paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」の開発者が、プログラミングやITエンジニアの転職などについて書いています。

20200204140738

ITエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」の開発者が、プログラミングやITエンジニアの転職などについて書いています。

プログラミング動画学習 paizaラーニング

エンジニアに転職したい未経験者にポートフォリオが役立つ4つの理由

f:id:paiza:20140916135428p:plainこんにちは。谷口です。

未経験からエンジニアを目指しているけど、転職活動がなかなかうまくいかない方からよくご相談されるのが、「自分のプログラミングスキルややる気をうまく伝えられない」というお悩みです。

こうしたお悩みの解決に役立つのが、成果物をまとめた「ポートフォリオ」です。特にエンジニアやデザイナーを目指す人の場合、ポートフォリオを使って自分のスキルを見せられるようにしておくだけで、何もない状態よりは選考通過率がかなり上がるはずです。

今回は、エンジニアを目指す未経験者の転職活動で、ポートフォリオが役に立つ理由についてお話しします。

エンジニアを目指す人のポートフォリオって何?


 
ここで言うポートフォリオとは、自分の成果物や開発経験、プログラミングスキルなどを応募企業へ伝えるためのWebページのことです。

開発業務経験のない未経験者や、書類や面接だけでプログラミングスキルをアピールするのはなかなか難しいですよね。

でもポートフォリオがあれば、応募者がどんな勉強をして、どんな成果物を作ってきたのか、どんなスキルがあるのかを可視化できて、選考でもアピールがしやすくなります。

実際に、採用企業の方からも「ポートフォリオがあると学んだ内容がわかりやすく、アウトプットができる人という印象になる」といった声を聞くことは多いです。

ポートフォリオが転職活動の役に立つ理由

エンジニアを目指す本気さが伝わる

プログラミングの基礎は、今やPCさえあれば誰でも学ぶことができますよね。

paizaでも、paizaラーニングで未経験からプログラミングやWeb開発の手法が学べる動画レッスンを公開していますし、最近は初心者向けの学習サービスや書籍もたくさんあります。

特にエンジニアの業務では、

  • 「こうしたらどうなるだろう」「これを試してみよう」という興味や課題感
  • 実際にそれを試して結果を見る実行力

が必要とされます。

だから「エンジニアになりたい」と言いつつ、すぐに学べる範囲の内容もできていないと「本当にエンジニアになりたいの?」と思われかねません。

ここで、本気度や学習意欲を伝えるのに役立つのがポートフォリオです。ポートフォリオは、自分がこれまでに学んだ内容と作った成果物のまとめですから、「自分でここまで学んで、ここまで形にできている」というアピールをする材料になります。

エンジニアとしての将来性をアピールできる

育成目的で業務未経験者を採用する企業も、「どうせ教育が必要するんだから誰でもいいや」と思っているわけではありません。

むしろ、これから教育コストをかけてエンジニアとして育成していくのですから、できることならなるべく早く一人前のエンジニアになってくれそうで、将来性・成長性が見込める人を採用したいと考えています。

だから企業はよく応募者に対して

  • ふだんどんな勉強をしているか
  • どこまで習得できているのか
  • どうやって情報収集しているか

などを聞くわけですが、ポートフォリオがあればこれらのアピールもしやすくなります。

中途で未経験からエンジニアを目指そうと思ったら、相当な勉強が必要となります。「特に何もしていないし勉強していない」という人に「やる気はあるのでエンジニアになれたらがんばる」とだけ言われても、エンジニアとしての将来性があるようには思えませんよね。

面接での話が楽になる

企業側は、未経験の応募者に対して「ポートフォリオや成果物があるなら、それについての話を聞きたい」と思っています。

ポートフォリオがあると、企業側も

  • この成果物を作るためにどんな技術を使ったのか
  • どんな勉強をしたのか
  • なぜ作ろうと思ったのか
  • どんなところを工夫したのか

などについて聞いてくれます。

面接用になにか無理やり用意したエピソードよりも、自分で作ったものの話のほうが話しやすいし、説得力も出るはずです。

実は作っていない人も多い

上記のとおり、エンジニアを目指すのであればポートフォリオを作っておくメリットがいろいろあるのですが、それを知らずにポートフォリオを作らずに選考を受けている人、成果物があっても選考中に見せない人も意外と多くいます。

ということは、ポートフォリオを作っておけば、それだけでもほかの応募者よりも有利になれるということです。少なくとも、何も見せるものがない状態よりはずっと選考を通過しやすくなるでしょう。

すごくレベルの高い成果物が求められているわけではない

前述のとおり、企業がポートフォリオを通して知りたがっているのは

  • 応募者がどんな勉強をしているのか
  • どこまでスキルを身につけているのか
  • どんなことを考えて開発しているのか

といったことです。

別に「経験者も顔負けの立派な成果物を見せてほしい」と思っているわけではありません。

だから、自分では「こんなしょぼい成果物見せられない」と思えたとしても、作っておいたほうがいいです。何もないよりは出したほうがよいケースがほとんどです。

よく「完成していないから(しょぼいから・恥ずかしいから)見せたくない」という人がいますが、たいてい選考が終わると企業から「成果物を見せてくれなくて残念だった」というフィードバックが来ます。

Webアプリ開発に役立つpaizaラーニングの動画レッスン

とはいえ、まだプログラミングの勉強を始めたばかりで「成果物と言われても、何から始めたらいいのかわからない」という人も多いかと思います。

paizaラーニングでは初心者向けのWebアプリ開発入門講座を多数公開していますので、まずはこういった簡単なアプリ開発からやってみるのもひとつの手です。

Ruby

Webアプリ開発入門 Rails編


また、「ITエンジニアの就活準備編」では、IT業界の業界構造、ITエンジニアのキャリアや働き方、就活や転職活動で使えるポートフォリオの作り方などについても解説しています。

HTMLとBootstrapを使って、実際のポートフォリオページを作る方法が学べますので、成果物がたくさんできたからポートフォリオとしてまとめたい方におすすめです。

ITエンジニアの就活準備編の「ITエンジニアの就活準備編2: ポートフォリオ制作」はこちら

www.youtube.com

まとめ

というわけで、エンジニアを目指す未経験者にとって、ポートフォリオがいかに役に立つかというお話でした。

ポートフォリオは転職活動に役立つだけでなく、そもそも自分で学んだ内容を使って成果物を作ってみる、それをアウトプットしてまとめてみるということは、エンジニアを目指す人にとっては大事なことですから、ぜひ挑戦してみてください。


プログラミングが動画で学べる「paizaラーニング」はこちら
paizaラーニング





paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

詳しくはこちら

paizaラーニング

そしてpaizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。

スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

詳しくはこちら

paizaのスキルチェック

paizaのおすすめコンテンツ

Webセキュリティ入門 ハッカー入門 Webセキュリティ講座がスタート!CVは内田真礼さん! Python✕AI 機械学習入門講座 CVに上坂すみれさんを起用!人気の機械学習講座を公開中!
paiza転職 paiza新卒 EN:TRY paizaラーニング Copyright Paiza, Inc, All rights reserved.