paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」の開発者が、プログラミングやITエンジニアの転職などについて書いています。

優秀なエンジニアを採用したいなら必須!リファラル採用のポイント解説

f:id:paiza:20171109131942j:plain
Photo by Amtec Photos
f:id:paiza:20140916135428p:plainこんにちは。谷口です。

paiza転職はITエンジニアの転職サービスなので、エンジニアを募集している企業の採用担当の方から「エンジニアの採用活動がうまくいかない」といったご相談を受けることがよくあります。

エンジニア採用で苦労されている採用担当のみなさんは、「リファラル採用」を実施していますか?

最近は、リファラル採用を推進している企業を多くお見かけします。ただ、お話を聞いていると、リファラル採用で大事なことや注意点について意外と知らないまま、社員に「誰か紹介してよ」と言っているだけなケースも多いようです。

そこで今回は、エンジニアの採用を強化するために知っておいたほうがよい「リファラル採用をする上で大事なこと」や採用促進ツールなどについてお話しします。

エンジニア採用がうまくいかない、リファラル採用で実績が出ない、採用活動の進め方がわからない…といった方の参考になればと思います。

リファラル採用とは

すでにご存知の方も多いと思いますが、リファラル採用とは、求人票を公開して応募を待つ従来の採用活動ではなく、すでに自社で働いている社員から知人・友人といった人材の紹介を受ける採用形式です。

近年はメルカリが力を入れている採用形式としても注目され、多くの企業が実施をしています。

business.nikkei.com

このリファラル採用には、以下のような特徴があります。

リファラル採用のメリット

応募者のマッチ度が高い

すでに働いている社員の紹介であれば、自社の開発内容にまったく興味がなさそうな人や、開発チームとのレベル感が大幅にずれた人が来る可能性は少ないでしょう。

そのため、誰でも応募できる求人票経由の人材よりは、リファラル経由の応募者のほうが企業の文化やスキルレベルなどがマッチしやすい傾向にあります。

採用コストを抑えられる

当たり前ですが、求人サービスやエージェントを利用する場合は利用料がかかります。リファラル採用で採用が成功すれば、そういったコストを抑えた採用活動が実現できます。

最近は、リファラル採用が決まると、紹介者に報奨金を出す取り組みを実施している企業も増えています。多少の報奨金を出しても、通常の採用活動よりは採用費用が安く済むケースがほとんどです。

通常の転職市場に出てこない人と出会える

転職サービスやエージェントに登録し、応募までしてくれる人はその段階でかなり転職意欲が高い人です。その手前の段階にいる「現時点ではそれほど転職意欲が高くない人」とはなかなか出会う機会がありません。

リファラルであれば、それほど転職意欲が高くない状態の人が「友達がすすめてくれているから話を聞いてみるか」といった感じで来てくれて、そこから転職意欲を持ってくれるケースもよくあります。そのため、通常の採用活動ではまず出会えない、まだ転職市場に出ていない人と接触するチャンスを増やせます。

デメリット

動機づけが難しい

リファラル採用の場合、「人からのすすめ」が応募のきっかけになっているため、応募者の志望度やモチベーションが上がりきらず、最終的な決め手に欠けてしまうケースもあります。

また、きちんとサービスや業務を知って興味を持ってもらった上で入社してもらわなければ、ミスマッチな採用をしてしまう可能性もあります。

選考段階で、自社の説明や自社アピールをしっかりしておくのが重要です。

似た人材が集まりがち

社員が紹介できる知り合いや友人と言えば、たとえば学生時代の同級生や、前職での同期・先輩後輩といった方が多いでしょう。この場合に懸念点となるのは、どうしても経験や得意分野が似通った人が集まりやすいことです。

新たなポジションや、社内にまだいないタイプの人を採用したい場合は、採用する側がその素養があるかどうかをしっかり見極めなければなりません。

「社員の紹介なら質は大丈夫だろう」ではなく、事前に「どんなポジションでどんな人を採用したいのか」を明確にしておきましょう。

リファラル採用に使えるツールいろいろ

リファラル採用の実績や選考状況の管理、活性化に使えるツールには以下のようなものがあります。社内でのリファラル採用の周知や採用力の強化につなげるために、利用してみるのもよいでしょう。

Refcome

jp.refcome.com

Glover Refer

gloverhr.com

My Refer

i-myrefer.jp

リファラル採用で一番大事なこと

「よいエンジニアを採用したい、エンジニアの採用力を高めたい」という一心でリファラル採用を実施している企業は多くあります。

paiza転職でも、「どんな採用活動をおこなえばよいのか」「リファラル採用と通常採用ではどこに気をつければよいのか」「面接で何を言えば応募者の志望度を上げられるか」といったご相談を受けることがよくあります。

もちろん、そういった採用対策や戦略を練ったり、いろいろなスタイルの採用活動を実施するのは非常に重要です。

ただ、リファラル採用を成功させるのに一番重要なのは「社員が知人を紹介したいと思える職場環境」を作ることです。

「リファラルで採用が決まれば○万円支給!」と告知だけして、「報奨金を提示しているのに全然紹介がない…」と言っている採用担当者の方も少なくありません。しかし、社員が本当によいと思っている職場であれば、そのような制度がなくても友人に自社の話をしますよね。

採用活動というと、つい外へのアピール方法を考えがちですし、もちろんそれも重要です。しかしその前に、まずは中を整え、中のエンジニアが「働きやすい、友達にも紹介したい」と思える職場環境を整えることが先決でしょう。

まとめ

というわけで、エンジニアのリファラル採用に関する話をしました。

エンジニアの採用がなかなかうまくいかない…という企業の採用担当者の方は、採用力強化のための参考にしていただければと思います。

通常の求人票で募集する採用活動だけでなく、企業側からオファーをかけるスカウト形式の採用活動や、社員に協力をしてもらうリファラル採用などを併用し、さまざまな角度から採用活動をおこなうことが、採用力の強化につながります。


paizaでは、採用基準の定め方や面接の進め方などについてもサポートを実施しております。

「求人票の書き方がわからない」「どんなふうに面接するとよいのかわからない」「応募があって面接をしても辞退されてしまう」「積極的に採用活動しているつもりだけどなかなかエンジニアを採用できない」といったご相談にものらせていただいておりますので、ぜひご活用ください。

今後エンジニアの採用にpaizaを導入してみようかなと検討されている担当者の方は、こちらからお問い合わせください。(※すでにpaizaとご契約いただいております企業様は、直接担当者へご連絡ください)


paiza転職について詳しくはこちら
paiza転職





paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

詳しくはこちら

paizaラーニング

そしてpaizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。

スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

詳しくはこちら

paizaのスキルチェック

会社を辞めたい若手エンジニアが知っておくべき転職の注意点

f:id:paiza:20140829034829j:plain
Photo by Boris Baldinger
f:id:paiza:20180910132940p:plainこんにちは。倉内です。

先日、日経新聞に掲載された入社1~2年目の若手社員に対するアンケート結果では、回答者の約半数がすでに転職を視野に入れていることが分かりました。

若手の5割が転職希望 キャリア不安、ギャップに悩む :日本経済新聞

45歳リストラのニュースが続き、年功序列・定年退職といったひと昔前の常識が崩壊していることは明らかで、入社して間もないうちから将来のキャリアに不安を抱く人が多いのは当然と言えるかもしれません。

しかし、「転職すればきっと現状よりよくなる」「キャリアパスが開かれるはずだ」という期待だけで転職を決めるのはリスクが高いと言えます。

そこで今回は、すでに転職を検討している若手の皆さんが、転職を決断するときにどのようなことに気をつけるとよいかをお伝えしたいと思います。

データから見る若手の転職意識

冒頭にも紹介した日経新聞のアンケート結果をもう少し詳しくみてみます。

前述のとおり「すでに転職した」「すぐにでも転職したい」「いずれは転職したい」と回答した人の合計が約半分を占めています。

また、「入社前後で仕事や働き方のギャップがあった」と答えた人が65%にのぼっていることも見逃せません。

その中でもっともギャップを感じたことは「仕事内容」で56%となっています。学生のうちは会社で働くことを現実的にイメージすることは難しいですが、インターンシップに参加した学生でさえ、入社後前後のギャップを強く感じているということです。

「転職についての考え方」の項目では、「3年は転職すべきでない」が53%と多数派ではあるものの、「積極的に転職すべき」が39%というのは予想以上に高い数値ではないでしょうか。

転職への備えについて「常に備えている」と回答したのは21%で、「いずれ備えたい」の57%がもっとも多い結果となったようです。あくまでアンケート対象者のうちではありますが、入社1~2年目の社員の5人に1人が転職に常に備えている状態です。

もう一つ別のアンケート結果をご紹介します。IT人材ラボニュースに掲載された、20代~30代の男女を対象に実施された「理想の仕事に関するアンケート」です。

新人時代に仕事に対してどのようなギャップを感じていたかという質問に対して、一番多かったのは「やりたいと思っていた仕事と違う」の約40%、次点で「自分の仕事が何の役に立つのかわからない」の22%となっています。やはり仕事内容に関するギャップが大きいですね。

また、「どのような仕事が理想的ですか?」という質問には、「やりがいがある仕事」が49%でトップの理由となっています。「稼げる仕事」や「将来性がある仕事」よりダントツの1位です。

 

転職すればすべてうまくいくのか

さきほどのアンケート結果から、入社前後で仕事にギャップを感じていて、転職したいと考えている人が多いことが分かりました。しかし、そもそも転職をすればすべてうまくいくのでしょうか?

私も転職経験がありますが、現実的には転職したらよくなったことと転職前のほうがよかったこと、どちらもあります。ただ「転職してよかった」と言っているのは、一番優先したかった条件は転職でかなえられたからです。

現状に不満や不安がある方は、それらを変えたい・解消したい気持ちが強いと思いますが、100%自分の理想通りに働ける会社を見つけるというのはほとんど不可能です。安易に転職をして「やっぱり転職しなければよかった…」「思ってたのとまた違った」となってしまうと意味がありません。

また、就職活動からそれほど時間が経っていない若手の方は記憶が新しいと思いますが、転職でも書類を書いたり面接対策をしたりが必要です。仕事を続けながら転職活動をするというのは想像以上に大変です。

たとえば、未経験分野への転職の場合、年収が下がることもあります。人間関係で悩んで転職したのに、結局転職先でも人間関係に悩むという人も少なくありません。

以下の記事では若手社員に向けて、転職すべきではない人の特徴を挙げていますので参考にしてみてください。

paiza.hatenablog.com

本当に転職したいならどうすればいいか

転職の目的と将来のキャリアプランを考える

今の会社に対して「入社前に思っていた仕事と違った…」と感じているなら、そう感じる原因は何か?どうすれば転職先では同じ失敗を繰り返さないか?を考えておかないとまた同じ状況におちいる可能性があります。

特に転職活動では「なぜ今の会社を辞めたいと思うのか」「次の会社では何をしたいのか(何ができるのか)」をさまざまな場面で問われることになります。

そのため、自分がやりたいことは今の会社ではできないことなのか、転職先はどんな条件を優先して選ぶか、逆にどんなことなら多少妥協できるのか、3年後・5年後どうなっていたいか…といったことは明らかにしておいたほうがいいでしょう。

仕事を辞めたい人が転職で失敗しないためにどうするとよいかは以下の記事も参考にしてみてください。

paiza.hatenablog.com

理想に近づくために転職の準備をしっかりする

転職先で自分の理想をできるだけかなえるためには、選ばれる側ではなく入りたい会社を選ぶ側に回らないといけないですよね。

入社1~2年目の転職であれば、第二新卒採用としてポテンシャルを評価してくれる企業が多いですが、「やりたいこと」だけでなく「できること」を増やして自分の価値を高めておいて損はありません

ITエンジニアとしてもっとスキルを磨いて転職したいという人は、paizaラーニングの学習講座がおすすめです。プログラミング言語の基礎から、Webサイトやアプリケーション開発までブラウザ上で演習問題を解きながら学ぶことができます。


なお、開発経験がない人・少ない人でも応募できる若手チャレンジ求人を中心に掲載しているEN:TRYでは、コーディングスキルを測るスキルチェックでプログラミング問題を解いてランクを獲得すれば求人へ応募可能で、書類選考なしで面接・面談へ進めます。

paizaのスキルチェック

とにもかくにも転職活動を始めてみる

転職を決断するのは慎重になったほうがよいですが、まず転職活動を始めてみることはおすすめします。

というのも、転職活動をすると自分の転職市場での価値が客観的に測れますし、足りない部分が見えてきたり逆に思ってもなかった自分の強みが分かったりすることもあります。

転職活動をするメリットについては、以下の記事で具体的に説明しているので参考にしてみてください。

paiza.hatenablog.com

まとめ

仕事内容に理想とのギャップを感じ、転職を希望している若手が多いというアンケート結果から「転職すればうまくいくのか」「本当に転職したいなら何を考えるべきか」ということをお伝えしてきました。

年功序列・定年退職の制度があった時代は、会社からある程度のキャリアの道筋が示されていましたが、今は会社に頼るのではなく個人でキャリアを決めていく必要があります

転職はキャリア形成のひとつの手段ではありますが、転職を後悔することのないようしっかり考えてから決断していただければと思います。


企業選びや面接対策などはEN:TRYでもお手伝いしますので、ぜひ業務未経験からITエンジニア・プログラマを目指す人のための転職サイト【EN:TRY】EN:TRY運営事務局の担当者にご相談ください。

詳しくはこちら
“EN:TRY"





paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

詳しくはこちら

paizaラーニング

そしてpaizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。

スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

詳しくはこちら

paizaのスキルチェック

プログラミング初心者でもLinuxを無料で学べる入門講座が新登場

f:id:paiza:20140916135428p:plainこんにちは。谷口です。

paizaラーニングに新規講座「Linux入門編1: Linuxの基本を理解しよう」が追加されました!

Linux入門編」では、システム開発に欠かせないLinuxの基本、利用形態やシステム構成を把握するとともに、パッケージングシステムやシェルコマンド、ファイルシステムなどについて学べます。

今回は「Linux入門編1: Linuxの基本を理解しよう」の講座内容をご紹介します。

  • プログラミングは少しできるようになったけど、Linuxについてはよく知らない
  • 仕事でLinuxを使うことになったけど、実は使ったことがない…

といった方におすすめです。

Linux入門編1: Linuxの基本を理解しようの内容紹介

Linuxの特徴

Linuxは、Unix互換のオペレーティングシステムです。オペレーティングシステム(OS)は、WindowsやmacOSと同じように、コンピュータのリソースを制御するソフトウェアです。Linuxはオープンソースで誰でも無償利用できるため、多くのITシステムで採用されています。

もともと、コンピュータはこのような集中システムで使われていました。大型のホストコンピュータが1台だけあって、それを複数のターミナルで操作する形式です。ターミナル側は、キーボードとディスプレイが付いているだけで、特に計算機能はありません。

この場合、複数のターミナルから利用するため複数ユーザーを管理し(マルチユーザー)、複数の処理を同時にこなします(マルチタスク)。LinuxのもととなったUnixがこうしたマルチユーザー、マルチタスクの機能を実用化しました。


最近では、コンピュータはこのような分散システムで使われるケースが多くなっています。役割に応じてコンピュータをサーバとして用意し、利用者はクライアントからネットワークを通じてサーバを呼び出します。

利用者側はクライアントとして、サーバにいろいろな指示を出します。クライアント側がお客様となるので、集中システムとは主従が逆になっています。

Linuxの用途

Linuxは、まずWebサーバやファイルサーバなど、サーバのOSとして広く使われています。それからPCのOSです。PC用のOSと言えばWindowsかMacというイメージがあるかもしれませんが、ITエンジニアの開発環境などではLinuxも多く使われています。

液晶テレビやハードディスクレコーダといったデジタル家電にも、Linuxが使われています。家電に組み込むコンピュータなので「組込システム」などと呼ばれたりします。

Linuxがなぜこんなに幅広い用途で使われているのか。性能の高さに加え、Linuxが自由に無償利用できる「オープンソースソフトウェア」だからというのも理由のひとつです。公開されているLinuxのソースコードを、多くの人や企業が改良したり、新しい環境に移植したり、共同開発を進めたりしています。

こうしたコミュニティの人々がLinuxカーネルに必要なツールを統合・開発して提供しているのが「Linuxディストリビューション」です。

Red Hatは企業のサーバなどに広く使われているディストリビューションです。サブスクリプション形式のサポートサービスを提供しています。

また、Red Hatから商用サービスや商用ソフトウェアなどを除いて提供しているのがCentOSです。Red Hat互換なため、サポートサービスを必要としない企業やエンジニアによく使われています。

Debianは、コミュニティによって作られた自由に利用できるOSです。安定性を評価したバージョンを定期的に提供しています。

Ubuntuは、Debianをベースにしたディストリビューションで「誰でも使いやすく、最新の安定したOS」を提供することを目指しています。デスクトップOSとして広く利用されています。ちなみにPaizaCloudもUbuntuを採用しています。

Linuxのシステム構成について

Linuxと聞くと「ターミナルの黒い画面でシェルコマンドを操作する」みたいなイメージがある人もいるかと思いますが、シェルやコマンドはLinuxといっしょに配布されているソフトウェアツールの一つにすぎません。

コンピュータは「ハードウェア」と「ソフトウェア」で構成されています。

ハードウェアとは、コンピュータの物理的な装置です。電子回路からハードディスクのメカ部分、電源など数多くの部品で構成されています。対して、ソフトウェアはハードウェアの中にあるプログラムやデータなどの情報です。

ソフトウェアは、「オペレーティングシステム」と「アプリケーションソフトウェア」に分かれます。先ほどから言っていますが、「オペレーティングシステム」は略してOSと呼ばれています。OSの役割は、ハードウェアやメモリ、ファイルといったコンピュータのリソースを管理することです。こうしたOSの中核になる部分を「カーネル」と呼びます。

そして、実際に処理をこなすのがアプリケーションです。Linuxに付属しているターミナルやシェル、コマンドツールなどもアプリケーションです。プログラムを起動する「init」や「sysytemd」、付属しているアプリケーションを管理する「パッケージ管理ツール」などもあります。Linuxディストリビューションでは、Linuxカーネルとこれらのアプリケーションをセットにして配布しています。


ユーザーインターフェース

Linuxは、ユーザーインターフェースもアプリケーションになっています。ユーザーインターフェースにはCUIとGUIの二種類があります。

CUIはキーボードによる文字入力とディスプレイへのテキスト出力で使います。テキストベースでコンピュータを操作する「シェル」も、CUIの一種です。

GUIは、マウスなどのポインティングデバイスとグラフィックディスプレイで利用します。WindowsやmacOSで標準搭載されているGUIも、Linuxではいくつかのアプリケーションの組み合わせで実現されています。

このようにLinuxは、Linuxカーネルと多くのアプリケーションの組み合わせでできています。Linuxディストリビューションによって組み合わせられるアプリケーションは異なるため、ディストリビューションごとに使い方やシステム管理の機能が違う場合もあります。


paizaラーニングの「Linux入門編」では、Linuxについてもっと詳しく学んだり、実際にLinuxを使ってみるところまで実践することができます。

Linux入門編1: Linuxの基本を理解しよう」は無料で受講できますので、Linuxに興味のある初心者の方はぜひごらんください。

つぶやくだけでAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

ただいまpaizaラーニングでは、7/29(月)までに演習課題を解いた結果の正解画面からツイートをしていただくと、抽選でAmazonギフト券が当たるキャンペーンを実施しています。

動画を見て演習課題を解くと、このような結果画面が出ます。ツイートするボタンを押してツイートしていただくだけで応募完了です。

ツイートはどの講座・どの演習課題からでもOKなので、プログラミング初心者の方もぜひ挑戦してみてください。





paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

詳しくはこちら

paizaラーニング

そしてpaizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。

スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

詳しくはこちら

paizaのスキルチェック





※このブログで紹介しているキャンペーンやイベント、およびサイト内の情報については、すべて記事公開時の情報となります。閲覧されたタイミングによっては状況が変わっている場合もございますのでご了承ください。

ITプログラマー・エンジニア転職・就活・学習のpaiza

プログラミング入門講座|paizaラーニング

PHP入門編Ruby入門編Python入門編Java入門編JavaScript入門編C言語入門編C#入門編アルゴリズム入門編AI機械学習入門

エンジニアのためのプログラミング転職サイト|paiza転職

プログラミング スキルチェックエンジニア求人一覧

未経験からエンジニアを目指す人の転職サイト|EN:TRY

プログラミング スキルチェックエンジニア未経験可求人一覧

エンジニアを目指す学生の就活サイト|paiza新卒

プログラミング スキルチェックエンジニア求人一覧

ブラウザを開くだけで エディタ、Webサーバ、DB等の開発環境が整う|PaizaCloud