paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」の開発者が、プログラミングやITエンジニアの転職などについて書いています。

エンジニア向け・効率的なゆるい転職活動で内定を得る4つのプロセス

f:id:paiza:20180625143430j:plain

f:id:paiza:20140916135428p:plainこんにちは。谷口です。

転職に興味はあっても、転職活動はなかなか面倒なものですよね。

特にエンジニアの中には

  • 一般的な転職活動の課程や準備がいちいち面倒くさい、できれば楽に転職したい
  • 現職が忙しい、時間をかけず効率よく転職したい
  • 今すぐ絶対転職したいわけではないけど、現職よりよい条件で採用してくれるところなら話を聞いてみたい

といった方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、エンジニアがなるべく面倒を省いてゆるく効率的に、でも希望に合った転職をかなえるための転職活動方法についてお話しします。

面倒な転職活動は嫌だけどもっといいところに転職したい、転職活動にさける時間があまりない、転職に興味あるけどまだやりたいことや転職理由が固まっていないといった方の参考になればと思います。

ゆるく、でも効率的にできる転職活動のプロセス

1.自分の業務経験や転職理由について思い出してみる

まずはこれまでの業務経験やどんなスキルがあるか、何ができるかといった経歴を思い出してみましょう。転職サービスやエージェントを利用するときには、このような経歴を登録したキャリアシートが必要になります。

転職の意思が固まっていない場合も、リファラルなどで他社の人とゆるく話すときでも、最低限「あなたが何をやってきたどんな人なのか」は聞かれます。今の段階で、ゆるくでも思い出して書き出しておけば、その際の意思の疎通がスムーズになります。

また、あとで詳しく説明しますが、最近は多くの転職サイトやエージェントが求人募集企業からのスカウトを受けられるサービスを実施しています。企業が応募者をスカウトする際に判断軸にしているのが、このキャリアシートの情報です。キャリアシートをしっかり記入しておけば、自分で応募する企業を探しに行かなくても、条件やスキルがマッチする企業からスカウトしてもらえる可能性も高まります。

記入と言われると面倒に思うかもしれませんが、必要なのは今まで自分がやってきた仕事の情報なのですから、意外と思い出しながらやるとあっさり書けるものです。

すぐに転職する気がない人でも、これまでの経験を振り返っておくと、自分の立ち位置を把握したり、これからどんな方向を目指すかを考えたりするのに役立ちます。定期的にやっておいて損はありません。

ちなみにpaiza転職では、このキャリアシートの入力サポートも実施しています。履歴書と職務経歴書をお送りいただければ、キャリアシートの「経歴概要」「経歴詳細」の2項目の下書きをお送りいたします。

詳しくはこちら

2.paizaのスキルチェックを解いてみる

paiza転職では、プログラミングスキルチェック問題を公開しています。

スキルチェックに挑戦すると、結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。求人ごとに規定されたランクを獲得できていれば、事前の書類選考なしでカジュアル面談か一次面接に進めますので、気になる企業があればすぐに話を聞きに行くことが可能です。

また、paiza転職の場合はキャリアシートとあわせてこのスキルランクも企業からのスカウトの判断軸となります。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「効率的に転職活動がしたい」という方も、「特に転職したいわけではないけどプログラミング問題を解いてみたい」という方も、ぜひチャレンジしてみてください。

スキルチェックについて詳しくはこちら
paizaのスキルチェック

3.スカウトサービスを受けてみる

最近は、ほとんどの転職サイトやエージェントがスカウトサービスを実施しています。

paiza転職に限らず、「とりあえずキャリアシートだけ登録しておいて、よさそうな企業からスカウトがきたときだけ話を聞きに行く」という方法で、ゆるく待ちの姿勢で好待遇の転職先を探しているエンジニアの方も少なくありません。

paiza転職でも以前からスカウトサービスは実施していましたが、ただいま期間限定で、入社の際に年収600万以上かつ現年収を保証する「年収保証スカウト」を実施しています。

年収保証スカウトを受けるのに必要なのはキャリアシートの登録とスキルチェック問題の受験のみです。前述の通り、キャリアシートの作成サポートも実施しています。

また、この年収保証スカウトで転職先が決まり、実際に入社された方にはpaiza転職から転職お祝い金として、10万円分のAmazonギフトカードもしくはApple Storeギフトカードをお送りします。

年収保証スカウトの参加受付は2020年01月29日(水)12時まで、キャリアシートの作成サポート受付は2020年01月23日(木)までとなります。

年収保証スカウトについて詳しくはこちら
年収保証スカウト

4.カジュアル面談に行ってみる

paiza転職では、多くの掲載企業が、私服で行けて、企業側からも事業内容や業務に関する説明が聞けるカジュアル面談を実施していますので、「書類選考から始まるのは面倒くさいな」「まだ絶対に転職したいわけじゃないけど話を聞いてみたいな」という方でも転職活動を始めやすいかと思います。

これからやりたいことが明確でない人でも、いろいろな企業の話を聞いてみると「こんなサービスがあったのか」「この技術もいいな」「Aの分野よりはBの分野のほうが興味あるな」などと、自分の方向性が見えてきたりします。

別に転職活動をしたからといって、転職をしなければならないわけではありませんし、「転職活動」イコール「転職」なわけではありません。カジュアル面談のあとに選考を辞退することもできますし、前述のスカウトが届いた場合も気が向かなければ断ることができます。

軽い気持ちで動いてみても、情報が得られたりやりたいことが見つかったり、少なくとも自分の今後を考えるヒントは得られるはずですので、あまり構えすぎずにゆるく始めてみるのもアリかと思います。

paiza転職カジュアル面談について詳しくはこちら

まとめ

というわけで、ゆるく効率的に転職活動をする方法について書いてみました。

今は、昔ながらの書類を企業ごとに自分で用意して、それを送って、書類選考の結果を待って、一次面接の日程調整をして…という方法だけでなく、とりあえず登録しておいてスカウトを待つ、条件のよい企業に絞って選ぶ、事前の書類選考なしで話を聞きに行ける、といった効率的な方法の転職活動もできる時代になっています。

エンジニアにとって、転職活動も無駄を省いて効率的にできたほうがよいかと思いますので、「転職したいけど面倒なのは嫌」という方は、ゆるく効率的な転職活動を始めてみてください。

paiza転職年収保証スカウトについて詳しくはこちら
年収保証スカウト


paiza転職では、スキルチェック問題を解いて、スコアが一定基準を超えれば、事前の書類選考なしで求人応募ができます。また、多くの掲載企業が、私服で行けて、企業側からも事業内容や業務に関する説明が聞けるカジュアル面談を実施していますので、「書類選考から始まるのは面倒くさいな」「まだ絶対に転職したいわけじゃないけど話を聞いてみたいな」という方でも転職活動を始めやすいかと思います。

paiza転職カジュアル面談について詳しくはこちら

paiza転職スキルチェック問題について詳しくはこちら
paizaのスキルチェック

paiza転職について詳しくはこちら
paiza転職




paiza転職は、転職時のミスマッチをなくし、エンジニアがより技術面にフォーカスしたやりがいある仕事を探せる転職サービスです。プログラミングスキルチェック(コーディングのテスト)を受けて、スコアが一定基準を超えれば、書類選考なしで複数の会社へ応募ができます。

詳しくはこちら
paiza転職


まずはスキルチェックだけ、という使い方もできます。すぐには転職を考えていない方でも、自分のプログラミングスキルを客観的に知ることができますので、興味がある方はぜひ一度ご覧ください。

詳しくはこちら
paizaのスキルチェック

転職で年収がアップしたのは何%?年収アップできる人の特徴とは

f:id:paiza:20200109022813j:plain
f:id:paiza:20180910132940p:plainこんにちは。倉内です。

ITエンジニアの皆さんは、どんな理由で転職を考えたことがありますか?

もっと面白いことをやりたい、新しい技術に触れたいといった理由で転職をする方もいると思いますが、年収を上げたいという方も多いのではないでしょうか。(もちろん年収アップだけが条件ではないと思いますが…)

今すぐ転職したいわけではなくても、もし今よりいい待遇を提示されたら転職してもいいかなと思っている人もいますよね。

しかし、転職で年収が上がるどころか下がる可能性もあるのでは…という不安から、なかなか転職に踏み切れない人も多いと思います。

そこで今回は、「実際に転職した人は年収が上がっている?」「転職してよかったと感じている人が多い?それとも後悔している人が多い?」などを調べてみました。

転職と年収の関係

◆転職で年収がアップした人の割合

まず、厚生労働省の「平成30年雇用動向調査結果」の賃金変動状況を見てみましょう。

f:id:paiza:20200109122340p:plain
出典:平成30年雇用動向調査結果の概要 - 転職入職者の状況(厚生労働省)
※転職入職者とは:転職者のうち前職雇用者で調査時在籍者のこと。自営業からの転職者は含まず。

若いほうが現年収が低いため転職すると上がりやすい傾向にあります。とはいえ、1円でも上がったら上がったことになるので「1割以上の増加」にも注目してみると、30代までは約3割が該当することが分かります。

次にリクルートワークス研究所の「全国就業実態パネル調査2019」の結果を見てみます。さきほどと少し見方を変えて、転職前と転職後1年目、2年目でそれぞれ年収がどう変わったかが分かります。

f:id:paiza:20200109115059j:plain
出典:全国就業実態パネル調査2019(リクルートワークス研究所)

前職と転職後1年目の比較では「10%以上アップした」割合が若年層~ミドル層で約3割です。この時点では概ね転職時の年収比較と同じような数字が出ています。

f:id:paiza:20200109115110j:plain
出典:全国就業実態パネル調査2019(リクルートワークス研究所)

一方で、2年目との比較では「10%以上アップした」が5割を超える結果となりました。転職後の昇給で年収アップが実現できることも多いといえそうです。

ただ、裏を返すと、転職時に7割、転職後2年が経過しても半分の人は大きな年収アップができていないことになります。

 
ちなみにpaiza転職では現在、年収保証スカウトという年収600万円以上かつ現年収以上が保証される入札型スカウトを実施しています。参加に必須なのはキャリアシートの登録のみとなっていますのでぜひご検討ください。(※さらに、paizaのスキルチェックでプログラミングスキルを判定しておくと、スカウトをもらえる可能性が高まります)

詳しくはこちら
 

◆転職で年収がアップした人の傾向・特徴

次に転職で年収アップしやすいのはどんな業種・職種か、またどういった特徴がある人かを調べてみました。

調査年が2013年1月~2014年6月と少し古いのですが、dodaエージェントサービスを利用して転職したうち、転職前の年収が300万以上で、年収アップ額が多い上位6,000名を対象に実施された調査結果を見てみます。

転職前より年収が上がった人の22%が「IT/通信」業界に所属する人で、23%のメーカーに続いて2番目に多いという結果になっています。

年収アップ額が多い順に抽出して、5人に1人がIT業界の人と考えると結構いい数値のような気がしますね。

f:id:paiza:20200109115203p:plain
出典:転職で年収アップするのはこんな人 年収アップ成功者に見る傾向と対策(doda)

また、職種別で見ると「技術系職種(IT/通信)」が18.0%で2番目に多く、ITエンジニアで年収アップに成功した人が多いことが分かります。

f:id:paiza:20200109115212p:plain
出典:転職で年収アップするのはこんな人 年収アップ成功者に見る傾向と対策(doda)

もっとも多い「営業職」を除くと、専門職と呼ばれる職種が転職で年収アップ率が高い傾向にあるようです。転職で年収アップを希望する際は、専門スキルを生かし「自分を採用するとメリットがある」ということをしっかり伝えられるとよいでしょう。

つづいて、エン・ジャパンが実施した、転職コンサルタントに聞いた「「転職後の年収」実態調査」でも転職後に年収が上がる職種として「技術系(IT・Web・通信系)」が上位に入っています。こちらは2019年4月の調査結果です。

f:id:paiza:20200109115225p:plain
出典:転職コンサルタント200人に聞いた!「転職後の年収」実態調査(エン・ジャパン)

ちなみに、エンジニア向け転職サイトであるpaiza転職では、45%の方が転職で年収を10%以上アップさせており、全体の平均より高い結果となっています。

さらにさきほど紹介した年収保証スカウトを利用した場合は、転職者の66%が該当し大幅に平均を上回っています。
 

転職後の満足度

それでは、次に転職後の満足度についての調査結果を見てみましょう。

エン・ジャパンが2017年に実施した仕事の満足度調査の結果では「現在と前職を比較して、仕事の満足度はどう変化しましたか?」という質問に対して、満足度が上がったが39%、満足度が下がったが40%、特に変化はないが21%となっています。

f:id:paiza:20200108163545p:plain
出典:アンケート集計結果 テーマ: 「仕事の満足度」について(エン・ジャパン)

ここでは「満足度が上がった」と回答した人が挙げている「満足度を上げるために、仕事探しや選考時に意識したこと、工夫したこと」に注目しましょう。

まず、面接で聞きたいことが聞けた、オフィスを見せてもらった、社員が疲れていないか確認した…など、転職先に関する情報収集をしっかりおこなったことが多く挙げられています。

つづいて給与だけでなく仕事内容ややりがい、モチベーションを持てるかといった自身の働き方と企業とのギャップをなくそうとしたことが大切だということが分かります。

もうひとつ別の調査結果を見てみます。dodaが公開している「仕事満足度ランキング2019」によりますと、エンジニア職は「総合」と「給与・待遇」の指標で満足度が高いという結果が出ています。

「総合」では、アプリケーションエンジニアが満足度71.8点で4位となっていますが、「給与・待遇」では、IT系のエンジニア職が77.0点で1位、73.1点で4位にランクインしています。(調査対象15,000人が各指標の満足度を100点満点中何点かで回答。平均点は、「総合」で64.7点、「給与・待遇」で62.6点)

f:id:paiza:20200109115243j:plain
出典:「仕事満足度ランキング2019」(doda)

当然のことですが、「総合」の満足度が高い職種は「給与・待遇」にも満足しているということです。

また、主体的に自身のキャリアについて考えている人のほうが満足度が高いという調査結果もありますので、転職で何を実現したいのかを明確にしたほうが転職の後悔も少ないと言えそうです。

転職で年収アップを実現するために

ここまでさまざまな調査結果やデータを見てきました。満足度の高い転職を実現するためには、給与や待遇といった条件を無視することはできません。

できるだけ年収アップを実現できる可能性を高める方法はないのでしょうか。

最も分かりやすい方法は、年収にフォーカスした転職サービスを使うことです。

例として、さきほども紹介した、現在paizaが実施している年収600万以上かつ現年収を保証する「年収保証スカウトをおすすめします。参加に必要なのはキャリアシートの登録のみ。さらにスキルチェックを受けていただくとスカウトをもらう可能性が高まります。

履歴書と職務経歴書をいただいてキャリアシートの作成をサポートするサービスも実施していますので、ぜひご利用ください。

年収保証スカウトでは、企業があなたのキャリアシートに目を通した上でスカウトを送信しているため、通常よりも自分に合った内容のスカウトを受けとることができます。

年収保証スカウト参加受付は2020年01月29日(水) 12時まで、キャリアシート作成サポート受付は2020年01月23日(木)までとなっております。

詳しくはこちら
年収保証スカウト

年収保証スカウトは過去4回の開催実績があり、前回スカウトで提示された年収の平均額は約680万円となっており、大幅な年収アップを実現された方もいらっしゃいます。

実際に年収保証スカウトを利用して転職した方のうち66%が現年収から10%以上アップに成功、平均で75万円アップという結果が出ています。さきほど見た調査結果や、paiza転職の通常の転職よりも高い割合で10%以上の年収アップを実現しています。また、多くのオファーがCTOやテックリード、エンジニアリングマネージャーといった上位職種のポジションを想定しており、マネジメント経験も十分生かせます。

さらに、期間限定で、年収保証スカウトを使って転職した方に、お祝い金として10万円分のギフト券もプレゼントしておりますので、転職しようと思っているエンジニアの方がいましたらぜひ利用してみてください。

 
また、転職を本気で考え始めたばかりの方は、まずは自身のキャリアやスキルの棚卸しをして、これまで経験してきたことやどのようなスキルを持っていて、どんなことが得意で、何をやりたいと思っているか…などを整理しておくことがいい転職の第一歩といえます。そのうえで、満足度の高い転職とは何かを自分なりに導き出せるといいでしょう。それが結果的に年収増にもつながっていきます。

paiza.hatenablog.com

まとめ

転職に関するさまざまな調査結果を見て、転職と年収の関係や仕事の満足度について考えてきました。

近年ITエンジニアは非常に需要が高く、求人倍率も高い数値が続いています。ただ、せっかく高いスキルや豊富な経験をお持ちの方でも転職活動のやり方によっては、よさをなかなか生かしきれず転職後に後悔する場合もあります。

さきほどご紹介した「年収保証スカウト」のようなサービスを利用して、待遇も業務内容もどちらも満足いくような転職を実現させましょう。


paiza転職は、転職時のミスマッチをなくし、エンジニアがより技術面にフォーカスしたやりがいある仕事を探せる転職サービスです。プログラミングスキルチェック(コーディングのテスト)を受けて、スコアが一定基準を超えれば、書類選考なしで複数の会社へ応募ができます。

詳しくはこちら
paiza転職

まずはスキルチェックだけ、という使い方もできます。すぐには転職を考えていない方でも、自分のプログラミングスキルを客観的に知ることができますので、興味がある方はぜひ一度ご覧ください。

詳しくはこちら
paizaのスキルチェック

面接官に聞いた!エンジニアの最終面接で重視する3つのポイント

f:id:paiza:20180606134046j:plain
f:id:paiza:20140916135428p:plainこんにちは、谷口です。

転職を考えているエンジニアのみなさん、面接の手応えはいかがですか?

転職活動で最後の難関とも言えるのが「最終面接」です。

「一次・二次が通ったら最終も通るのでは?」と思うかもしれませんが、最終面接だけなかなか通過できずに苦労している人も少なくはありません。

そこで今回は、最終面接と一次・二次面接でどんな違いがあるのか、最終面接で面接官をする役員や社長の方々が応募者のどこを見ているのか、何を考えているかについてお話しします。

転職に興味がある方、転職活動中の方、面接を控えている方、面接に苦手意識がある方の参考になればと思います。

一次・二次面接と最終面接の違い

一次・二次面接での面接官は、人事担当者や現場のエンジニア(チームリーダーなど、入社後に上司となる人)が務めるケースが多くあります。

よく聞かれるのは、今までの業務経験や、身につけてきたスキルなどに関する質問です。

これを聞いて、面接官は「うちでやっていけそうなスキルや経験があるか」「求められる成果を出してくれそうか」を検討するわけですね。

(なおエンジニアの一次面接では、一方的に質問をされるだけでなく、企業側から事業内容・業務内容などを説明してくれる場合もよくあります)

一次・二次面接では、主に今までの経験やスキルをもとに「自分は募集求人の業務ができるスキルがある(足りない部分は把握してどうカバーしていくかも考えている)」と伝えましょう。

最終面接で重視されること

一方で、最終面接で面接官を務めるのは、その企業の役員や社長です。企業にもよりますが、それまでの面接官+役員で、面接官の数が一気に増える場合もあります。

それまでの面接を通過できているのであれば、現場のエンジニアや採用担当者に「目先の仕事は任せられそう」「とりあえず一緒にやっていくのに問題はなさそう」と思われたということですから、そこは自信を持って大丈夫です。

対して、役員や社長は最終面接で

  • この人を採用したら会社にも本人にもメリットがあるか
  • サービスの方針や会社の理念などにマッチしそうか

といった点を気にしています。

以下、最終面接でどこを見られているかについて、もう少し詳しく解説します。

社長・役員に聞いた、最終面接で見ているポイント

この人を採用したら会社にも本人にもメリットがあるか

応募者本人にとってのメリットとは「活躍できるポジションやフィールドがある」ということです。

たとえば、企業側が「1→10のようなサービス拡大をしてほしい」と思っているところに、「新規事業で0→1を作りたいエンジニア」が来ても、「この人が活躍できるフィールドはうちにはなさそう……」と思われてしまいますよね。

スキル的には問題がなくても、本人の希望や開発に対する考え方が「うちの会社だと合わないかも、活躍できないかも」と思われてしまうと、落選の可能性は高まります。採用する側も、せっかく採用した人がミスマッチで、早期に退職されてしまうのは避けたいからです。

最終面接の面接官は、意外と応募者の現状のスキルだけでなく「今後どうなりたいか、どんな仕事がしたいか」といった希望や考え方を見ると同時に、「この人の希望や適性に合ったポジションや成長できそうな仕事が自社で用意できそうかどうか」も選考材料にしています。

サービスの方針や会社の理念などにマッチしそうか

前の項目にもつながりますが、企業が掲げている事業目的や理念、MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)などに共感できているかを気にしている面接官も多くいます。

特に最終面接の前は、企業の理念や目的を把握して、その上で「こんなところが自分の考えややりたいことに合っている」と言えるようにしておくとよいでしょう。

たとえば、「プログラミングにもっと気軽に触れられる世の中にしたいから、初心者向けから上級者向けまで幅広い内容のプログラミング学習サービスを展開している御社でそれを実現したい」みたいな感じですね。

「スキルがマッチしてればビジョンなんてどうでもいいじゃん」と思うかもしれませんが、たとえば転職サービスの開発を「転職者になんか特に興味ないしどうでもいいや」と思っている人に任せても、ユーザーにとってよいサービスができそうには思えませんよね。

だから、ここで「御社のシステムには興味がないんですけど、開発環境が希望に合ってるので……」という感じでいると、あまりよい印象にはなりません。

話に筋が通っていて、自分なりの軸を持っているか

これはどんな業種や職種でも同じですが、質問の回答がふわふわして「何でもいいです」感が出ていたり、軸が感じられない人は落とされやすいです。

「特にやりたいことはない」「AもいいけどBもいい」「これはやりたくないからそれ以外なら何でもいい」といった感じだと、ちょっとしたことで仕事が嫌になったり、すぐ投げ出したり辞めたりしそう……と思われてしまいます。もちろん柔軟さは必要ですが、柔軟で臨機応変な人と、単にちゃんと考えていなくて軸がない人は全然違います。

特に年齢が上であるほど、自分の軸がないと「年齢の割に考えが浅い」と思われてしまいます。

特に、今までの経歴や転職理由、業務未経験な部分など「面接でここ突っ込まれたら痛いな~」ってポイントがある人は多いですよね。最終面接の面接官はそういうところを突っ込んでくる人が多いので、聞かれたらどう答えるかは考えておきましょう。

たとえば、「この技術を業務で使った経験はないので、今はチュートリアルを進めたり、独学でこんなものを作ったりしている」とか、「学生の頃はちゃんと考えずに適当に就活して入社した会社もすぐ辞めてしまったが、今は考えを改めてこれからこうなりたいと思ってエンジニアを目指している」とか、自分の足りない部分を把握した上で、どう補うかを考えているのが伝われば、「この人なら多少足りない部分があったり、仕事で大変なことがあったりしても乗り越えてくれそうだなと思ってもらえるかもしれません。

まとめ

「最終面接では技術の話はそんなに重要じゃないのか?」と思われたかもしれませんが、社長や役員がエンジニア出身であったとしても、彼らはその企業を経営しているわけです。応募者が技術的に申し分ないかだけではなく、その人をどう活躍させるかの采配や、それによって生まれるメリット(≒利益)についても考える必要があります。

応募先についてしっかり調べた上で、自分なりに興味を持って働けそうか、どんなところがよいと感じるかを考えた上で最終面接に臨むのがよいかと思います。

なお、paiza転職からの求人応募であれば、面接時のフィードバックやアドバイスを受けられて、面接における具体的な改善点や評価された点を知ることができます。

また、paizaの転職成功ガイドでは、採用選考におけるさまざまな落選理由や悪い例、改善のためのアドバイスなどを公開しています。実際にpaizaから応募をされた多くの方から「参考になった」という声をいただいています。転職活動に苦手意識のある方は、ぜひごらんください。

paizaの転職成功ガイドについて詳しくはこちら

paiza転職について詳しくはこちら
paiza転職




paiza転職は、転職時のミスマッチをなくし、エンジニアがより技術面にフォーカスしたやりがいある仕事を探せる転職サービスです。プログラミングスキルチェック(コーディングのテスト)を受けて、スコアが一定基準を超えれば、書類選考なしで複数の会社へ応募ができます。

詳しくはこちら
paiza転職


まずはスキルチェックだけ、という使い方もできます。すぐには転職を考えていない方でも、自分のプログラミングスキルを客観的に知ることができますので、興味がある方はぜひ一度ご覧ください。

詳しくはこちら
paizaのスキルチェック





※このブログで紹介しているキャンペーンやイベント、およびサイト内の情報については、すべて記事公開時の情報となります。閲覧されたタイミングによっては状況が変わっている場合もございますのでご了承ください。

ITプログラマー・エンジニア転職・就活・学習のpaiza

プログラミング入門講座|paizaラーニング

PHP入門編Ruby入門編Python入門編Java入門編JavaScript入門編C言語入門編C#入門編アルゴリズム入門編AI機械学習入門

エンジニアのためのプログラミング転職サイト|paiza転職

プログラミング スキルチェックエンジニア求人一覧

未経験からエンジニアを目指す人の転職サイト|EN:TRY

プログラミング スキルチェックエンジニア未経験可求人一覧

エンジニアを目指す学生の就活サイト|paiza新卒

プログラミング スキルチェックエンジニア求人一覧

ブラウザを開くだけで エディタ、Webサーバ、DB等の開発環境が整う|PaizaCloud