paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」(https://paiza.jp ギノ株式会社)の開発者が開発の事、プログラミングネタ、ITエンジニアの転職などについて書いています。

SIerのエンジニアが転職で後悔しないために必要な4つの対策

f:id:paiza:20181113141529j:plain
Photo by Tina Leggio
f:id:paiza:20180910132940p:plainこんにちは。倉内です。

実際に行動をしたかどうかは別にして「転職したいな…」と考えたことがある人は多いのではないでしょうか?

10/30に日経 xTECHに掲載された「SEの転職意識調査」では、転職を考えている人は全体の約7割という結果が出ています。結構多いですよね…。

しかしいざ転職活動をするとなると「自分のエンジニアとしてのスキルは外でも通用するのだろうか?」「転職して後悔する結果になったらどうしよう…」と不安を感じ、なかなか行動に移せないという人も多いと思います。実際に30歳目前でSI業界を飛び出し、転職を経験した私もそうでした。

そこで今回はSIerで疲弊し転職をした私が後悔のない転職を実現するためにどのようなことをやったかについてお話ししたいと思います。

転職を後悔しないために必要な4つの対策

変わることと変わらないこと、どちらが後悔するか考える

Excelにテスト結果のスクリーンショットを延々と貼っていると「このままでいいのだろうか…」と考えてしまうことってありますよね。私は激務でつらいとか以上に、そういった日々の仕事に対して行き詰まりを感じていました。

二次請け以降の受託開発の場合、元請け(とお客様)が決めたことは絶対です。こうすればもっとよくなるのに、こうしたほうがみんなハッピーになるのにと思っていても口には出しません。労力を割いても変えられないことを知っているからです。

しかしどうしても年齢を重ねるにつれて「上が決めたことだから」「ずっとこうやっているから」という言葉に違和感を抱くようになり、このまま変わらない(変えられない)環境に身をおいて、SEとして生き生きと働いている10年後、20年後の自分の姿を想像できませんでした

おそらく現状を見ないふりして淡々と仕事をしていても、そこそこ幸せだったかもしれません。それでも未知の領域への好奇心とチャレンジしてみたいという欲求に従って転職したほうが後悔はないだろうと判断しました。

もし転職中のあなたが、転職して仕事や生活が変わることへの不安や転職後に後悔するのでは…という不安のほうが大きいなら、転職についてもう一度よく考えてみることをオススメします。

自分がいなくても世界は回ることを心に刻む

転職をためらう要因として、「自分がいなくなったら担当していた仕事はどうなってしまうのか…」と心配している方は多いのではないでしょうか。

まさしく自分がそうだったのですが、転職前に担当していた案件は要件定義真っただ中で、自社が元請けだったため私が中心になって仕様の取り決めをしていました。もし今抜けてしまったら、プロジェクトメンバーだけでなくお客様に迷惑をかけてしまうのが本当に気がかりでした。

また、保守・運用フェーズのシステムも多数抱えていて、過去に有識者がごっそり異動したこともあり、全貌を把握しているのが自分一人だけという状態でした。

退職にあたってはもちろん後任者に引き継ぎはしましたが、レクチャーをしたときの様子だと転職後もメールや電話、最悪呼び出しがあるだろうな…と構えていました。しかし実際には転職直後に数回メールで軽い問い合わせがあっただけでした。

もちろん自分が思ってるほど重要な仕事をしていたわけではなかったという可能性は捨てきれませんが、会社ってそういうものなんだと知って気が楽になりました

これは結果論なので転職してみるまで分からないかもしれませんし、残されたメンバーが大変な思いをしている可能性もあります。でも、自分がいなくなったからといってプロジェクトは止まらないし、なんとかなるんです。そういうもんです。

スキルの棚卸しをして不足を補う

SIerでは経験を重ねるとプロジェクト管理業務を任されることになるため、もっと技術力を高めたい、もっと自分で手を動かしてサービスを作りあげたいという人は自社開発企業へ行きたいなと考えることが多いですよね。

しかしSIerのSE、特に元請けに近い位置で仕事をしているとプログラミングをすることはほとんどありません。実際に私が前職でやっていた仕事は新規顧客への提案活動と受注案件の上流工程およびプロジェクト管理です。

こういう状況におかれているSEが自社開発企業への転職を希望する場合、自発的にスキルアップする必要があります。既に自社開発企業へ転職していた同期に聞いてみたところ、みんな選考を受ける前にプログラミング学習を始め、選考では成果物を提示したと言っていました。

成果物をアピールするためのポートフォリオ作りについては、paizaラーニングで無料公開中の「ポートフォリオ制作」講座をぜひ参考にしてみてください!

病気になるほど多忙な人は除いて(そういう人はまずは休養を取ってください)、地道に学習する努力すらできない人は開発をメインにおこなうITエンジニアへの転職は厳しいと思います。

強みやキャリアはリセットではなく生かす

前述のとおり、自社開発企業で重宝されるようなプログラミングに関する技術がないSEは、キャリアはリセットになるのか…というとそうではありません

例えば、要件定義工程での「ユーザが望んでいるものをシステムに落とし込める」スキルは強みになりますし、それは受託開発だろうが自社開発だろうが必要になってきます。

私が転職を考えたのは29歳のときでしたので、その歳で前職の経験がまったく役に立たないというのはつらいですし、それなら企業も新卒を採ればいいとなってしまいます。

リセットではなく生かすと捉え、転職後も自分の強みを生かして活躍できる環境であれば後悔する可能性も低いだろうと考えました。

ただし、何はなくとも開発スキルが求められますので、paizaラーニングなどを利用してプログラミング力を向上させましょう。スキルチェックで自分のランクを測ることで客観的な評価も得られます。

paizaでは「特集:転職成功者の声」と題してpaiza転職を利用して転職を成功させた方々のインタビューを掲載しています。SIerから自社サービス企業へ転職された方のインタビューもありますので参考にしてみてください。

まとめ

SIerのエンジニアが後悔しない転職を実現するために実行したことについてお話ししてきました。

転職は仕事内容、働く環境、人間関係などを変えるための一つの手段ではありますが、転職したら全て解決するわけではありません

例えば、大手SIerから小規模なスタートアップに転職した場合、個人の裁量があって楽しく開発できて最高!と生き生き働ける可能性は大いにありますが、少数精鋭で周囲のエンジニアに追いつくのが大変…とSIer時代とは違った悩みが発生することもあります。

ITエンジニアに限らずですが、転職はゴールではなくスタートと捉え、転職してからも自分のキャリアについて考えていく必要があります。


paiza転職では、ITエンジニアの転職準備として「ITエンジニア・プログラマが転職で押さえたいポイント」を公開していますので参考にしてみてください。

また、ITエンジニアの転職をサポートするだけでなく、事務局が「自分のキャリアをどう考えたらいいかわからない」「すぐに転職したいというわけではないけど、いずれは考えたい」といった方のご相談にも乗っています。

詳しくはこちら
paiza転職





paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

詳しくはこちら

paizaラーニング

そしてpaizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。

スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

詳しくはこちら

paizaのスキルチェック

paizaがプログラミング学習コミュニティTechBatonに協賛・学習講座を無償提供

f:id:paiza:20181113010616p:plain

f:id:paiza:20151217152725j:plainこんにちは、吉岡(@yoshiokatsuneo)です。

プログラミングの勉強を始めるときは、本を読む、オンライン学習サービスを使う、プログラミングスクールに通う…などといった方法がありますよね。

周りにプログラミングを教えてくれる人がいれば質問もできますが、どうしても教える側・教わる側に分かれてしまいます。

教わる側の人は、学んだ内容をほかの人に教えたり情報共有したりすることで学びが広がりますし、教えることで考えが整理されたり、アウトプットすることで知識が定着したり…といった効果もあります。プログラミングを学びたい人同士で集う場があると、学びも広がりそうですよね。

TechBatonは、そうしたプログラミング学習者のためのコミュニティです。

paizaも「ITエンジニアにとっての学びと活躍の機会を増やすこと」を目指していますので、先日TechBaton代表の浅津さんと直接お話しして、「プログラミングが学べる場を作りたい」という思いに共感しました。

そこで、このたびpaizaがTechBatonに協賛させていただく運びとなりました。

TechBatonのイベントに参加された方限定で、プログラミングが動画で学べるpaizaラーニングとオンライン開発環境PaizaCloudの有料サービスを無償提供いたします。

note.mu


TechBaton参加者への提供内容

note.mu

  • TechBatonのチーム開発企画「TBチャレンジ」参加者全員に、PaizaCloudのライトプラン2ヵ月分を無償提供いたします。


paizaラーニングPaizaCloudについて、詳しくはこちら↓


PaizaCloud」は、環境構築に悩まされることなく、ブラウザだけで簡単にウェブサービスやサーバアプリケーションの開発や公開ができます。
https://paiza.cloud


paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

そして、paizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。

スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

paizaのスキルチェック

転職するなら知っておきたい!気になる企業情報の収集方法

f:id:paiza:20181113125102j:plain
Photo by Chris Feser
f:id:paiza:20140916135428p:plainこんにちは。谷口です。

転職を考えているエンジニアの皆さん、企業情報はどうやって収集していますか?企業のWebサイトや求人情報をちょっと見るだけで終わっていませんか?

「就活生のときみたいに企業研究してる暇なんかない!」という方もいるかと思います。

ただ、企業情報を見ずに転職を決めてしまうと、入社後に初めて業績不振や吸収合併の話が出ているのを知ったり、業務内容や労働環境に不満を感じたり…などといったことも起こり得ます。

事前に情報収集ができていれば防げたはずのミスマッチに悩まされるのは避けたいですよね。

そこで今回は、転職に役立つ企業情報を収集する方法やツールについて書きます。

企業研究・情報収集の前に…

企業情報を収集する前に知っておきたいのが、上場企業と非上場企業では、開示している情報に違いがあるということです

上場企業は会社情報の適時開示制度があるため、財務状況や事業戦略などのIR情報が開示されています。適時開示制度というのは、投資家へ適切な情報を提供するための制度です。この開示された情報は誰でも閲覧できるため、転職・就活・企業間取引などの目的でも参考にできます。

一方、上場していない中小企業やスタートアップは、制度がないためそういった情報が集めづらい傾向にはあります。ただ、最近はカジュアル面談などを実施して、役員や現場の人間に直接話が聞ける場が多く設けられています。

スタートアップ企業などの場合は、そのような機会を利用して生の情報を集めるのもよいかと思います。

IR情報

IR情報とは、主に上場企業が株主や投資家に対して、財務状況や事業戦略など、投資の参考になる情報を公開したものです(有価証券報告書 - Wikipedia)。(有価証券報告書やアニュアルレポートなどがあります)

企業の経営状況・市場の環境や、競合の環境をどう捉えているか、業績のいい事業・悪い事業とそれに対しどのような対策を考えているか、今後の事業展開などが記載されています。

有価証券報告書では、社員の平均年収や平均年齢等まで知ることができます。

会社四季報・就職四季報

会社四季報には、投資家向けに上場企業の財務データ、業績予想、事業の状況等が記載されています。就職四季報は、新卒向けに試験情報、採用人数、採用実績校、初任給、昇給率、離職率、育児休暇、残業時間などがまとめられています。

これらは、もちろん中途の転職活動でも使えます。例えば、業績や社員の平均年収や平均年齢、定着率や自己資本比率等を調べたり、複数企業の情報を比較したり…といったことができます。

会社四季報 2018年4集秋号 [雑誌]

会社四季報 2018年4集秋号 [雑誌]

就職四季報 総合版 2019年版 (就職シリーズ)

就職四季報 総合版 2019年版 (就職シリーズ)

企業のブログ記事・SNS・インタビュー記事・発表資料など

最近はブログやツイッターを運営している企業も多いですよね。ほかにも、エンジニアがインタビューに答えている記事や勉強会のスライド資料の場合もありますので、調べて見つかったものがあれば読んでおくといいでしょう。(面接で話のネタにもできます)

カジュアル面談などで直接聞く

最近は、応募者とカジュアルに話せる機会を設けている企業がたくさんあります。誰でも参加できる勉強会やミートアップを実施したり、先に職場見学や業務の説明を行う形式の面談をしている企業も珍しくありません。

ついでに、これは私が実際に転職活動をしていたときの話になりますが…私はよく面接の日時調整等の段階で「もし可能であれば、面接の前後の時間で現場で働いてる方ともお話できればと思うのですがいかがでしょうか?」と聞いて、現場の人と話をしたり質問したりする時間を作ってもらっていました。意外とOKしてもらえますし、「忙しいので無理です」と断られたとしても、特に失礼には当たりません。

paizaでも、多くの掲載企業が、私服で行けて企業側からも事業内容や開発業務についてなどの説明が聞けるカジュアル面談を実施しています。カジュアル面談は、一方的に質問をされるだけの面接ではなく、仕事内容や将来的なキャリアパス、必要なスキルなどについて詳しく質問することもできますので、企業や求人の情報収集にも最適です。

paizaのカジュアル面談」について詳しくはこちら

paizaの求人情報

paizaで掲載している求人情報には言語、フレームワーク、データベース、支給マシン、プロジェクト管理ツール、支給マシン、開発手法、開発内容などといった、エンジニアの知りたい情報が一般的な求人票よりもかなり詳しく記載されています

「この企業は最新の開発環境を積極的に取り入れてるな」「開発のための設備や制度が整っていてエンジニアが大事にされてるっぽいな」といったこともわかります。

まとめ

企業情報をきちんと調べておくと、自分とどれぐらいマッチしているか、入社したらどのようなことが求められるのか、といったこともわかり、転職活動を有意義に進めるのに役立ちます。

また、paizaでは「面接で聞きそびれた」「直接だとちょっと聞きづらい」といった質問は、事務局担当者を通して聞くことができます。

paiza転職について詳しくはこちら
paiza転職





paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

そして、paizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。

スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

paizaのスキルチェック