paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」(https://paiza.jp ギノ株式会社)の開発者が開発の事、プログラミングネタ、ITエンジニアの転職などについて書いています。

初心者でも簡単・クラウド環境PaizaCloudを使ってWeb開発ハンズオン勉強会を開催してみた

f:id:paiza:20180416140002j:plain

Photo by Naaman Saar Stavy

(English article is here)

f:id:paiza:20151217152725j:plainこんにちは、吉岡(@)です。

先週、数回にわたってpaizaで「Webアプリ開発ハンズオン勉強会」を開いてみました。

平日・夕方の小規模なイベントで、ほとんど宣伝していなかったにもかかわらず、思いのほか多くの方々にご参加いただきました。ありがとうございました!

勉強会では、Ruby on Rails, Django, LaravelとMySQLを使って、簡単な掲示板Webアプリを実際に作ってみました。

1時間半程度の時間で、掲示板アプリの開発を行ったのですが、事前準備なしに関わらず、全員が最後まで作成することができました!よかったです!

今回は、このハンズオン勉強会を実施してのレポートを書きたいと思います。

流れ

勉強会は以下の様な流れで行いました。

  • 受付
  • 全員で自己紹介
  • 簡単なWeb開発についての紹介。
  • PaizaCloudでサーバを立ち上げるまでの説明。
  • 各自で、資料(ブログ記事)に沿って、掲示板Webアプリ開発。適時質問してもらう。
  • 大体できたら、適時交流。
  • アンケート

このような短時間のハンズオン勉強会では、動くモノの作り方を実践しようとしても、なかなかうまくいかないケースもあります。

たとえば… - PCによってOSや環境が違うため、開発環境の構築が同じようにできない。 - インストール時に、バージョンや依存関係でエラーが起きる。 - 他のアプリケーションの影響で、実行環境がうまく動かせない。 -環境構築の 手順を間違えて、簡単に元に戻せなくなってしまった。

実際、インストール手順が終わるころには、参加者のほとんど脱落してしまっている……という状況は珍しくありません。でも、それでは何のための勉強会かわかりませんよね。

そこで、今回はブラウザ上でWeb開発が行えるクラウド開発環境PaizaCloudを使ったハンズオン勉強会を実施しました。

クラウド開発環境PaizaCloudは、ブラウザ上でWeb開発が行えるサービスです。クラウド上のLinux開発環境も、ブラウザから操作できますし、開発に必要なファイル編集、ターミナル、ブラウザ、ファイル管理などの機能もブラウザ上で簡単に利用することができます。また、日本語対応しているため、使い方も簡単です。

開発に必要なツールも一通り揃っていて、Ruby on Rails, Django, Node.js, Laravel, PHP, Java(tomcat), MySQL, Jupyter Notebookなどなど…のフレームワークやツールもがあらかじめインストール済みなので、開発環境の構築に手間をかける必要はありません。

ブラウザを開けばどこからでも同じ環境を使って開発できるので、家、勉強会、会社など、環境や使うPCが変わっても、同じ開発環境を使って開発できます。

今回、正味の開発時間は1時間強ぐらいしか設定していなかったので、最初は正直言って時間が足りないのでは…と不安だったのですが、参加者の皆さんが優秀だったこともあり、なんと全員が掲示板Webアプリを完成させることができました。

f:id:paiza:20180228120124p:plain

気付いた点

実際にハンズオン勉強会を開いてみて、気付いた点、印象的だった点は以下の通りです。

自前のPCじゃなくても開発を継続できる

「PC必須」と記述していなかったのでPCを持参されない方もいました。余っていたMacのゲストアカウントを利用してもらい、そこからPaizaCloudを使って開発していただきました。

PaizaCloudを使えば、ブラウザ上で開発できるのでPCには何もインストールする必要はありません。ブラウザさえ開けばすぐに開発に取り組めます。今回のように借りたPCを使って開発を始めたとしても、帰宅後に自前のPCから同じアカウントでログインすれば、同じ環境でそのまま開発を続けることができます。

手順を間違えて動かなくなった場合の対処

途中、オプション設定の間違いなどで、途中で動かなくなってしまうケースもありました。(こうした勉強会ではよくあることですね…)

設定などは中途半端な状態で工程を間違えてしまうと、プロセスやファイルなどが残ってしまったりして、その辺の知識がないと元に戻すのが大変になってしまいます。

しかし、初めて開発に取り組むような初心者の場合、詳しい知識なんか持っていない人がほとんどです。

まずはWeb開発全体の流れや大筋をつかむことが大切なのに、そのような細かいところで詰まってしまうと、いつまでたっても先に進めず、何も始まりません。

このような場合も、PaizaCloudではサーバを再作成することで、簡単に最初から手順をやり直せます。

クラウド上の独立した開発環境なので、PC内の開発環境として失うものは何もありません。また、わずか3秒程度でサーバが起動できるので、手軽に何度でもやり直して挑戦できます。

動かなくなったり間違えたりした場合は、何度か手順を繰り替えすことにはなりますが、環境設定にありがちな原因不明のエラーに悩まされることに比べれば素早く解決できますし、二度目以降は慣れているので、サクサク進めることができます。

データベース設定

データベースの作成忘れや、名前の違いなどでエラーがでることもありましたが、正しく設定し直すことで、皆さんうまく動作させることができました。

PaizaCloudではMySQLなどのデータベースサーバもクリーンな状態でインストール済みなので、トラブルは少なかったです。

これが、そもそものデータベースをインストールして、設定するところから始めていたら、まず時間内には終わらなかったと思います。データベースをインストール済みの環境があったりすると、バージョンや設定の違いにも悩まされたかと思いますし…。

クリーンな同じ環境で開発できるというのは、勉強会や初心者が初めて学ぶときには大きな利点になるかと思います。

まとめ

というわけでWeb開発のハンズオン勉強会で、PaizaCloudを使って開発し、全員が掲示板アプリを作ることができました。

ひと通り完成させるところまでたどり着けたことで、参加者の皆さんにも満足していただけたようでした。

PaizaCloudを使うと、環境設定不要でWeb開発が行えます。複数人で実施する場合も、全員が同じクリーンな環境で開発できますし、何度でも簡単にやり直すことができるので、ハンズオン勉強会やプログラミング研修、プログラミングスクールなどでの利用にも最適かと思います。PaizaCloudを使ったハンズオンなど、ぜひ実施してみてください。

PaizaCloudを使った簡単なWebアプリ開発の手順は以下の記事でも解説していますので、興味のある方はごらんください。 paiza.hatenablog.com

paiza.hatenablog.com

paiza.hatenablog.com


PaizaCloud」は、環境構築に悩まされることなく、ブラウザだけで簡単にウェブサービスやサーバアプリケーションの開発や公開ができます。 https://paiza.cloud


paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

そして、paizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。

スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

paizaのスキルチェック