paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」の開発者が、プログラミングやITエンジニアの転職などについて書いています。

20200204140738

ITエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」の開発者が、プログラミングやITエンジニアの転職などについて書いています。

プログラミング動画学習 paizaラーニング

自宅にいながら転職・就活できる!エンジニア向けWeb面接対策まとめ

f:id:paiza:20200223141200j:plain
f:id:paiza:20140916135428p:plainこんにちは、谷口です。

ITエンジニアを目指して転職・就職活動をしている方にとっては、モチベーションも保ちにくい日々が続いているかと思います。

IT業界の採用市場でも、残念ながら一時的に求人数を減らして採用活動を見送ったり、転職・就活イベントや対面での面接を延期したりする企業は少なくありません。

ただ、応募者も面接官も外出せずに採用活動を進められるように、最近はリモートでオンライン面接を実施する企業も増えてきました。

そこで今回は、これからオンライン面接を受ける予定のある人や、「普通の面接とどう違うんだろう?」と思っている人のために、オンライン面接を受けるときに気をつけたいポイントについてお話しします。

転職・就職活動をしている方、これから始めようと考えている方の参考になれば幸いです。

オンライン面接とは

自宅からPCでZoomやSkypeなどのオンライン通話サービスのビデオチャットを使っておこなわれる面接です。

以前から遠方にお住まいの方との面接や、一次面接などで実施されるケースが多かったですが、最近は遠近や選考過程にかかわらず、積極的に導入する企業が増えています。

もちろんpaiza転職paiza新卒EN:TRYでも、多くの企業が実施しています。

paizaのオンライン面談について、詳しくはこちら

また、paizaではオンライン面談できる企業の求人情報を特集しています。オンライン面談を使って効率的に選考を進めたい方はぜひごらんください。

paiza転職のオンライン面談できる企業特集はこちら

paiza新卒のオンライン面談できる企業特集はこちら

EN:TRYのオンライン面談できる企業特集はこちら

オンライン面接のときに気をつけるポイント

回線・カメラ・マイク・イヤホンなどの設備、周囲の音について

PCに備え付けのものでよいので、Webカメラやマイクを用意し、できれば面談前に通話のテストをしておきましょう。初めて使うときが面接本番だと、設定などに手間取ってしまうかもしれません。

途中で通話が途切れてしまわないよう、通信状況も確認しておきましょう。また雑音も入らないよう、静かな環境でおこないましょう。

最低限の身だしなみや背景について

オンラインでも、採用選考ということに変わりはありません。

自宅だからといって、寝癖がついたまま、部屋着のままではいけません。実際に対面の面接に行ける程度のきれいめな服装で身だしなみを整えて受けましょう。

また、背景となる室内は、なるべく片付けておくか、白壁などシンプルな背景になる場所でおこないましょう。

繰り返しになりますが、オンラインでも採用選考ということに変わりはありません。友達とのオンライン飲み会などで使っていたふざけたバーチャル背景のまま通話を始めてしまうと目もあてられません。必ず事前に設定を確認しておきましょう。

意識してあいづちを打ち、前を向いて声を張りましょう

オンライン通話の場合、対面で直接話しているよりも、聞き手の反応がわかりづらくなってしまいます。

「本日はよろしくお願いいたします」「ありがとうございました」などといったあいさつをしっかり言ったり、ふだんよりも意識してあいづちを打ったり、うなずいたりするようにしましょう。反応がないと、向こうも「ちゃんと聞こえているのかな」「理解できているのかな」と不安になってしまいます。

また、こちらから話す際も、下を向いてぼそぼそしゃべっていると、対面のときより以上に聞こえづらくなってしまいます。しっかり顔を上げて、マイクが声を拾えるようにしましょう。

聞こえなかったときはちゃんと言いましょう

一時的に通信が途切れたり、雑音が入ったりしてしまうのはよくあるトラブルです。

「すみません、いま音声が途切れてしまったのでもう一度お願いできますでしょうか」などと言って聞き返すのは失礼には当たりません。

むしろ聞こえないまま適当に受け流したり、詰まったりするほうがまずいので、面接官の話をしっかり聞いた上で受け答えをしましょう。

ポイントのメモを用意しておく

オンライン面接のよいところは、手元にメモを用意しておけることです。

必ず話したいこと、聞きたい質問内容などは、ポイントだけでもメモを用意しておくと安心です。実際に使わなくても、「いつでもメモを見ていいんだ」と思うと緊張がほぐれます。

ただし、とにかく準備しておいた内容を話すのを重視しすぎると、面接官の質問からズレた回答になってしまう場合もあります。そうすると「こちらの質問を聞いていないのかな」「融通がきかない人だな」という印象になってしまいますから、準備しておいた内容をすべて話すのではなく、質問の意図を理解して受け答えをするよう気をつけましょう。

オンラインでも基本は対面の面接と同じと思って臨む

基本的にはこれができていれば問題ありません。

オンラインだからといって気を抜かず、自分のよいところがしっかり伝えられるよう、対面の面接と同じように面接対策と準備をしておきましょう。

paizaの転職成功ガイドでは、採用選考におけるさまざまな落選理由や悪い例、改善のためのアドバイスなどを公開しています。実際にpaizaから応募をされた多くの方から「参考になった」という声をいただいています。面接に苦手意識のある方は、ぜひごらんください。

paiza転職転職成功ガイドこちら

paiza新卒の「就活成功ガイドこちら

EN:TRY転職成功ガイドこちら


paizaではオンライン面談できる企業の求人情報を特集しています。オンライン面談を使って効率的に選考を進めたい方はぜひごらんください。

paiza転職のオンライン面談できる企業特集はこちら

paiza新卒のオンライン面談できる企業特集はこちら

EN:TRYのオンライン面談できる企業特集はこちら

まとめ

というわけで、オンライン面接を受けるときに気をつけたいポイントについてまとめてみました。

初めてオンライン面接を受けるときは戸惑うかもしれませんが、基本的に聞かれる質問や話す内容は対面式の面接変わりません。慣れてしまえば自宅から受けられるぶん楽になってくると思います。

paiza転職paiza新卒EN:TRYでは、多くの企業がオンライン面談を実施しています。今後も転職・就職活動を続ける予定の方は、ぜひごらんください。

ただ、みなさんくれぐれも無理はなさらず、体調にお気をつけておすごしください。

paiza転職
paiza新卒
“EN:TRY"





paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

詳しくはこちら

paizaラーニング

そしてpaizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。

スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

詳しくはこちら

paizaのスキルチェック

paizaのおすすめコンテンツ

Webセキュリティ入門 ハッカー入門 Webセキュリティ講座がスタート!CVは内田真礼さん! Python✕AI 機械学習入門講座 CVに上坂すみれさんを起用!人気の機械学習講座を公開中!
paiza転職 paiza新卒 EN:TRY paizaラーニング Copyright Paiza, Inc, All rights reserved.