paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」の開発者が、プログラミングやITエンジニアの転職などについて書いています。

20200204140738

ITエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」の開発者が、プログラミングやITエンジニアの転職などについて書いています。

VC投資先スタートアップ企業特集

始めるなら今がチャンス!?エンジニアの副業探しのポイントまとめ

f:id:paiza:20201021181231j:plain
Photo by Esther Vargas
f:id:paiza:20140916135428p:plainこんにちは、谷口です。

先日、柔軟な働き方に関するニュースが話題になりましたね。

news.yahoo.co.jp

最近はエンジニアでも本業のほかに副業をしている方が増えてきました。paiza転職でも社員の副業はOKです。

以前は副業に興味があっても

  • 時間がない
  • スキルに自信がない
  • どうやって始めたらよいかわからない

などといった理由で踏み出せていない方が多かった印象ですが、最近はリモートワークなどの導入によって自宅ですごす時間ができた人も多いですよね。副業に挑戦するなら、今がよい機会かもしれません。

そこで今回は、エンジニアの副業について解説します。副業に興味はあるけど、まだ踏み出せていなかったエンジニアの方の参考になればと思います。

エンジニアが副業をするメリット

副業をすれば収入がプラスになるというのは当然ですが、ほかにも以下のようなメリットがあります。

キャリアと学びの広がり

副業で本業と違う分野の業務に取り組めば、本業だけではできない経験を積んだり、知見を増やしたりできます。

所属が一社だけだと、業務ではどうしても同じようなプロダクトや開発環境を使うことになりがちですよね。特にエンジニアの場合、ほかに興味のある分野があって勉強をしていても、プロダクトやサービスに合致していなければ、それらの知識を業務で試すのは難しいものです。

しかし副業であれば、自分の経験や知識を本業とは違う分野にも広げられる可能性があります。

自分の経験の幅が広がれば、今後のキャリアや進みたい方向性を考えるときや、転職活動での助けにもなるでしょう。

転職活動の準備になる

副業経験を通して、今まで本業で身につけてきた自分のスキルや業務経験が「他社でどれくらい通用するのか」を知ることもできます。

「他社でもやっていけるかも」という手応えがあったり、成果を評価されたりすることがあれば、転職活動でも企業選びや選考課程でのアピールもしやすくなるはずです。

また、他社のエンジニアと接したり雰囲気を知ったりすると、「次に自分が目指すキャリア」や「自分の経験がもっと生かせる場所」について考えるヒントになります。独立や起業を考えている人にとっても、よい経験となるでしょう。

条件が合えば、転職して入社するかどうか迷っている企業で、まずは副業から始めてみて業務や内部の雰囲気を知ることもできます。完全に入社する前に応募先の業務を体験できると、入社後のミスマッチも防げますから、企業側の受け入れ体制が整っていれば、まずは副業から始めて転職を考えてみるのも一つの手です。

副業の見つけ方

知り合いからの紹介

エンジニアの転職は友人や知り合いからの紹介が多いですが、副業も同じです。

知り合いに副業として業務を請け負ってくれるエンジニアを探している人がいれば、話を聞いてみるとよいでしょう。まったく知らない企業といきなり仕事をするよりは、業務内容やスキルのレベル感もある程度理解しあった上での紹介なので、ミスマッチやトラブルが起きづらくなるでしょう。

とはいえ、絶対にトラブルが起きないとは言い切れません。特に友人の場合、条件や金額、契約内容があやふやなまま業務を請け負ってしまうケースがよくあります。あとあとのトラブルを回避するには、最初に条件面をしっかり確認し、契約書をかわしておくのが重要です。

副業としての案件紹介サービスを使う

知り合いがいない、紹介が難しいという場合は、

  • フリーランスエンジニア向けのエージェントに登録して仕事を紹介してもらう
  • クラウドソーシングサービスに登録して仕事を探す

といったやり方で副業を探すこともできます。

こちらも、条件面をしっかり確認した上で業務を請け負うようにしましょう。

エンジニアが副業を始める際の注意点

本業の企業が副業を許可しているか確認しておく

まずは「自社が副業を許可しているかどうか」を確認しておきましょう。

最近、特にIT企業やエンジニア職に対しては副業を許可している企業も増えていますが、「本業に支障が出る」「情報漏洩を防ぐ」といった観点から、副業を禁止している企業もあります。

確定申告について準備をしておく

収入が増えれば、そのぶん税金を収める額も変わってきます。

一社にだけ所属している会社員であれば、給与から源泉徴収されていますのでふだんは意識することがないとは思いますが、副業での収入が増えてくると、自分で確定申告をすることが必要になります。特に今後、フリーランスや起業の道を目指している方は、今のうちから準備と確認をしておきましょう。

仕事が増えるので適当になったり過労にならないように

副業を始めれば、当然ですが仕事をする時間と量が増えてしまいます。

自宅で捻出できる時間、本業のほうの納期や締め切り、プライベートの時間、自分の体力・精神力などと相談しながら、最初は無理のない範囲から始めるようにしましょう。

時間がなくなったり、疲れたりしてどちらか(もしくは両方)の業務の質が下がってしまったり、逆にオーバーワークになったりしてしまうのは本末転倒です。

まとめ

というわけで、エンジニアの副業についてのお話でした。

ITエンジニアはリモートワークや副業など、さまざまな働き方が試しやすい仕事です。また、副業を通して新たな経験や知見を得られる可能性も高いので、興味がある方はぜひ挑戦してみてください。自分のキャリアを広げるよいきっかけとなるかもしれません。


paiza転職では、求人票を開発ジャンルや使用言語、給与額などだけでなく、副業OK、リモート勤務OK、時短勤務可、イヤホンOK、裁量労働、スキル研修が充実…などなど、さまざまな基準や条件で検索できます。

paiza転職について詳しくはこちら
paiza転職




paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

詳しくはこちら
paizaラーニング

そしてpaizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。

スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

詳しくはこちら
paizaのスキルチェック

paizaのおすすめコンテンツ

Webセキュリティ入門 ハッカー入門 Webセキュリティ講座がスタート!CVは内田真礼さん! Python✕AI 機械学習入門講座 CVに上坂すみれさんを起用!人気の機械学習講座を公開中!
paiza転職 paiza新卒 EN:TRY paizaラーニング Copyright Paiza, Inc, All rights reserved.