paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」(https://paiza.jp ギノ株式会社)の開発者が開発の事、プログラミングネタ、ITエンジニアの転職などについて書いています。

「転職できないITエンジニア」に共通する4つの特徴

f:id:paiza:20181214145134j:plain
Photo by Brennan
f:id:paiza:20140916135428p:plainこんにちは。谷口です。

転職に興味のあるITエンジニアのみなさん、転職活動はうまくいっていますか?

私自身も何度か転職を経験していますが、最近はさらにpaizaを通して転職したいエンジニアの方々からたくさん相談を受けています。そのなかで、「転職活動がうまくいかないITエンジニア」にはいくつか共通した特徴があることがわかってきました。

「なかなか内定を獲得できない…」「思うように転職活動が進まない…」とう方は、知らず知らずに下記のような言動をとっているかもしれませんので、参考になればと思います。

転職できないエンジニアの特徴

転職活動方法は調べるけど、失敗を恐れすぎて実行に移さない

実際に転職活動をしなければ転職できないのは当然ですよね。こういう方は、失敗しないベストな転職活動の進め方が見つかるまで何もしないつもりかもしれませんが、残念ながらそんなものは存在しません。

また、「転職したい」と言いつつ「スキル不足だから」「経験が浅いから」「年齢が…」など何かと理由をつけていつまでたっても応募しない背景には、「失敗したくない」「落とされたくない」「恥をかきたくない」みたいな気持ちがあるのだと思います。

でも、別に面接で落とされたところで、現職を続けていれば自分の生活に影響は出ません。

むしろ、興味がある企業の面接を受けてみると、自分は他社でどんな評価になるのか、自分には何が足りないのか、他社ではどんなスキルや経験が求められるのか…といったことがわかってきます。(※paizaでは、応募者の方に面接後のフィードバックやアドバイスをお送りしているので、面接における具体的な改善点や評価された点を知ることができます)

面接を受けることで、今の自分にはここが足りない、ここを伸ばしたら転職できるかもしれない…といったことがわかるかもしれませんし、もし「自分のレベルでは無理だな」と思うようであれば、そのまま現職を続ければよいのです。

少なくとも、何もしないでくすぶり続けているよりはよほどプラスになるはずです。

転職理由が退職理由止まりになっている

中途採用の面接で、「転職理由」は必ずと言っていいほど聞かれます。

そこで「私の転職理由は、前職がこ~んなにブラック企業だったからです!」といった話だけをして終わりの人がいますが、それだけだと転職理由としては不十分です。

前の仕事が嫌になったとか、残業が多すぎるとか、人間関係で問題が起きたとか、こうした原因で転職を考え出すケースはよくありますが、それは「転職理由」ではなく「退職理由」にすぎません。

面接で聞かれている「転職理由」とは「今回の転職で叶えたいこととその理由」です。

答えるべきは「今回の転職でどんな仕事ができる会社に入りたいと思っているのか、どうしてそう思うようになったのか……」であって、「前職のこんなところがダメで……」といった退職理由ではありません。

また、転職理由については、よく「ネガティブではなくポジティブな理由を言うべき」と言われますよね。

これは「ネガティブな話をするとマイナスな印象になってしまう」という意味ももちろんありますが、ネガティブな話だけだと結局「退職理由」が中心になってしまい、肝心な「転職理由」が見えてこないといった側面もあります。

自分を客観視できておらず、スキルや経験をうまく伝えられない

転職経験がない人は、自己アピールなどの面接で聞かれがちな項目について考えたり、自分のキャリアを詳しく振り返ったりした経験がありませんよね。

面接は、応募者と企業がお互いを見極める場です。どちらかが一方的に相手を評価する場ではありませんが、当然ながら落ちたらその先へは進めないわけですから、自分にはどんなスキルや経験があり、何が得意で何ができるのか…といったことを的確に伝えてアピールするのが重要です。

ここで転職活動に慣れていない人は、自分を客観視できていないせいで失敗することがよくあります。

今までのキャリアの棚卸しができていなかったり、応募先で求められるスキルを想像できていないと、自分のスキルや経験を的確に伝えられなかったり、アピールポイントがズレたりしてしまいます。極端な例をあげると、開発職に応募しているのに「〇年間PMとしてマネジメントをやっていました!(どや)」でアピール終了…みたいな人ですね。

そのまま転職活動を進めても、「これまで何をやってきたのか、何ができる人なのかがよくわからなかった」「うちの仕事で成果を上げてくれるイメージができない」といった理由で落とされてしまう可能性が高いです。

やりたいことや入りたい企業が憧れどまりで具体的には何もしていない

極端な例をあげると、「未経験で何も勉強してないけど、大企業で有名ゲームの開発がしたい!」みたいな人です。ここまで極端な人は少ないにしても、希望ばかりが先に立って、言動が伴っていない、自分を客観視できていない人は結構います。

もちろん「未経験では希望通りの転職ができない」というわけではありません。

ただ、「やりたい」と「できる」は違います。中途の求人企業は、該当する業務を「やりたい」ではなく「できる」と言える人を求めています。そして、この「できる」には、これまでの経験やスキル、自分で勉強してきた内容などの根拠が必要となります。

「やりたい仕事をやりたい!あんな大企業に入社したい!よっしゃ転職だ!」となるのは悪いことではありませんが、憧れどまりで「できる」を証明できないのであれば、希望通りの転職を叶えるのはなかなか難しいかと思います。

まずは「ある程度『できる』と言えるようになるにはどうすべきか?」から考えてみるのがよいでしょう。前述の例の人の場合、まずは自分でゲーム開発の勉強をして、簡単なゲームくらいは作れるようになれば、希望が見えてくるかもしれません。

まとめ

上記のようなことを意識しておけば、なかなか転職できない人から抜け出せる確率がかなり上がるはずです。

自分から必要なアクションを起こせる人なら、いつまでたってもどこにも転職できない…なんて結末にはなりません。

まずが自分を客観視してみる、「辞めたい」だけにとどまらず、これからやりたいことを明確にしてみる、一歩踏み出して応募してみる…といったことから始めてみるのが大事なのだと思います。


paizaからの応募であれば、面接時のフィードバックやアドバイスを受けられて、面接における具体的な改善点や評価された点を知ることができます。

また、paizaの転職成功ガイドでは、採用選考におけるさまざまな落選理由や悪い例、改善のためのアドバイスなどを公開しています。実際にpaizaから応募をされた多くの方から「参考になった」という声をいただいています。転職活動に苦手意識のある方は、ぜひごらんください。

paizaの転職成功ガイドについて詳しくはこちら

paiza転職について詳しくはこちら
paiza転職



 

paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

詳しくはこちら

paizaラーニング

そしてpaizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。

スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

詳しくはこちら

paizaのスキルチェック





※このブログで紹介しているキャンペーンやイベント、およびサイト内の情報については、すべて記事公開時の情報となります。閲覧されたタイミングによっては状況が変わっている場合もございますのでご了承ください。

ITプログラマー・エンジニア転職・就活・学習のpaiza

プログラミング入門講座|paizaラーニング

PHP入門編Ruby入門編Python入門編Java入門編JavaScript入門編C言語入門編C#入門編アルゴリズム入門編

エンジニアのためのプログラミング転職サイト|paiza転職

プログラミング スキルチェックエンジニア求人一覧

未経験からエンジニアを目指す人の転職サイト|EN:TRY

プログラミング スキルチェックエンジニア未経験可求人一覧

エンジニアを目指す学生の就活サイト|paiza新卒

プログラミング スキルチェックエンジニア求人一覧

ブラウザを開くだけで エディタ、Webサーバ、DB等の開発環境が整う|PaizaCloud