paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」の開発者が、プログラミングやITエンジニアの転職などについて書いています。

エンジニア向け・効率的なゆるい転職活動で内定を得る4つのプロセス

f:id:paiza:20180625143430j:plain

f:id:paiza:20140916135428p:plainこんにちは。谷口です。

転職に興味はあっても、転職活動はなかなか面倒なものですよね。

特にエンジニアの中には

  • 一般的な転職活動の課程や準備がいちいち面倒くさい、できれば楽に転職したい
  • 現職が忙しい、時間をかけず効率よく転職したい
  • 今すぐ絶対転職したいわけではないけど、現職よりよい条件で採用してくれるところなら話を聞いてみたい

といった方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、エンジニアがなるべく面倒を省いてゆるく効率的に、でも希望に合った転職をかなえるための転職活動方法についてお話しします。

面倒な転職活動は嫌だけどもっといいところに転職したい、転職活動にさける時間があまりない、転職に興味あるけどまだやりたいことや転職理由が固まっていないといった方の参考になればと思います。

ゆるく、でも効率的にできる転職活動のプロセス

1.自分の業務経験や転職理由について思い出してみる

まずはこれまでの業務経験やどんなスキルがあるか、何ができるかといった経歴を思い出してみましょう。転職サービスやエージェントを利用するときには、このような経歴を登録したキャリアシートが必要になります。

転職の意思が固まっていない場合も、リファラルなどで他社の人とゆるく話すときでも、最低限「あなたが何をやってきたどんな人なのか」は聞かれます。今の段階で、ゆるくでも思い出して書き出しておけば、その際の意思の疎通がスムーズになります。

また、あとで詳しく説明しますが、最近は多くの転職サイトやエージェントが求人募集企業からのスカウトを受けられるサービスを実施しています。企業が応募者をスカウトする際に判断軸にしているのが、このキャリアシートの情報です。キャリアシートをしっかり記入しておけば、自分で応募する企業を探しに行かなくても、条件やスキルがマッチする企業からスカウトしてもらえる可能性も高まります。

記入と言われると面倒に思うかもしれませんが、必要なのは今まで自分がやってきた仕事の情報なのですから、意外と思い出しながらやるとあっさり書けるものです。

すぐに転職する気がない人でも、これまでの経験を振り返っておくと、自分の立ち位置を把握したり、これからどんな方向を目指すかを考えたりするのに役立ちます。定期的にやっておいて損はありません。

ちなみにpaiza転職では、このキャリアシートの入力サポートも実施しています。履歴書と職務経歴書をお送りいただければ、キャリアシートの「経歴概要」「経歴詳細」の2項目の下書きをお送りいたします。

詳しくはこちら

2.paizaのスキルチェックを解いてみる

paiza転職では、プログラミングスキルチェック問題を公開しています。

スキルチェックに挑戦すると、結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。求人ごとに規定されたランクを獲得できていれば、事前の書類選考なしでカジュアル面談か一次面接に進めますので、気になる企業があればすぐに話を聞きに行くことが可能です。

また、paiza転職の場合はキャリアシートとあわせてこのスキルランクも企業からのスカウトの判断軸となります。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「効率的に転職活動がしたい」という方も、「特に転職したいわけではないけどプログラミング問題を解いてみたい」という方も、ぜひチャレンジしてみてください。

スキルチェックについて詳しくはこちら
paizaのスキルチェック

3.スカウトサービスを受けてみる

最近は、ほとんどの転職サイトやエージェントがスカウトサービスを実施しています。

paiza転職に限らず、「とりあえずキャリアシートだけ登録しておいて、よさそうな企業からスカウトがきたときだけ話を聞きに行く」という方法で、ゆるく待ちの姿勢で好待遇の転職先を探しているエンジニアの方も少なくありません。

paiza転職でも以前からスカウトサービスは実施していましたが、ただいま期間限定で、入社の際に年収600万以上かつ現年収を保証する「年収保証スカウト」を実施しています。

年収保証スカウトを受けるのに必要なのはキャリアシートの登録とスキルチェック問題の受験のみです。前述の通り、キャリアシートの作成サポートも実施しています。

また、この年収保証スカウトで転職先が決まり、実際に入社された方にはpaiza転職から転職お祝い金として、10万円分のAmazonギフトカードもしくはApple Storeギフトカードをお送りします。

年収保証スカウトの参加受付は2020年01月29日(水)12時まで、キャリアシートの作成サポート受付は2020年01月23日(木)までとなります。

年収保証スカウトについて詳しくはこちら
年収保証スカウト

4.カジュアル面談に行ってみる

paiza転職では、多くの掲載企業が、私服で行けて、企業側からも事業内容や業務に関する説明が聞けるカジュアル面談を実施していますので、「書類選考から始まるのは面倒くさいな」「まだ絶対に転職したいわけじゃないけど話を聞いてみたいな」という方でも転職活動を始めやすいかと思います。

これからやりたいことが明確でない人でも、いろいろな企業の話を聞いてみると「こんなサービスがあったのか」「この技術もいいな」「Aの分野よりはBの分野のほうが興味あるな」などと、自分の方向性が見えてきたりします。

別に転職活動をしたからといって、転職をしなければならないわけではありませんし、「転職活動」イコール「転職」なわけではありません。カジュアル面談のあとに選考を辞退することもできますし、前述のスカウトが届いた場合も気が向かなければ断ることができます。

軽い気持ちで動いてみても、情報が得られたりやりたいことが見つかったり、少なくとも自分の今後を考えるヒントは得られるはずですので、あまり構えすぎずにゆるく始めてみるのもアリかと思います。

paiza転職カジュアル面談について詳しくはこちら

まとめ

というわけで、ゆるく効率的に転職活動をする方法について書いてみました。

今は、昔ながらの書類を企業ごとに自分で用意して、それを送って、書類選考の結果を待って、一次面接の日程調整をして…という方法だけでなく、とりあえず登録しておいてスカウトを待つ、条件のよい企業に絞って選ぶ、事前の書類選考なしで話を聞きに行ける、といった効率的な方法の転職活動もできる時代になっています。

エンジニアにとって、転職活動も無駄を省いて効率的にできたほうがよいかと思いますので、「転職したいけど面倒なのは嫌」という方は、ゆるく効率的な転職活動を始めてみてください。

paiza転職年収保証スカウトについて詳しくはこちら
年収保証スカウト


paiza転職では、スキルチェック問題を解いて、スコアが一定基準を超えれば、事前の書類選考なしで求人応募ができます。また、多くの掲載企業が、私服で行けて、企業側からも事業内容や業務に関する説明が聞けるカジュアル面談を実施していますので、「書類選考から始まるのは面倒くさいな」「まだ絶対に転職したいわけじゃないけど話を聞いてみたいな」という方でも転職活動を始めやすいかと思います。

paiza転職カジュアル面談について詳しくはこちら

paiza転職スキルチェック問題について詳しくはこちら
paizaのスキルチェック

paiza転職について詳しくはこちら
paiza転職




paiza転職は、転職時のミスマッチをなくし、エンジニアがより技術面にフォーカスしたやりがいある仕事を探せる転職サービスです。プログラミングスキルチェック(コーディングのテスト)を受けて、スコアが一定基準を超えれば、書類選考なしで複数の会社へ応募ができます。

詳しくはこちら
paiza転職


まずはスキルチェックだけ、という使い方もできます。すぐには転職を考えていない方でも、自分のプログラミングスキルを客観的に知ることができますので、興味がある方はぜひ一度ご覧ください。

詳しくはこちら
paizaのスキルチェック





※このブログで紹介しているキャンペーンやイベント、およびサイト内の情報については、すべて記事公開時の情報となります。閲覧されたタイミングによっては状況が変わっている場合もございますのでご了承ください。

ITプログラマー・エンジニア転職・就活・学習のpaiza

プログラミング入門講座|paizaラーニング

PHP入門編Ruby入門編Python入門編Java入門編JavaScript入門編C言語入門編C#入門編アルゴリズム入門編AI機械学習入門

エンジニアのためのプログラミング転職サイト|paiza転職

プログラミング スキルチェックエンジニア求人一覧

未経験からエンジニアを目指す人の転職サイト|EN:TRY

プログラミング スキルチェックエンジニア未経験可求人一覧

エンジニアを目指す学生の就活サイト|paiza新卒

プログラミング スキルチェックエンジニア求人一覧

ブラウザを開くだけで エディタ、Webサーバ、DB等の開発環境が整う|PaizaCloud