paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」(https://paiza.jp ギノ株式会社)の開発者が開発の事、プログラミングネタ、ITエンジニアの転職などについて書いています。

プログラミング×恋愛SLG「プログラミングで彼女をつくる」に新アイテム追加!!

f:id:paiza:20160329112030j:plain
paizaが2015年12月に実施したpaizaオンラインハッカソンVol.7 プログラミングで彼女をつくるhttps://paiza.jp/poh/ando )」、プレイしていただいたことはありますか?

今回、こちらのオンラインハッカソン新アイテムが追加となりました!!

「なんか去年の冬にやったことある気がする」という方も!「何それ初めて知ったわ」という方も!ぜひかわいい彼女をつくってみてくださいね!!

■新アイテムって何が追加されたの?

新アイテムは

メイド服】と


猫耳】と


】です!!!!!!!


f:id:paiza:20160329114529p:plain


猫…………………………………………………………?

■ゲームの背景

f:id:paiza:20160329112030j:plain
時は20xx年……日々プログラミングを頑張りながら一人寂しく過ごしていた俺たちについに恋の女神が微笑んだ――――。

なんと俺たちのことを彼氏と認識してくれるアンドロイド彼女の「安藤 杏(あんどう あん)」ちゃんが開発されたのだ!!!!

杏ちゃんのすごいところは、世界で初めて開発された「プログラミングでお着がえ機能」。プログラミングをするだけで、着せ替えアイテムが増えて杏ちゃんはどんどん俺好みの姿になっていく……。「プログラミングで彼女を作る」時代がついに到来だぜ!!

それだけじゃない、俺がプログラミングをすればするほど杏ちゃんは俺のことを好きになってくれて、親密度がどんどん上昇していくのだ。親密度が上がれば、彼女から嫁になってくれるかも……!?(※20XX年は法律でアンドロイドとの婚姻も認められています)

■「paizaオンラインハッカソンVol.7 プログラミングで彼女をつくる」概要

f:id:paiza:20151207180647p:plain
参加資格:だれでも何回でも参加可能
新アイテム追加記念プレゼント:2016年4月26日(火)までに、着せ替えした彼女をツイートで紹介してくれた人の中から抽選で1名に1万円分、50名に500円分のAmazonギフト券をプレゼント!!
対応言語JavaPHPRubyPerlPython、C、C#C++JavaScript
選択可能言語:Objective-CScala、Go、HaskellCoffeeScriptBashErlang、R、COBOLVB、F#、Clojure、D、Swift
※選択可能言語はβ版です。

paizaオンラインハッカソンは、これまでに延べ12万人が参加した人気オンラインイベント。第7弾の「paiza オンラインハッカソン Vol.7 プログラミングで彼女をつくる」は、シリーズ初の恋愛シミュレーションゲームの要素を取り入れた、世界初の恋愛プログラミングゲームです。

◆さらに抽選でAmazonギフト券もプレゼント!

杏ちゃんと同居生活を始めたあなたは、プログラミング問題をどんどん解いて、杏ちゃんの着せ替えアイテムを集めたり、2人の親密度を上昇させたりしてください

自分好みに着せ替えできた杏ちゃんを2016年4月26日(火)までにツイッターでシェアしてくれた方の中から、抽選でAmazonギフト券1万円分を1名様、500円分を50名様にプレゼント!!

あなたのかわいい彼女をぜひお友達に紹介してあげてくださいね!!

https://paiza.jp/poh/ando




paizaは、技術を追い続けることが仕事につながり、スキルのある人がきちんと評価される場を作ることで、日本のITエンジニアの地位向上を目指したいと考えています。

自分のスキルを磨いていきたいと考えている方におすすめなのが「paizaラーニング」。オンラインでプログラミングしながらスキルアップできる入門学習コンテンツです。初心者でも楽しくプログラミングの基本を学ぶことができます。

paizaラーニング

そして、paizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。

paizaのスキルチェック

スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。