社でどんな仕事をすることになるかわかっているのかな?」「特にやりたいこともないのに、仕事で結果を出したり、意欲的に成長したりするのは難しいだろうな」と思われてしまいます。


志望意欲・やる気で落ちてしまう人向けの詳しい面接対策アドバイスはこちら

◆3位:技術的な取り組み・技術探究心

技術屋としてやっていきたいのであれば、当然ですが技術への興味や探求心があること、また技術的な取り組みや情報収集をしていることは不可欠です。それを分かってもらうには、普段からの行動をアピールするのが一番です。

◇よくある悪い例
  • やってないことに対して「やりたいです」「やる気はあります」と言うだけの人

例:「Webサービスの開発はやったことありませんが、○○言語については勉強していますし、やりたいです!(ただし勉強した内容についての具体的な話はなし)」

◇改善策

「こういうことがやりたいです!」と言った後に、「では、それについて何か勉強などしていますか」と聞かれると、具体的に答えられない人が非常に多いです。「やりたい」だけなら誰でも言えますし、本当にやりたい人なら、自分から手を動かして何かやっているはずです。そういった話が出てこない人は、「口だけで本当はやる気がないんだな」と思われても仕方ありません。普段の取り組みを整理して、「自分で〇〇フレームワークを使ってWebアプリを作ってみながら、業務での利用シーンを考えています」など、具体的に何をしてきて、何ができるのかを言えるようにしておきましょう。


技術志向・技術探究心で落ちてしまう人向けの詳しい面接対策アドバイスはこちら

◆4位:忍耐力

基本的に、企業は「それなりに長く働いてくれる人」を採用したいと考えています。また、仕事は楽しいことやスムーズに進むことばかりではありませんよね。ちょっと嫌なことや壁にぶつかっただけで諦めて投げ出したり、「辞めます」と言い出したりしそうだなと採用側に思われてしまうと、たとえ技術面の評価が高くても、採用をためらってしまいます。

◇よくある悪い例
  • 転職回数が多い人

例:「最初はゲーム開発企業で1年、次は業務システムで半年、次はECサイトで半年、次はまたゲーム開発で…」

◇改善策
  • 過去の転職理由はポジティブな内容にしぼり、素直に反省の意を伝えましょう

転職回数が多いと必ずしも不利になるというわけではありません。たとえ転職回数が多くても、「自分なりに考えがあって、必要な転職だったんだな」と面接官が納得できる理由づけができていればいいのです。ただ、「何も考えていなかった」「どの会社も不満を感じて転職した」といった感じだと、「少し嫌なことがあったらすぐに辞めてしまう人なんだろうな」と思われてしまいます。

何度も転職してきた経験は変えられませんが、過去の転職理由は自分なりにポジティブな内容であることが重要です。「どの会社も環境が悪かった」などと周りのせいにせず、「当時はスキルセットを広げるためにいろいろな領域の知識を身につけようと思っていた」など、前向きな理由を話しましょう。それがない人でも、「正直言って当時の自分は考えが浅く、軽い気持ちで転職回数を重ねてしまったことを反省しています。今はやりたい仕事が明確になったので、長期的に考えたキャリア構築をしていきたいと思っています」などと過去を素直に反省していることや、今はきちんと考えていることを伝えれば、それほど悪い印象にはなりません。


忍耐力で落ちてしまう人向けの詳しい面接対策アドバイスはこちら

◆5位:責任感・当事者意識

サービスを開発して成果を上げるには、責任感や当事者意識が必要不可欠です。エンジニアが責任感も当事者意識もなく、「よくわからないので放置します」「私は悪くないのでトラブルには対処しません」という状態では、システムは停止してしまいます。企業はいろいろな質問を通して「この人は仕事に対して責任感や当事者意識があるか?」を判断しています。

◇よくある悪い例
  • 転職理由が「やりたいことができないから」「周りが悪いから」だけの人

例:「転職理由は、営業が古い技術の案件しかとってこないし、同僚エンジニアもレベルが低すぎるし、とにかく周りの環境が悪かったからです」

◇改善策
  • 転職理由は、他人や環境のせいにするだけでなく、これからやりたいことやそのための取り組みなどもあわせて前向きに話しましょう

不満がきっかけで転職に踏み出すことが悪いわけではありません(そもそも、現状で満足できているなら転職することはほぼないでしょう)。ただ、転職理由がそれだけで終わってしまうと、仕事への不満をすべて周りのせいにしてしまう、他責思考で当事者意識のない人だと思われてしまいます。

この場合は、例えば「今後はWeb開発の仕事をしたいと考えて、自分で学習したり、簡単なWebアプリを作成したりしてスキルを磨いていました。しかし、現職では今後、金融系の受託開発事業のみに絞られていくことが決まっています。このままでは自分が将来のために身につけてきたスキルも無駄になってしまうと感じたため、Web開発に携われる企業への転職を目指しています」などといった感じで、「これからやりたいことがあって自分でもスキルアップに取り組んでいるけど、現職ではどうしてもそれをやるのが叶わないので転職を決めた」という流れの転職理由を考えましょう。


責任感・当事者意識で落ちてしまう人向けの詳しい面接対策アドバイスはこちら

■まとめ

前述の通り、エンジニアの中には面接が苦手な方も多いかと思います。だた、これまで前職で問題なく業務に取り組んできた人であれば、職務経歴や転職理由、自分がこれからやりたいこと、取り組んでいることなどをしっかり話せるようにしておけば、通過率は絶対に上がります。

今回書いた落選理由や改善策は、ほんの一部にすぎません。paizaの面接アドバイスでは、さまざまな落選理由や悪い例、改善のためのアドバイスなどを公開しています。実際にpaizaから応募をされた多くの方から「参考になった」という声をいただいています。面接に苦手意識のある方は、ぜひごらんください。


paizaの面接アドバイスはこちら




paiza転職は、転職時のミスマッチをなくし、エンジニアがより技術面にフォーカスしたやりがいある仕事を探せる転職サービスです。プログラミングスキルチェック(コーディングのテスト)を受けて、スコアが一定基準を超えれば、書類選考なしで複数の会社へ応募ができます。

詳しくはこちら
paiza転職


まずはスキルチェックだけ、という使い方もできます。すぐには転職を考えていない方でも、自分のプログラミングスキルを客観的に知ることができますので、興味がある方はぜひ一度ご覧ください。

詳しくはこちら
paizaのスキルチェック

初心者でもほぼ無料でC#を勉強できるコンテンツ8選

f:id:paiza:20180130130608j:plain
Photo by Quinn Dombrowski
f:id:paiza:20140916135428p:plainこんにちは。谷口です。

プログラミング初心者の中には「C#を勉強したい」という方も多くいらっしゃるかと思います。

C#は、Microsoftが開発した言語で、サーバー用のプログラムやゲーム、アプリ、また企業の業務システム開発などに広く使われています。また、UnityというゲームエンジンC#を使えば個人でも簡単にゲーム開発ができるため、近年はゲームエンジニアを目指す人からの人気が高くなっています。

以前paizaが行ったアンケートで、C#は「好きなプログラミング言語」の4位にランクインしました。結構人気(特に社会人から)ですね。
paiza.hatenablog.com

そこで今回は、プログラミング未経験~初心者の方が、なるべくコストをかけずにC#に触れられて、学習に役立てられるコンテンツを8件ご紹介していきます。


【目次】

■初心者でもC#について学べるコンテンツ

Microsoft Vitual Academy

f:id:paiza:20180130125234j:plain
Microsoft DeveloperNetwork(MSDN)が提供する提供のオンライン学習サービスです。動画やスライドを見ながらC#の書き方やVisualStudioの使い方などを学べるコースが公開されています。

北ソフト工房 C# 練習問題集

f:id:paiza:20170929162049j:plain
C#用のほかに、C言語Java用の問題なども公開されているサイトです。文法や処理ごとに基礎的な問題がたくさん公開されているので、問題を解きながらC#を学びたい方は重宝すると思います。

++C++; // 未確認飛行 C C#演習問題集

f:id:paiza:20170929162750j:plain
C#を使ったいろいろなコーディング問題と解答例のコードを見ることができます。

paizaラーニング「C#入門編」


オンラインでプログラミング学習ができる「paizaラーニング」には、C#はもちろんJavaPythonRubyPHPC言語JavaScript、HTML/CSSSQLなどなど多数の言語から、Webアプリ開発入門、ITエンジニアのキャリア入門などのレッスンもございます。

今まで一部有料だった「C#入門編」が、本日から【全編無料】となりました。ご興味のある方はぜひごらんください。

コードガールこれくしょん


paizaが公開しているコードガールこれくしょん略してガルこれは、ナビゲーターと一緒にプログラミング問題を解き、「コードガール」を集めながらストーリーを進めていく、プログラミング学習ゲームコンテンツです。C#はもちろんPHPJava、Pyhton、Ruby、C、C++JavaScriptに対応しています。

ゲーム内ではクエスト報酬やログインボーナス・ミッションクリア等の各種特典として手に入る「コイン」や「ダイヤ」を使って、ガチャでさまざまな「コードガール」を収集することができます。クエストで有利になる特殊スキルを発動させたり、「これくしょん」に入れてマイページに飾ったりと、コードガールをたくさん集めるほど楽しみ方が広がります。

paizaのスキルチェック問題


paizaでは、C#はもちろんJavaPHPRubyPython、C、C++など多数の主要言語に対応したスキルチェック問題を公開しています。

プログラミング問題を解いた結果によりS・A・B・C・D・Eの6段階で自分のスキルのランクが分かります。問題はレベルごとに分かれており、初心者から上級者の方まで挑戦していただけますので、「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「とにかくたくさん問題が解きたい」という方はぜひチャレンジしてみてください!!

ただ、スキルチェック問題は就職・転職活動におけるスキルレベル測定が目的となっており、プログラミング自体まったく未経験の方が挑戦するには少しハードルが高いかと思いますので、未経験者・初心者の方は、上記paizaラーニングコードガールこれくしょんから始めていただくといいと思います。

◆独習C#

独習C# 新版

独習C# 新版

独習C#は、各章末に練習問題があり、C#の基本をしっかり習得できます。個人的には、まったくのプログラミング初心者だと少しハードルが高いかな?と思いますが、「学習サイトなどで入門レベルのことは理解した」「他の言語を使った経験がある」という方には申し分ない一冊だと思います。

◆UnityではじめるC# 基礎編

UnityではじめるC# 基礎編

UnityではじめるC# 基礎編

「Unityを使ったゲーム開発がしたい」という目的でC#の勉強を始める初心者の人なら、こちらがおすすめです。

■まとめ

C#の文法はC言語に近しい部分が多いので、C言語が苦手な人には少し難しく感じられるかもしれません…が、それでもC++よりは比較的容易に書けると言われています。

「興味がわいてきた!」という方は、学習サイトでも、書籍でも、自分が気になるところから挑戦して、ぜひC#に触れてみてください。

そしてある程度の基礎が身につきましたら、ぜひpaizaでご自分のスキルをはかってみてくださいね。



「paizaラーニング」では、今まで一部有料だった「C#入門編」を、本日から【全編無料】で公開しております。





paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

そして、paizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。

スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

paizaのスキルチェック