paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」(https://paiza.jp ギノ株式会社)の開発者が開発の事、プログラミングネタ、ITエンジニアの転職などについて書いています。

28歳で初めて転職を考え出したエンジニアが失敗しやすい4つの要因

f:id:paiza:20180511164136j:plain
Photo by Plusea
f:id:paiza:20140916135428p:plainこんにちは、谷口です。

30歳という節目を目前にして、28歳ぐらいで転職を意識し始める人って本当に多いです。

ただ、初めての転職でよく考えずに飛び出してしまうと、転職活動がなかなかスムーズに進まず、つまずいてしまいがちです。もっとひどいと、転職先での仕事が始まってから「思ってたのと違う…」「前職のほうがよかった…」なんて後悔することも珍しくありません。

28歳ぐらいで「ずっとこの会社でいいのかな?」「そろそろ転職したほうがいいのかな?」「転職した同世代の友人がうらやましい…」と感じている人は多いと思いますが、もう一歩進んで転職を成功させるためには何を考えたらよいのでしょうか?

今回は、そんな28歳ぐらいで初めて転職を意識し出したITエンジニアがつまずきやすいことと必要な対策についてお話しします。

■28歳で初めて転職を考え出した人がつまずきやすい要因

◆自分の市場価値を客観的に把握していない(社内評価イコール社外評価ではない)

転職経験がない人は、当然ですが社内での評価しか受けたことがないですよね。

30手前ぐらいの年齢になって、部下や後輩ができて新人でもなくなってくると「まぁ辞めてもどこかは拾ってくれるでしょ」という気持ちも湧いてくるかもしれません。が、仕事でかかわるのは自社の人間だけ、プライベートも勉強会や同業他社の友人と交流することはない…みたいな状態だと、「果たして自分の経験やスキルは社外でも通用するものなのか?」なんて意識したことない人が大半だと思います。

◆キャリアの棚卸しができておらず自分の経験やスキルをうまく伝えられない

転職経験がない人は、自己アピールなど面接で聞かれがちな項目について、就活生のとき以来考えたこともないですよね。

面接は、応募者と企業がお互いを見極める場です。どちらかが一方的に相手を評価するという場ではありませんが、当然ながら落ちたらその先へは進めないわけですから、自分にはどんなスキルや経験があり、どんなことが得意で何ができるのか…といったことを的確に伝える必要があります

しかし初めて転職をする人は、スキルの棚卸しができていなかったり、社外で求められるスキルや経験を知らないために、自分のスキルや経験を的確に伝えられなかったり、アピールポイントがズレていたりするケースが非常によくあります。(開発職に応募しているのに「〇年間PMとしてマネジメントをやっていました!」でアピール終了みたいな…)

そのまま転職活動を始めても、「これまで何をやってきたのか、何ができる人なのかがよくわからなかった」「うちの仕事で成果を上げてくれるイメージができない」といった理由で落とされてしまいます。

◆エンジニア不足だからいつでも転職できると思っている

「エンジニア不足が叫ばれているからどこかには入れるでしょ」と思っている人もいるでしょう。たしかに28歳ぐらいの年齢なら、年収を下げて選ばなければ、受け入れ先はあるかと思います。ただ、それは給与レンジが新人レベルでよいのであれば……という前提になります。

年収を上げたいもしくはキープしたいのであれば、当然ですが中途経験者(=即戦力)としてすぐに成果を上げることが求められます。

これを知らずに何となく20代をすごして、年齢を重ねてから「今のままでいいのかなぁ」と不安になってようやく転向を目指しても、企業側からしたら「それなりの開発経験やスキルがあってそれを発揮してくれる人がほしいんですけど、そういうのありますか?」となってしまいます。

■転職を成功させるために必要なこと

◆キャリアを棚卸しして自分を知る

スキルや経験を棚卸しして客観的に把握しておくと、すぐに転職する・しないにかかわらず、自分のキャリアを見直すのに役立ちます。

今までどんな環境で、何のシステムの、どの工程を、どんなチームで、どれくらい作ってきたか、何が大変だったか……今までの業務経験全てを思い出して書き出してみましょう。

これができていれば、採用選考でも自分と企業の接点になりそうなところを的確にアピールすることができます。

たとえば「Ruby経験者募集」の求人なら、Rubyで開発したり勉強したりした経験を重点的に伝えて、ほかの言語での経験はさらっと触れる程度でよいかもしれません。別の企業で「チームリーダーの経験がある人が欲しい」という求人に応募するなら、リーダー業務の経験を深掘りしてアピールした方がいいですよね。

逆に棚卸しや接点の深掘りができていない人の中には、「Ruby経験者募集」の企業なのに、長くやっていたからといってJavaの経験ばかりアピールしたり、ゲーム開発者を募集している企業で「金融系のプロジェクトマネジメントができます!」と言ってしまったりするような人もいます。極端な例でしたが、ズレたアピールをし続けても面接は通過できません。

◆転職理由を明確にしておく

中途転職の面接で、転職理由は必ず聞かれます。はっきり言って志望動機より聞かれます。

それなのに転職理由を明確にしないまま転職活動を始める人は少なくありません。

もっと言うと「私の転職理由は、前職がこ~んなにブラック企業だったからです!」という話しかできず(それは「転職理由」ではなく「退職理由です」)、肝心な「今回の転職で叶えたいこととその理由」をきちんと考えられていない人が非常に多いです。

転職活動で必要な転職理由とは、「今回の転職でどんな仕事ができる会社に入りたいと思っているのか、どうしてそう思うようになったのか……」であって、「前職のこんなところがダメで……」といった退職要因ではありません。

前述のキャリアの棚卸しをしていると、現職に対する不満も浮かび上がってくると思いますが、そこからさらに踏み込んで「では次はどんな仕事ならその不満が解消されるのか?」「転職して何を叶えたいのか?」まで考えておきましょう。

転職理由の考え方についてはこちらの記事でも詳しく解説しています。
paiza.hatenablog.com

◆興味ある分野の勉強

「○○(開発環境など)に興味はありますか?」という質問に「あります!」と答えておきながら、「じゃあどんな勉強してるの?」と突っ込まれると、「いえ、勉強は特にまだ何も……」「これからやろうと思ってます」と答える人は非常に多いです。

「興味はあるけど何もしていない」のは「まったく興味がない」のと同じです、結局何もしていないので…。興味がある人は自分から手を動かしてやっています。

最低限、転職して進みたい分野でよく使われている技術などは、調べて触っておいたほうがよいでしょう。

たとえば、「Webサービスを自社開発している企業に行きたい」と思ったらRailsチュートリアルを進めておくとか、自分で簡単なサービスを作ってみるとか、「ゲーム開発がしたい」と思ったらUnityを使ったゲームの作り方を勉強してみるとか……これは一例ですが、「実際に自分でやってみて、こんなことがわかりました」と言える人と、「何もやってません」と言う人では、評価は全然異なります。

■まとめ

30手前で転職しようと思ったら、新卒・第二新卒のような新人と同じ扱いではなくなりますから、上記のような取り組みはある程度必要になってくるかと思います。

また、転職する・しないにかかわらず、目の前の仕事に対して「これは外から見たらどんな仕事なのか?」「この仕事で人にアピールできるのはどんな点か?」という目線を持つことは、自分のエンジニアとしての価値を客観的に把握し、高めていくのに役立つはずです。

自分の市場価値やキャリアプランなどについてを考えていなかった人は、そのあたりからまず意識してみるとよいかと思います。




paiza転職は、転職時のミスマッチをなくし、エンジニアがより技術面にフォーカスしたやりがいある仕事を探せる転職サービスです。プログラミングスキルチェック(コーディングのテスト)を受けて、スコアが一定基準を超えれば、書類選考なしで複数の会社へ応募ができます。

詳しくはこちら
paiza転職

まずはスキルチェックだけ、という使い方もできます。すぐには転職を考えていない方でも、自分のプログラミングスキルを客観的に知ることができますので、興味がある方はぜひ一度ご覧ください。

詳しくはこちら
paizaのスキルチェック

Pythonでブロックチェーンを実装して採掘までやってみたので解説する

f:id:paiza:20180509180714j:plain
Photo by Stock Catalog
秋山です。

皆さんは暗号通貨で遊んでいますか?

エンジニアの中には、ブロックチェーンなど暗号通貨で使われている技術に興味がある…という人も多いのではないでしょうか。最近は、ブロックチェーンを活用した新しいモノもどんどん増えていますね。

というわけで今回は、ブロックチェーンや採掘(≒Proof of Work)について、Pythonでコードを書きながら説明してみたいと思います。

■ブロックチェーンをPythonで実装してみる

最も単純なブロックチェーンの場合、ブロック単位のデータにハッシュ値があり、そのハッシュ値は一つ前のブロックのハッシュ値を含んで計算されています。そのため、すべてのデータはチェーン上に繋がって前後関係のもとにある…という状態です。

ハッシュ値が何かわからない人はググったりして調べていただければと思いますが(ハッシュ値(ダイジェスト値)とは - IT用語辞典)、ざっくり言うと、各データを要約した数列…のようなものです。

プログラミング的に表現すると、例えば配列に要素を追加するときは、必ず1つ前の要素をハッシュ値として含む…みたいなことです。

文章だけで説明するのは大変なので、とりあえず実際にコードで書いてみましょう。(実用するには脆弱なコードだとは思いますが、とりあえずこの記事で説明に使うためのコードとして大目に見てください…)

最後の行で順に出力した結果を見ると、最初のブロックを除いて、すべてのブロックが一つ前のブロックのハッシュ値を含んでいる鎖(チェーン)のような構造ができていますよね。

図にすると以下のような感じです。Bitcoinなどと比べてもかなり簡略化されたブロック構造ですが、ブロックチェーン的な構造になっています。

f:id:paiza:20180510150446p:plain

このチェーン構造は、途中でデータの書き換えが発生すると、当然ハッシュ値も変わってしまいます。そのため、どこかで書き換えが発生すると、それ以降のハッシュ値は全て再計算しなければなりません。

下図のように、一つ前のブロックのハッシュ値も含まれるため、2番目以前の書き換えが起こっても矛盾が発生してしまいます。

f:id:paiza:20180510150501p:plain

このような形で、ブロックチェーンは改ざんを検出できるようになっています。

ただ、どのブロックチェーンが真であるかは多数決なりで決まるため、この場合、たとえば悪意のある人が大多数で都合のいいように書き換えて、すべてのチェーンのハッシュ値を別のものへ置き換えてしまったりすると、取引データの改ざんが可能となってしまいます。

前述の簡単なコードだと、たとえば5ブロック分の取引を改ざんした上でハッシュ値を再計算し、複数人で「こっちが本物です」と言えば改ざんも可能となってしまいます。

■ルールを追加してみる

改ざんを防ぐために、新しいブロックを追加する際のルールを追加導入します。

  1. 新しいブロックのハッシュ値には任意の値を加算し、ハッシュ化した際にn桁目までは0で埋めなければならない。
  2. 1を満たす値を計算する際、取引データには好きな値を一つだけ加えてよい。

1.はブロックを作る時間をかけさせるために、任意の値(これ以降 nonce と呼びます。number used onceの略称で「一度だけ使われる値」という意味です)を探させます。(また「n桁目までは0で埋めなければならない」のn桁目は、これ以降difficulty(難易度)の頭をとってdiffと以降呼びます)

2.は、その計算をしてくれた人へのご褒美ではないですが、好きな値を一つだけ加えられる権利を与えます。このルールがあることによって、Bitcoinで言う採掘報酬、現在は12.5btcを好きなアドレスにもらえる権利…みたいなものが発生します。

で、このルールが追加されることによってどんないいことがあるかというと、新しいブロックを生成するのに時間がかかるようになります。ブロックチェーンでは、あるブロックを改ざんしようと思ったら、それ以降の連なるブロックも、すべて正しいハッシュ値に調整し直す必要がありますから、改ざんする場合も時間がかかってしまうのです。

今回のコードでは、paiza.IOでも実行できるようにブロックの生成時間は短くなるようにしていますが、これを10分、20分、30分…と延ばしていくことも簡単にできます。たとえば5ブロック分を改ざんしようとして5ブロック×10分の時間をかけていると、10分後には新しいブロックが追加されているため、永久に追いつけない…つまり改ざんができない!となるわけです。(もちろん5倍の計算力があるスーパーコンピューターを持っている人がいたりすると話は別ですが…)

それでは前述のコードにルールに沿った処理を追加していきましょう。

import hashlib, json
 
class Block:
    def __init__(self, index, timestamp, prev_hash, transaction):
        self.index = index
        self.timestamp = timestamp
        self.prev_hash = prev_hash
        self.transaction = transaction
        self.diff = 4 #難易度 diff を追加
        self.now_hash = self.calc_hash()
        self.nonce = None #採掘時に計算する対象 nonce を追加
 
    def calc_hash(self):
        joined_data = {
            'index'       : self.index,\
            'timestamp'   : self.timestamp,\
            'prev_hash'   : self.prev_hash,\
            'transaction' : self.transaction,\
            'diff'        : self.diff
        }
        json_text = json.dumps(joined_data, sort_keys=True)
        return hashlib.sha256(json_text.encode('ascii')).hexdigest()

ここで、nonceが正しいかをチェックする関数を作ります。

nonceが正しいかどうかを判断するのは、「sha256( 現在のブロックのハッシュ値 + nonce ) の上 diff 桁目までが 0 で埋まっているか?」という条件です。

この条件を満たすならTrue、満たさないならFalseを返す関数を作りましょう。

def check(self, nonce):
    nonce_joined = self.now_hash+str(nonce)
    calced = hashlib.sha256(nonce_joined.encode('ascii')).hexdigest()
    if calced[:self.diff:].count('0') == self.diff:
        return True
    else:
        return False

こんな感じですね。

ただ、チェックする関数だけがあっても、nonceを手で計算しまくって探すわけにもいかないので、今度は探す関数を作りましょう。と言っても、愚直にnonceを1ずつ増やしてハッシュ値を計算していくだけの関数です。

def mining(self, append_transaction):
    nonce = 0
    self.transaction.append(append_transaction)
    self.now_hash = self.calc_hash() #報酬の好きな取引を一つ入れた後にハッシュ値を再計算、このハッシュ値に nonce を足して上diff桁まで0が続くものを探していきます。
    while True:
        nonce_joined = self.now_hash+str(nonce)
        calced = hashlib.sha256(nonce_joined.encode('ascii')).hexdigest()
        if calced[:self.diff:].count('0') == self.diff: #見つかった場合は処理を抜ける。
            break
        nonce += 1
    return nonce

sha256はハッシュ値から任意の元のデータを作る(ここでは対応するnonceを作りたい…)のが現実的な計算時間では困難なので、愚直に計算するしかありません。

関数の引数の append_transaction は、採掘報酬として好きな取引を追加するための引数です。

■ルールを追加した結果を見てみる

関数もできたので、これらがちゃんと動作するか試してみましょう。

先ほどはブロックをただ繋げただけでしたが、今回は繋げる前に採掘をして、nonceを得るという作業があります。nonceは何も考えずに加算しているので、その数が採掘にかかった時間と考えればいいですね(時間と言っても今回は1秒以下ですが)。

また、今回はdiffを4としていますが、5以上にするとpaiza.IOではタイムアウトしてしまうので注意してください。

この結果を簡単に図にしてみました。最初とは違って、nonceという要素が加わっています。

f:id:paiza:20180510154402p:plain

さらにnonceとブロックのハッシュ値を使って、ブロックが難易度通りにルールを守っているか?を検証する流れは、以下の図のような感じです。

f:id:paiza:20180510154423p:plain

こんな感じで、nonceが真であるか否かのチェックは一度の計算でできます。

一方でnonceを探すには、今回のブロックで言うと 48192 回の計算を行っています。採掘している人が複数いる場合を考えると、採掘報酬の書き込みをしてハッシュ値を計算…という流れが前段に入ります。そのためブロックのハッシュ値は人によって変わるので、nonceの値も採掘している人たちそれぞれが別のモノを探すことになります。

それぞれのブロックはこのようにしてnonceを採掘し、正しいnonceかどうかを周りが確認して、正しいnonce・正しいデータであると皆が認めたものだけが繋がっていく…というわけです。

■まとめ

上記の例ではdiff = 難易度 を固定値として4を使いましたが、これを調整することで採掘を困難にさせたり、平均10分程度で採掘が終わるように調整させたり、Bitcoinみたいなこともできるようになります。

また、複数人で採掘を行う場合、nonceを見つけたブロックが枝分かれのように複数になってしまう場合もあり得ます。その場合は、それぞれのプログラムで採掘された結果に対して、最も長いブロックチェーンが優先されるというルールが導入されます。

たとえば、1番目のブロックが生まれ、Aさんが 2番目、3番目のブロックを作った時に、 Bさんが遅れて2番目のブロックを採掘してしまったとします。このとき、Aさんの作った2番目のブロックの nonce とBさんの作った2番目のブロックの nonce は異なっています。ここで最も長いブロックチェーンを優先するというルールに基づいて、Bさんは 2番目のブロックを破棄し、Aさんがすでに採掘したブロックを自分のブロックに取り込み、 4番目のブロックの採掘に取り掛かる…ということになります。(Bさんのブロックに取引を書き込んでしまった人の取引は巻き戻ることになります)

Bitcoinを使ったことがある人は、送金しても取引所にすぐ反映されない…といった経験があるかと思います。これは、上記のような巻き戻りを避けるために、一定のブロック数が進むまで待機状態になっているような場合が多いです。Bitcoinではよく6ブロック待ったりします。

機会があれば、そのへんの話も実際のコードと突き合わせながら書けたらと思います。


ほかにも暗号通貨やPythonや機械学習などに関する記事をいろいろ書いているので、興味のある方は見てみてください。
paiza.hatenablog.com
paiza.hatenablog.com

「プログラミング自体が初心者なので、まずはPythonを使えるようになりたい!」という方は、プログラミングが動画で学べる「paizaラーニング」の「Python入門編」(今年から全編無料になりました)から始めてみてください。
paizaラーニング

途中でブログパーツとして使ったオンライン実行環境サービス「paiza.IO (パイザ・アイオー)」はこちら



 
PaizaCloud」では、環境構築に悩まされることなく、ブラウザだけで簡単にWebサービスやサーバアプリケーションなどの開発・公開ができます。
https://paiza.cloud

 


 

paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

詳しくはこちら

paizaラーニング

そしてpaizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。

スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

詳しくはこちら

paizaのスキルチェック

【19卒】4月時点で4人に1人が内定持ち!?出遅れた就活生向けの対策とは

f:id:paiza:20180509163133j:plain
Photo by aiesecgermany
f:id:paiza:20140916135428p:plainこんにちは、谷口です。

2019年卒業予定の皆さん、就活は進んでいますか?リクルートキャリアの調査によると、今年は4月1日時点で19卒の20.5%が内定を所有しているそうです。

今年の選考開始は6月からのはずなのに、なぜ既にこんなに多くの人たちが内定を獲得しているのでしょうか。また、就活を始めたばかりの人・まだ就活してない人は、これからどうすればよいのでしょうか?

今回は4月時点での19卒採用の状況と、「まだほとんど就活してない……」という人が巻き返すための対策をお話しします。

■19卒、4月1日時点での内定率

リクルートキャリアの調査によると、2017年4月1日時点での大学生の就職内定率は20.5%(去年の同時期と比べて6.0ポイント上昇)となっています。すでに19卒の4人に1人が内定を持っているということですね。

www.recruitcareer.co.jp

毎年の就活スケジュールは経団連からの通達によって決められていますが、この経団連に加盟していない中小企業やスタートアップ、メガベンチャー、外資系企業などは例年もっと早い段階から採用活動を開始しています。

「選考開始は6月から」と思ってのんびり構えていた人や、就活をしたくても研究などで忙しくて手が回っていない人にとっては寝耳に水かもしれません…が、毎年同時期の内定率は大幅上昇を続けており、早期から採用活動を開始する企業も増加傾向にあります。

採用解禁時期にテコ入れがあってからというもの、企業側も大手企業に学生をとられたり、予定していた採用人数の確保ができなかったりといった採用活動の難航に苦しめられてきました。そのため、前述のような経団連に加盟していない企業群は、大手企業が採用活動を始めるよりも早い段階で内定を出して、優秀な学生を確保しておこうとする傾向が強まり、その結果がこの内定率にも表れている…というわけです。

また、大手企業も大手企業で選考解禁まで何もしていないかというと、そうではありません。優秀な学生を他社にとられてしまわないために、早期からのインターンシップや説明会の実施に力を入れて、解禁と同時に内定を出すような企業も少なくありません。

例年の動向を見ていると、企業側も学生側もどんどん動き出しが早まっているようです。

■就活に出遅れている人のパターン

paiza新卒でも、周りの同級生が意外と内定を持っていたり、就活を順調に進めていたりするのを知って、「就活に出遅れてしまったようなのですが、どうしたらよいでしょうか?」といったご相談を受けることが増えてきました。

出遅れ気味の人は、大体以下のパターンのどれかに当てはまるかと思います。

◆就活やりたくなさすぎて先延ばしにしている人

初対面での会話や自己アピールが苦手なせいで、面接やエントリーシートに苦手意識を感じる人は多いですよね。こうした人たちは、毎年「苦手だからこそ早くから対策を始める人」と「苦手だからやりたくなさすぎて後回しにする人」に分かれます。

後回しにしてしまう人は、もともと苦手な上に対策も遅れているため、新卒求人が減ってきた頃にようやく焦り出す傾向にあります。

◆いまいち危機感がなくてのんびりしている人

就活生としての自覚や危機感をいまいち感じられていない人がこれに当てはまります。今までずっと学生でいたから就職する実感がいまいちわかない、まあ最終的にどこかに入れればいい、どこでもいいからどこかには入れるでしょ、といった感じで、周りが内定を取り出したのを見て、最近になってようやく腰を上げ始めたような人たちです。このタイプも毎年一定数います。

◆受ける企業や目指す職種の方向性がまだ定まってない人

就活をする気はあるけど、自分のやりたいことが固まりきらず、あまり動けていないような人も少なくありません。

paiza新卒はITエンジニアの求人に特化したサービスですが、毎年「プログラミングが好きで個人的に勉強をしているが、専攻は情報系ではなくまた別の分野なため、どちらの方向に進もうか迷っている……」といった人は本当に多いです。

迷いがあるせいで積極的に動けない、また応募をしても志望動機などが曖昧になってしまって選考を通過できない…というタイプです。

◆そもそも忙しくて就活する暇がない人

paiza新卒はITエンジニアの求人に特化したサービスですが、特に理系の学生は研究などが忙しくてまだ全然就活できない、しばらくは就活どころじゃない…といった方々も多いです。

■これから就活に本腰入れる人の打開策

では、就活に出遅れたと感じている人はこれからどうしたらよいのでしょうか?

◆まず動く、話はそれからだ

面接というのはある程度慣れが必要なものです。話をするのが苦手な人でも、何社か受けてきたら慣れてスムーズに話せるようになってきて、通過できるようになった……というのはよくあるケースです。

paiza新卒でお話を聞いた内定者の中には「選考を受けて、初めて自分は面接が苦手なんだと気付き、そこから練習などの対策を考えるようになった」という人もいました。

第一志望の大本命企業の面接を受けるにしても、ぶっつけ本番で初めての面接よりも、何社か受けてある程度面接の感覚をつかんでから受けた方がスムーズに進みそうですよね。

また、選考を受けたり面接で応募者側からも質問することで、その企業や業界構造、仕事内容がよくわかって「自分にはこっちの業種や職種がよさそう」といった感じで、目指すべき方向性が見えてくる場合もあります。(実際そういう人は多いです)

「苦手意識がある」「迷いがある」といった人も、とりあえず動き出してみないことには、どんな対策をすべきかがわかりません。

paiza新卒からの応募であれば、運営事務局が応募者と企業の間に立ち、直接やり取りをしなくても、面接時のフィードバックやアドバイスを受けることができ、面接における具体的な改善点や評価された点を知ることもできます。

◆既存の就活の進め方にこだわらない

最近は、既存のスタイルとは異なった就活の方法が多々あります。時間がない人や一般的な就活がとにかく嫌だという人は、視野を広げて、新しい採用選考を行っている企業やサービスを選択肢に入れるのも一つの手だと思います。

◆19卒向け・独自の採用選考を実施する就活サイト

キャリアセレクト


キャリアセレクトは、登録するとエンジニア・デザイナーを募集している企業からのオファーが届く、スカウト型の就活支援サービスです。

ViViViT


ViViViTは、ポートフォリオを登録し、デザイン・アート・プログラミングに関連した企業を探すことができます。企業と学生が互いに話したいボタンを押すと、チャットルームで直接やりとりすることができます。

paiza新卒


paiza新卒は、規定のプログラミングスキルがあれば大手企業からベンチャー企業まで全て事前のES選考なしで応募ができる就職活動支援サービスです。

プログラミング問題を解いてスキルランクを獲得した上で企業に応募ができますので、自分のプログラミングスキルのレベルが明らかとなり、プログラミングができる人ほど有利に就活を進めることができます。

Skype面接OKの企業も多数掲載しており、自宅にいながら面接を受けることも可能です。「東京の企業に就職したいけど、地方に住んでいるので交通費が……」「研究で忙しいのに、移動に時間がかかりすぎるのはちょっと……」という方もぜひご利用ください。

さらに、paiza新卒では「就活支援金制度」を実施しています。スキルランクが高い学生の就活をサポートするため、最大3万円分を補助する制度です。こちらもぜひチェックしてみてください。

「就活支援金制度」の申請について、詳しくはこちら
paiza就活支援金とは | ITエンジニアを目指す学生の就活サイトpaiza新卒

■まとめ

周りの人が内定を持っていたり選考を通過していたりするのを見ると焦るかもしれませんが、なかなか内定が出ない人や選考が進まないからといって、その人が劣っているなどということは絶対にありません。ただ、早めに就活を始めておけば、そのぶん後で楽ができます。

最近は上記のような特徴的な就活サービスも増えてきましたし、面接やエントリーシートが苦手だと内定とれない、時間をかけないと内定とれない…という時代でもなくなってきました

paiza新卒も、プログラミング問題を解いて規定のランクを獲得できていれば、事前の書類選考なしに必ず企業と面談できるため、プログラミングができる人ほど有利に就活を進めることができるサービスとなっています。

また、「ITエンジニアの就活準備編」では、エンジニアのキャリアや働き方がわかる「業界構造を学ぶ」、就活で使えるポートフォリオの作り方がわかる「ポートフォリオ制作」のレッスンを全編無料で公開中しています。就活に役立つ情報が、動画を通して気軽に学べます。
www.youtube.com




paiza新卒」は、ITエンジニアを目指す人たちのための、IT/Webエンジニア求人に100%特化した就職サービスです。プログラミングスキルチェック(コーディングのテスト)を受けて、スコアが一定基準を超えれば、書類選考なしで複数の企業へ応募ができます。

paiza新卒

まずはスキルチェックだけ、という使い方もできます。自分のプログラミングスキルを客観的に知ることができますので、興味がある方はぜひ一度ご覧ください。

paizaのスキルチェック

また、paiza新卒をご利用いただいている企業や、paiza新卒を使って就職に成功した方へのインタビューもございます。こちらもぜひチェックしてみてください。