paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」の開発者が、プログラミングやITエンジニアの転職などについて書いています。

初心者でもすぐにSQLが学べる・今だけ全編無料の入門動画レッスン紹介


paizaラーニングでは、動画レッスンとオンラインエディタ&実行環境を通して、未経験者でもプログラミングが学べます。

今回は、paizaラーニングの「DB/SQL入門編」で公開しているレッスン内容をご紹介します。

動画と演習課題で学べる「DB/SQL入門編」は、ただいま7月2日(月)までの期間限定で全編無料となっておりますのでぜひごらんください。

DB/SQL入門編の学び方

f:id:paiza:20150216111136p:plain

各チャプターに進むと、上のようなレッスン画面が開きます。

動画エリアでは、各チャプター約3分の動画が表示されます。

補足テキストエリアでは、動画の補足説明や、解説している問題の問題文などが表示されます。「演習課題へ進む」ボタンを押すと、そのチャプターの学習内容をもとにした類似問題が出題されます。

コードエリアでは、動画を見ながら、動画に出てきたものと同じSQL文をすぐに書くことができ実行結果もすぐに入出力エリアで確認することができます。面倒な設定や環境構築が不要なオンライン実行環境です。

SQL入門編1: SQLの基本文法を学ぶ


このレッスンでは、データベースを操作するSQLの基本について学習します。本格的なアプリケーションやWebサービスでは、大量のデータを効率よく管理するために、データベースを使います。このデータベースをプログラムから操作する時、プログラミング言語とは別の文法を持つ、SQLという問い合わせ言語を利用します。

01:データベースを知ろう

このコースの目的や学習方法などを解説します。

02:データベースを準備しよう

データベースとSQLを学習するため、MySQLとphpMyAdminを使って、簡単なデータベースを作成しましょう。また、phpMyAdminでSQLを実行する基本的な操作手順も学びます。

03:テーブルの中身を見てみよう

初歩的なSQL文を作成して、サンプルデータベースの中身を見てみましょう。データベースに対してSQLを実行するため、前のチャプターで作成したpaizaデータベースの「players」テーブルを使います。

04:いろいろな情報を取り出そう

SQLのSELECT命令を使って、サンプルデータベースから色々な情報を取り出してみましょう。また、データの件数や、並び替え、集計といった機能も学習しましょう。

05:データを追加・更新・削除しよう

データベースにデータを追加・更新・削除する方法を学びましょう。この機能を使うことで、たとえばRPGのプレイヤーに新しいメンバーを追加したり、名前を変更したり、削除したりできます。

06:2つのテーブルを結合しよう

データベースで複数のテーブルを結合して扱う方法を学んでいきます。リレーショナルデータベースでは、重複したデータのテーブルは分割しておき、必要に応じて仮想的な1つのテーブルとして扱うことができます。

07:結合したテーブルを操作しよう

結合したテーブルでも、データベースに対する基本操作を実行できます。ここでは、特定のカラムだけ表示したり、条件に合った行だけ表示したり…というように、結合したテーブルでいくつかの基本操作を試してみましょう。

SQL入門編2: SQLを仕事に使おう


このレッスンでは、SQLを実務で使うための基本的なテクニックを学習します。特に、ネットサービスのアクセス解析を題材に取り上げます。 ネットサービス上には、お客様の行動履歴や商品・サービスなどの情報も集まっています。SQLを使えるようになると、このようなビジネス情報をダイレクトに収集し、自分で分析して、リアルなデータに基づいたアクションも起こしやすくなります。

01:仕事にもSQLを使おう

このレッスンでは、データベース操作言語のSQLの基本的なテクニックを学習します。 今回は、Webサービスに携わるエンジニア以外の職種の人たちにも役立つよう、ログ解析を題材にしていきます。 最初は、SQLの実行方法と間違いやすいポイントを理解しましょう。

02:SQLの書き方のポイント

SQLの書き方のポイントについて学習しましょう。SQLの読みやすいコードの書き方や、間違いやすいポイントについて取り上げます。

03:ログ解析してみよう

SQLを使ったログ解析にチャレンジしましょう。題材として、データベースに格納されたオンラインRPGの行動ログを取り上げて、日次と月次のアクセス数を調べます。

04:アクティブユーザーを調べよう

SQLを使って、オンラインRPGに登録したままのアクティブユーザー数を求めます。また、このようなログ解析に役立ついくつかのテクニックも紹介します。

05:データを集計しよう

SQLを使って獲得経験値の合計や平均を集計する方法を学習します。さらに、ユーザーのプレイ開始日とプレイ最終日を調べてみましょう。

06:ユーザーの年齢を計算をしよう

ユーザーのプレイ期間を計算したり、生年月日から年齢を計算したりといった、日付に関するデータを計算するために、SQL上で簡単な四則演算を利用してみましょう。

07:テキストを検索しよう

オンラインRPGで、誰が、いつ、どのイベントに参加したのかを調べるSQLを作るために、テキスト検索について学習しましょう。

08:サブクエリでアクティブユーザー数を求めよう

サブクエリを使って、日次のアクティブユーザー数を求めてみましょう。サブクエリは、複数のクエリを組み合わせるSQLの機能です。また、サブクエリを利用して、平均以上のユーザーを求める方法も紹介します。

09:グループ分けしよう

すでに分類されたデータを別の基準でグループ分けしてみましょう。たとえば、オンラインRPGでユーザーのレベルを初級・中級・上級に分けて集計する、都道府県を関東や関西といった地域にまとめて集計する、といった操作ができます。そのために、SQLのCASE(ケース)命令も紹介します。

10:クロス集計してみよう

オンラインRPGのイベントログから、クロス集計表を作ります。SQLでクロス集計を作るには、ここまでで学んだサブクエリやCASEといったいくつかのテクニックを組み合わせる必要があります。

11:サブクエリで、平均や割合を求めよう

オンラインRPGの行動ログから、サブクエリを使って、平均以上のユーザーを調べたり、その割合を求めたりします。少し複雑な計算をしたいときに、サブクエリはとても役に立つ機能です。WHEREやSELECTでサブクエリを使う方法にチャレンジしてみましょう。



 

paizaラーニングでは、ほかにもPython、Java、Ruby、C言語、PHP、C#、JavaScript、HTML/CSSなど、人気言語の動画レッスンを公開しています。

詳しくはこちら

paizaラーニング

そしてpaizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。

スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

詳しくはこちら

paizaのスキルチェック





※このブログで紹介しているキャンペーンやイベント、およびサイト内の情報については、すべて記事公開時の情報となります。閲覧されたタイミングによっては状況が変わっている場合もございますのでご了承ください。

ITプログラマー・エンジニア転職・就活・学習のpaiza

プログラミング入門講座|paizaラーニング

PHP入門編Ruby入門編Python入門編Java入門編JavaScript入門編C言語入門編C#入門編アルゴリズム入門編AI機械学習入門

エンジニアのためのプログラミング転職サイト|paiza転職

プログラミング スキルチェックエンジニア求人一覧

未経験からエンジニアを目指す人の転職サイト|EN:TRY

プログラミング スキルチェックエンジニア未経験可求人一覧

エンジニアを目指す学生の就活サイト|paiza新卒

プログラミング スキルチェックエンジニア求人一覧

ブラウザを開くだけで エディタ、Webサーバ、DB等の開発環境が整う|PaizaCloud