paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」の開発者が、プログラミングやITエンジニアの転職などについて書いています。

未経験からエンジニアを目指す人向け・技術面接&課題の対策

f:id:paiza:20131103170245j:plain

f:id:paiza:20140916135428p:plainこんにちは。谷口です。

異業種・異職種から未経験でエンジニアへの転職を目指しているみなさん、技術面接対策はできていますか?

エンジニア職の採用選考では、多くの企業が技術面接やプログラミング課題を実施しています。(たとえ応募者が未経験者でも)

予期せぬ試験や質問をされて、力が出し切れないともったいないですよね。だからエンジニアを目指す方は、エンジニアの選考で実施される技術面接やプログラミング課題がどんなものなのか、一般的な採用選考の面接とはどう違うのかを知っておいたほうがよいかと思います。

エンジニア選考で実施される技術面接・プログラミング課題とは

「技術面接」と言われると、就活生が大学での研究内容をプレゼンするような形の面接試験が思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか?

中途の転職における面接でも、技術的な話を聞かれる面接や、プログラミングのテストなどを含んだ選考が「技術面接」と呼ばれています。

「技術面接」という言葉に明確な定義があるわけではないため、企業によって技術面接の内容はまちまちですが、何かしらシステム開発やプログラミングに関するスキルをはかる選考がおこなわれるということです。

エンジニア職の中途採用選考ですから、企業側が「スキルを見たい」と思うのは当然ですよね。

一般的によく実施されている技術面接・プログラミング課題とは

プログラミング問題を解く課題

未経験者向け求人の採用選考の場合、事前にプログラミング課題を出し、それをペーパーテストやWeb上で解いてくるといった形式が多いです。

企業によっては、その場ホワイトボードを使って解く形式の試験を実施する場合もあります。

ペーパーテストやホワイトボードの場合、PCを使ってプログラミングをするときとは勝手が違って戸惑うかと思いますが、企業が知りたいのは

  • プログラミングの基礎知識
  • アルゴリズムの基礎知識(問題に対してどんなアプローチを考えているか)
  • 論理的な考え方や説明ができるか

といったことです。(書いたコードについて、面接の中で説明を求められることもあります)

特にその場で問題を解くような試験の場合、書いたコード自体は完璧に合っていなくても大丈夫ですから、落ち着いて取り組みましょう。

paizaのスキルチェック問題などで、いくつかプログラミング問題を解いておくと、技術面接の練習にもなります。

paizaのスキルチェック問題について詳しくはこちら
paizaのスキルチェック

技術関連の質問に対して説明を求められる面接

面接で技術的な質問をされて、それについての説明を求められる形式の技術面接もあります。

当たり前ですが、エンジニア職の採用面接なのですから、技術的な話がまったく出てこないというケースは、あまりないでしょう。

この場合、経験者であれば実務レベルの質問をされることが多いですが、未経験者の場合はこれまで勉強してきた内容について聞かれるケースが多いです。

具体的に言うと

  • 今どんな勉強をしていますか? どんな技術に興味がありますか? 具体的に何をしていますか?
  • Webアプリなど作ったものがあれば、それに関する質問(なぜこのアプリを作ったか、なぜこの技術を使ったかなど…)

などなど…。

ポートフォリオや成果物があれば、それについて深掘りされることがよくあります。また、自社サービス開発企業の場合は、その企業のサービスで使っている技術の勉強がどれくらいできているかを質問されることが多いです。

今すぐできる技術面接対策

プログラミング問題を解いて練習しておく

前述の通り、paizaのスキルチェック問題を解くことで、時間制限のある中でプログラミング問題を解く練習になります。

また、paizaラーニングの「アルゴリズム入門編」(全編無料)では、FizzBuzz、フィボナッチ数やハノイの塔といった、技術面接でよく出るプログラミング問題のアルゴリズムを解説しています。

勉強した内容の整理とポートフォリオの作成

未経験者の場合、現時点でどれくらいのスキルや伸び代があるかをアピールするには「自分なりに勉強してきたこと、できるようになったこと」の話が重要です。

ですから、今まで勉強してきた内容を思い出して、できれば書き出して整理して、話せるようにしておきましょう。

また、今まで自分で作ったWebアプリなどの成果物がある人は、それらをまとめたポートフォリオを用意しておきましょう。ポートフォリオや成果物があれば、独学で身につけたスキルはもちろん、「自分から勉強して手を動かして作った」といった自主性や意欲もアピールできます。

ポートフォリオについては、こちらの記事でも詳しく書いています。
paiza.hatenablog.com

また、paizaラーニングの「ITエンジニアの就活準備編」では、IT業界の業界構造、ITエンジニアのキャリアや働き方、就活や転職活動で使えるポートフォリオの作り方などについても解説しています。

ITエンジニアの就活準備編の「ITエンジニアの就活準備編2: ポートフォリオ制作」はこちら

まとめ

エンジニアの採用面接ですから、多少なりとも技術的な話が出てきたり、プログラミング課題が出てきたりすることはあります。しかし、きちんとプログラミングの勉強などに取り組んできた人であれば、「すごく難しい課題を出されて全然太刀打ちできない…」なんてケースはそれほどないはずです。(経験者でも難しいようなポジションへの応募となってくると話は別ですが…)

こういった技術面接が実施されるかもしれない…と知った上で、落ち着いて答えられるようにしておくのが重要です。

技術面接の練習に使えるpaizaのスキルチェック問題こちら

技術面接でよく出題されるFizzBuzz、フィボナッチ数やハノイの塔などについて学べるpaizaラーニングアルゴリズム入門編(全編無料)はこちら





paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

詳しくはこちら

paizaラーニング

そしてpaizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。

スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

詳しくはこちら

paizaのスキルチェック





※このブログで紹介しているキャンペーンやイベント、およびサイト内の情報については、すべて記事公開時の情報となります。閲覧されたタイミングによっては状況が変わっている場合もございますのでご了承ください。

ITプログラマー・エンジニア転職・就活・学習のpaiza

プログラミング入門講座|paizaラーニング

PHP入門編Ruby入門編Python入門編Java入門編JavaScript入門編C言語入門編C#入門編アルゴリズム入門編AI機械学習入門

エンジニアのためのプログラミング転職サイト|paiza転職

プログラミング スキルチェックエンジニア求人一覧

未経験からエンジニアを目指す人の転職サイト|EN:TRY

プログラミング スキルチェックエンジニア未経験可求人一覧

エンジニアを目指す学生の就活サイト|paiza新卒

プログラミング スキルチェックエンジニア求人一覧

ブラウザを開くだけで エディタ、Webサーバ、DB等の開発環境が整う|PaizaCloud