paiza times

paizaがお届けする、テック・キャリア・マネジメント領域における「今必要な情報」を届けるWebメディア

logo

paizaがお届けする、テック・キャリア・マネジメント領域の「今必要な情報」を届けるWebメディア

企業主催ではないmeetup、「データエンジニアボドゲ&懇親会」をpaiza新オフィスで開催!

こんにちは、paizaエンジニアの吉岡([twitter:@yoshiokatsuneo])です。

私はずっとソフトウェアエンジニアだったのですが、ここ数年は主にデータアナリスト兼データエンジニアになっています。 paiza代表がデータ好き(?)ということもあり社内全般にデータ分析需要が増えてきたところに、やってみるととても広く深い領域で面白く、日々学びながらデータ分析&基盤構築しています。

ただ、この分野は日々進歩していて、社内やネット上の知見だけでは限られることもあり、他の会社ではどのようにしているのか気になっていました。 そこで見つけたのが、データエンジニアのおがたさんが所属されているギックスのオフィスで定期的に週末に開催されている「データエンジニアボドゲ&懇親会」でした。

qiita.com

data-engineer-boardgame.connpass.com

僕はボドゲが好きで、コロナ前は社内で昼休みにエンジニアでよくボドゲをしたりしたのでこのイベントに興味があり、2回参加させていただき、とても楽しませていただきました。 社内のデータウェアハウスはBigQueryなのですが、そこで教えていただいたDataflowはさっそく導入して活用しています。

そして、3月末にpaiza は新オフィスに移転を行いました。オフィス入り口のオープンエリアはおしゃれで広くなったので、ここでそのイベントが開けるとよさそうだなぁ……とぼんやり思っていたところ、主催者からpaizaオフィスで開催できないかと声をかけていただきました。

paiza.hatenablog.com

企業が業務として自社でイベントを開催することはあると思いますが、エンジニア主催のイベントに、週末にこの規模の会社がオフィスの一部を提供することは空調などの施設管理・労務管理の面からなかなか難しい点もあると思います。

幸い、paizaはエンジニア向けのサービスを提供しており、エンジニアによりpaizaをより知ってもらえる機会になるということで、総務部門など全面的にサポートいただきpaizaのオフィスを会場として提供させていただきました。

ここでは、イベントの様子を紹介したいと思います。

ボードゲーム

スタートアップのデータエンジニアなど、10数名の方が参加いただきました。paizaにもボドゲに加えて、みんなでボドゲやお菓子などを持ち寄りました。

14時ぐらいに集まり、名札作成・paizaサービス紹介(スポンサー枠)・自己紹介のあと、ボドゲ開始です。 とはいえ、過去最高の人数のため、2〜3卓に分かれて、好きなテーブルでボドゲを楽しみました。

ボードゲーム

私は、家から持ち込んだ「PIT」という非常ににぎやかなゲームをしました。こういう場所でなければ近所迷惑になりかねないゲームです(笑)。

また、「NOT MY FAULT」というタスク管理で自分の失敗をおしつけ会うゲームで、チームメンバーを疑い合い退職者が続出し、プロジェクトを軒並み失敗に導きました(笑)。

NOT MY FAULT

社内の方に勧めてもらった「カチカンモンスターズ」では、マスターの価値観が炙り出されました(笑)

カチカンモンスターズ

他の卓では、「ボルカルズ」で怪獣との戦いが行われていました。

ボルカルズ

移動式のホワイトボードがあったので、得点表として使えて便利でした。

そういえば、社内でエンジニアはボドゲを好きな人が多いのはなぜ、と聞かれたたのですがなぜなんでしょう。長考しがちな気は少ししますが...

懇親会

17時ごろからの懇親会に移行しました。

懇親会

普段のデータエンジニアリングの仕事や、最近の動向から、BigQuery vs. Snowflakeのデータウェアハウス対決(?)、 GCP vs. AWS vs. Azure vs. OCI vs IBM Cloudのクラウド対決(?)、などの赤裸々な話題も出てきました。

個人的には、SpreadSheetの情報管理で出てきたAppSheetについての話が気になっていて調べてみています。

いったん終了後は、ゲームの続きをしたり、そのまま話をしたりして、結局21時ごろに解散しました。

まとめ

paizaのオフィスを提供させていただき、データエンジニアボドゲ&懇親会を開催しました。僕もですが、みなさんも楽しみながら情報交換ができたように見えました。

いつも主催いただいているギックスのデータエンジニアのおがたさん、オフィス提供にサポートいただいた社内の皆さま、楽しくプレイ&懇親させていただいた参加者の皆さま、ありがとうございました。


paizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題を提供しています。

スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

詳しくはこちら paizaのスキルチェック

paizaのおすすめコンテンツ

PPG proken プログラミングゲーム「初恋 プログラミング研究会〜海に行こうよ〜」 PPG Bingo プログラミングゲーム「コードレビューBINGO!!」
paiza転職 paiza新卒 EN:TRY paizaラーニング 記事内に記載している情報は、記事公開時点でのものとなります。 Copyright Paiza, Inc, All rights reserved.