paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」(https://paiza.jp ギノ株式会社)の開発者が開発の事、プログラミングネタ、ITエンジニアの転職などについて書いています。

エンジニア向け・転職活動におけるブラック企業の見分け方を徹底解説

f:id:paiza:20180207160222j:plain
Photo by superde1uxe
f:id:paiza:20140916135428p:plainこんにちは。谷口です。

せっかく転職するのであれば、ブラック企業やエンジニアを大切にしてくれないような企業は絶対に避けたいですよね。

実は、ブラック企業の兆候というのは、選考段階や内定後など入社前の段階で見分けることができるんです。この見分け方を知っておけば、エンジニアが転職すべきでない会社に引っかからずに済む確率がぐっと高まります。

というわけで今回は、paizaが多くのIT企業を見てきてわかった「エンジニアが転職してはいけない、ブラック企業の見分け方」をお教えします。

■エンジニアが転職してはいけない企業の共通点

◆求人記載よりも下回った給与額を提示して内定を出してくる

明確な理由の説明がない限りは、言語道断ですね。理由もなしに求人記載額の最低ラインを割った金額で内定オファーをしてくる企業は「エンジニアは欲しいけど、なるべく安く買い叩きたい」などと思っているだけですから、間違いなく入社しない方がよいでしょう。

特に最近は、「求人記載額を下回る額で採用する場合は、その理由を説明しなければならない」ということが法律で決まっています。(この理由の説明も、「求人の必須要件に対して○○言語の開発スキルとWebアプリケーションの開発経験が不足しているので、記載額よりもこれぐらい下回ります」などと、具体的に減額要因となっている不足スキル等を明示する必要があります)

説明もなしに「気付かれずに安く採用できたらラッキー」みたいな企業は、法律違反で罰則対象となります。

そのため、paizaでは求人記載額を下回る額で内定オファーを出そうとする企業には、必ず明確な減額理由を聞いていますし、理由がなければ企業側に「その額での内定オファーはできない」とお伝えします。個人で応募をされている場合は、気をつけてご確認ください。

◆内定承諾期限が翌日など、検討時間を与えてくれない

「4月1日入社募集の求人で、選考が終わったのが3月下旬」「もう一人ほかの候補者がいて、あなたが辞退するのであればその人に内定を出したい」などといった事情で、返信を急かさざるを得ないケースもあるかと思います。ただ、きちんとした企業であれば、そういった事情はしっかり説明した上で期限を提示してくれます。

特に明確な理由もなく、内定承諾を急かしてくる企業は要注意です。というのも、検討する時間をくれない企業は、「うちは他社と比較・検討されると多分承諾してもらえない条件だから、考える時間を与えたくない…」と考えているケースが多いからです。

転職希望者としては内定がもらえたら嬉しいですし、他の企業を受け続けても内定が出る保障はないし、転職活動を継続するのも大変だし……と考えてしまいがちですよね。しかし、「まあいっか」と内定を承諾してしまっては、ブラック企業の思うつぼです。

paizaでは、内定承諾期限の設定が短かすぎる企業には必ず理由を聞きます。また、応募者の都合もありますから、前述のような明確な事情でもない限りは、最低でも一週間程度は待ってもらえるようにお願いをします。

個人で応募をされている場合は、焦って承諾してしまう前によくご検討ください。

paizaや転職エージェント経由で落選した後に、通過の連絡を直接してくる

paizaや転職エージェントなどのサービスを使って選考を受けている場合、一度落選扱いにした後で、サービスを経由せずに直接連絡をしてくるような企業は要注意です。

成果報酬型のサービスを使っている場合に、報酬を払いたくなくてそういった行為に及んでしまうのかと思いますが、これは契約不履行による違法行為となります。後からバレますし、訴えられたら勝てる可能性はほぼありません。

選考の経路が変わるぐらいなら、応募者側には特に不都合もないので、そこまで悪い印象は受けないかもしれません。

ただ、「違法行為に及んでまで、エンジニアの人材採用には金を出したくない」というほど余裕のない企業が「採用した技術者をきちんと評価してくれて、その評価に見合った報酬を支払ってくれて、業務効率化や技術レベル向上に必要な経費も支払ってくれるだろうか?」と考えると……まあ間違いなくそんなはずはないですよね……。

◆スケジュール調整や結果の連絡が遅い・何度も日時を再調整される

これは、面接官を務めるエンジニア部門が激務すぎて、面接をする余裕すらないし、人事部とコンタクトをとる暇もない…という企業に多いのでお気をつけください。

また、採用選考において「自分達が選ぶ立場にある」と勘違いして、雑な対応になっているケースもあります。

応募者側も一社に絞って受けているわけじゃないし、予定が固まらないと困ってしまいますよね。これから入社するかもしれない応募者に対して、きちんとした対応ができない企業は、中の人にはもっとひどい対応をしている可能性が高いです。

「選考時は連絡が遅くて再調整も多くて不安にさせられていたけど、入社してみたらしっかり社員のことを考えてくれる会社だった~!」なんて特例企業は、ほとんどありません。

◆以下のような質問をしてもきちんと答えてくれない

◇労働時間(残業時間)

「エンジニアの皆さんの労働時間は平均どれぐらいですか?」といった質問に対し、「まあ~人それぞれだからねえ~…」などとはっきり教えてくれない企業は、「残業が多すぎるなど、採用に不利な条件のため教えてくれない」もしくは「本当に把握していない。つまりきちんと社員の労働環境を管理していないし、改善する気もない」という可能性が高いです。

離職率

これもきちんと教えてくれない企業は「多すぎるなど、採用に不利な条件のため教えてくれない」というケースが多いです。

◇賞与

例えば、求人票に「賞与あり」と記載があったのに、「昨年はどれぐらいですか?」と聞いて答えてくれない場合、「制度的には一応あるけど、実際は何年も出ていない」などというオチかもしれません

賞与に限らず、求人票に「ある」と書いてあるはずのものについて、聞いてもきちんと教えてくれない企業はあやしいと思った方がよいでしょう。求人票でよく見せて応募を集めるために、盛って書いた可能性が高いです。

◇評価制度

例えば「スタートアップで一人目のエンジニア採用なため、正直評価制度はまだ固まっていないけど、これから一緒に作っていきたいので意見をください」といった事情の説明があればよいかと思いますし、それに納得がいけば入社も問題ないかと思います。

ただ、明確な事情もないのに評価制度が固まっていない・入社前に聞いてもろくに教えてくれない企業は、技術者をきちんと評価する基盤がない→きちんと仕事をしても評価されない→評価が上がらないので給与も上がらない……という可能性が高いです。

◆面接で技術の話がほとんど出てこない

エンジニアの面接なのに、面接で技術の話がほとんど出てこない企業や、出てきても「Java3年やってたんだ~じゃあ大丈夫だね~」という程度で終わってしまう企業は要注意です。

Java開発の経験が3年ある」といっても、具体的にどんな業務を担当してきたのか、どれぐらいのスキルがあるのか、といったことはわかりませんよね。それなのに、技術レベルを年数でしか判断しない企業は、エンジニアを技術ではなく人月で買っている可能性が高いです。また、そういった企業の面接では、普段勉強している内容や最近興味のある技術分野など、プライベートの取り組みに関する話もあまり聞かれません。

こういった企業に入社してしまうと、技術者としてのスキルをさらに伸ばしていくのも、技術をきちんと評価されるのは難しいかと思います。

■まとめ

というわけで、paizaがいろいろな企業を見てきた上でわかった「転職活動におけるブラック企業の見分け方を徹底解説」でした。

エンジニアが正しく評価されない・活躍できないようなブラック企業に入社してしまうと、皆さんの貴重な時間とスキルが無駄になってしまいますよね。paizaとしてもそれは絶対に避けたいですし、スキルのあるエンジニアと、それを正しく評価してくれる企業を結びつけたいと考えています。

採用選考を受けていて、よくわからないことや聞きにくい質問、「これってどうなんだろう?」と思うことなどがありましたら、いつでもpaiza運営事務局にご相談ください。




paiza転職は、転職時のミスマッチをなくし、エンジニアがより技術面にフォーカスしたやりがいある仕事を探せる転職サービスです。プログラミングスキルチェック(コーディングのテスト)を受けて、スコアが一定基準を超えれば、書類選考なしで複数の会社へ応募ができます。

詳しくはこちら
paiza転職


まずはスキルチェックだけ、という使い方もできます。すぐには転職を考えていない方でも、自分のプログラミングスキルを客観的に知ることができますので、興味がある方はぜひ一度ご覧ください。

詳しくはこちら
paizaのスキルチェック





※このブログで紹介しているキャンペーンやイベント、およびサイト内の情報については、すべて記事公開時の情報となります。閲覧されたタイミングによっては状況が変わっている場合もございますのでご了承ください。

ITプログラマー・エンジニア転職・就活・学習のpaiza

プログラミング入門講座|paizaラーニング

PHP入門編Ruby入門編Python入門編Java入門編JavaScript入門編C言語入門編C#入門編アルゴリズム入門編

エンジニアのためのプログラミング転職サイト|paiza転職

プログラミング スキルチェックエンジニア求人一覧

未経験からエンジニアを目指す人の転職サイト|EN:TRY

プログラミング スキルチェックエンジニア未経験可求人一覧

エンジニアを目指す学生の就活サイト|paiza新卒

プログラミング スキルチェックエンジニア求人一覧

ブラウザを開くだけで エディタ、Webサーバ、DB等の開発環境が整う|PaizaCloud