paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」の開発者が、プログラミングやITエンジニアの転職などについて書いています。

20200204140738

ITエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」の開発者が、プログラミングやITエンジニアの転職などについて書いています。

VC投資先スタートアップ企業特集

炎上防止の強い味方!おすすめのプロジェクト管理ツール10選

f:id:paiza:20210303114954j:plain
f:id:paiza:20180910132940p:plainこんにちは。倉内です。

開発プロジェクトの成功を左右する「プロジェクト管理」ですが、過去プロジェクトの踏襲で結果的に「なんとなく成功した」「なぜか失敗した」となっていませんか?

確かにプロジェクトは規模や難易度によって千差万別で同じものがないため、プロジェクトマネジャー(PM)やリーダー(PL)の技量にかかっていると考える方も多いでしょう。

しかし適切なプロジェクト管理を助ける便利なツールは数多く存在しており、それらを有効活用しない手はありません。

今回は、プロジェクト管理の必要性や導入メリットと合わせて、できるだけ安価かつPM・PLはもちろんメンバー自身も使えるようなツールをいくつかご紹介したいと思います。

プロジェクト管理の必要性

納期(締め切り)と予算が決まっており、作るべきシステムの要件も分かっているのになぜプロジェクトの成功は難しいのでしょうか。

私は前職のSIerでSEとして大小さまざまなプロジェクトにかかわりましたが、スタート時はスムーズに見えたプロジェクトでも残念ながら最後まで順調にいったものは少なく、途中で炎上(デスマーチ進行や納期遅延など)してしまうことが多くありました。

炎上の原因は、プロジェクト計画時の見積もり(費用・工数)や要件定義、スケジュールの見込みの甘さもありますが、プロジェクト進行中の管理の甘さも十二分にあると思います。

たとえば、顧客要求でやむを得ず仕様変更が発生した場合など差し込みがあったときに適切なスケジュールの修正ができなかったり、増員をしたのに工数管理がうまくできず思ったより成果が出なかったりなどです。

プロジェクトに余裕がなくなってくると人員にも余裕がなくなるので、いきあたりばったりになり管理が杜撰になります。本来であれば余裕がないときほど管理を確実におこなわなければなりません

なお、プロジェクト管理の基本については以下の記事で解説しています。ここまで聞き慣れない用語などがあった方は参考にしてみてください。

paiza.hatenablog.com

プロジェクト管理ツール導入のメリット

余裕のないスケジュールの中でプロジェクト管理を適切におこなうには、ツールを利用してできる限り煩雑な手作業などを排除することが大切です。

ここではプロジェクト管理ツール導入のメリットを3つご紹介します。

情報共有をしやすくする

プロジェクトにおいて、参画メンバーで共有すべき情報は非常にたくさんあります。

たとえば、各マイルストーンの期日、各工程の作業期間といったプロジェクトの大枠のことから、メンバーの作業進捗状況、抱えている問題点や課題など細かなことまでさまざまです。

メールや口頭といった手段ももちろん必要になることもありますが、参画メンバーが多いほど情報は散らばって時系列で追うのすら難しくなります。何が最新情報なのか調べるだけでも無駄な時間を要すこともあります。

プロジェクト管理ツールはそういった事態を防ぎ、情報をリアルタイムで共有することに長けています。

可視化することで進捗を明確にできる

円滑なプロジェクト進行にはPM・PLとメンバー間のコミュニケーションが欠かせません。

しかし、大規模なプロジェクトではひとりひとりと密なコミュニケーションは難しく、現場のリアルな状況を把握できずに気づくと作業遅延を引き起こすこともあります。

そういった事態を防ぐために進捗状況やタスク量を可視化するツールが役に立つ場面は多いでしょう。

管理側が状況把握するのに便利という利点とともに、メンバー同士で作業量や進捗を確認できることで問題点を発見しお互いにフォローできるという利点もあります。

変更や追加などに柔軟に対応できる

理想としては、プロジェクト計画時点ですべての要件が明らかになり、プロジェクト完遂までひとつの変更もないことが望ましいかもしれません。

ただ、受託開発であればどうしても取り込まなければならない顧客の要望や要件定義時の認識齟齬、自社開発であればユーザーニーズや市場の変化などの要因でプロジェクトの途中でやむを得ず変更が発生する場合があります。

そのためスケジュールを引き直したり、膨らんだ工数の管理を適切におこなったりするには使いやすく変更対応しやすいツールの利用が不可欠です。

前述の通り、差し込みがあったときこそプロジェクト管理を確実にしなければプロジェクト炎上の引き金になってしまいます。

プロジェクト管理に役立つツール10選

以下の情報は、記事公開時点のものであり、今後変更される可能性もあります。ご利用の際には公式サイトをご確認いただくようお願いします。

Trello

f:id:paiza:20210303151417j:plain

  • プラン

Free / Business Class / Enterprise
詳細:Trello Pricing

  • 始め方

個人利用はメールアドレスで無料登録可能
Business ClassはWebサイトから無料トライアル可能

  • Trelloの特徴

タスクを「カード」で管理する、カンバン方式の定番ツールのひとつです。

チーム全体のタスク管理がしやすく、タスクひとつひとつの着手・進行中・完了といった状態を管理するのに長けています。

f:id:paiza:20210303154206p:plain

他のアプリケーションやツールとの連携がしやすく、SlackやJiraと連携して利用している企業も多いのではないでしょうか。

プランによっては公開範囲の制限機能でプロジェクトにかかわるメンバーにのみ情報を公開することもでき、二段階認証でのログインなどセキュリティ面でも安心です。

Taskworld

f:id:paiza:20210303154917j:plain

  • プラン

プロフェッショナル / ビジネス / エンタープライズ
詳細:料金 | 総合的に使える世界基準のタスク・プロジェクト管理ツールといえば、タスクワールド (Taskworld)

  • 始め方

有料登録のみ
ただし、プロフェッショナルとビジネスはWebサイトから無料トライアル可能

  • Taskworldの特徴

Trelloの進化版と言われ、よく比較されるTaskworld。こちらもカンバン方式のタスク管理ツールです。

f:id:paiza:20210303174935p:plain

Trelloは自由度が高いためユーザーが使い方を工夫することで便利になりますが、Taskworldの場合はプロジェクトのテンプレートが豊富に用意されておりクリックだけで用途に合ったボードを作成できます。

Taskworldには標準機能として、「タイム計測」があります。タスク完了までにかかった時間を計測(もしくは手入力)して表示できるので、生産性向上や業務改善の検討にも役立ちます。

Wrike

f:id:paiza:20210303175113j:plain

  • プラン

Free / Professional / Business / Enterprise
詳細:各種プランと価格設定 | Wrike

  • 始め方

5人までの利用が無料
すべてのプランでWebサイトから無料トライアル可能

  • Wrikeの特徴

Wrikeはプロジェクトを横断したタスク管理のしやすさが特徴で、ガントチャートやリソース管理、作業時間の把握など豊富な機能を有しています。

f:id:paiza:20210303183717p:plain

中でもレポート機能が便利で、現在の進捗をリアルタイムでビジュアル表示できるなど管理機能が充実しています。

開発プロジェクトでの利用はもちろんですが、5人までのユーザーであれば無料で基本機能が利用できるため小規模チームのタスク管理にもよいでしょう。

Jira Software

f:id:paiza:20210303185057j:plain

  • プラン

Free / Standard / Premium / Enterprise
詳細:Jira の価格 - 1 ユーザーあたりの月間および年間サブスクリプション料金 | Atlassian

  • 始め方

10名までの利用が無料
StandardとPremiumは無料トライアルが可能

  • Jiraの特徴

アジャイル開発のプロジェクトと相性がよく、スクラムボードとカンバンボードの切り替えでユーザーが使いやすい・見やすい画面を実現しています。

タスクの数や優先度を一覧で見たいときも現在のスプリントで進行中のタスクを見たいときもJiraならどちらもかなえられます。

f:id:paiza:20210303190623p:plain

数多くの外部アプリケーションとの連携が可能で、プロジェクト管理はもちろん、拡張によってさまざまな用途で利用可能です。

Jooto

f:id:paiza:20210303193227j:plain

  • プラン

無料プラン / スタンダードプラン / エンタープライズプラン
詳細:料金プラン - タスク・プロジェクト管理ツールJooto (ジョートー)

  • 始め方

4名までの利用が無料

  • Jootoの特徴

Jootoもカンバン方式でタスクを管理するツールです。「シンプルかつ直感的に使えるように。」とあるように、見たまま直感的な操作が可能なUIになっています。

これまで紹介したツールと違って日本語表記というのがありがたいですね。

f:id:paiza:20210303195527p:plain

タスクのカテゴリ化、チェックリスト機能など便利なサブ機能も充実しています。

また、Googleカレンダー、Slack、Chatworkといったアプリケーションとの連携が可能で、特にGoogleカレンダーの連携は重宝する場合も多いのではないでしょうか。

ZenHub

f:id:paiza:20210303210913j:plain

  • プラン

GROWTH / ENTERPRISE
詳細:Pricing and Plans for Every Organization | ZenHub Pricing

  • 始め方

無料トライアル可能

  • ZenHubの特徴

カンバン方式でタスク管理ができるZenHubは、GitHubに統合されており、GitHubを利用している開発チームには特におすすめのツールです。

GitHubのデータを利用するためプロジェクトの進捗は常に最新に保てますし、レポート機能も充実しています。

f:id:paiza:20210303211334j:plain

ひとつのEpicに対して小タスクが紐づく形になっているため全体像の把握が可能で、チェック漏れなどを防ぐことができます。

TeamHack

f:id:paiza:20210303200010j:plain

  • プラン

お試しプラン / ビジネス / フリーランス
詳細:プラン - チームハック | 生産性を高めるタスク管理ツール

  • 始め方

すべてのプランで無料トライアルが可能

  • TeamHackの特徴

これまでのタスク管理ツールは外部アプリケーションや他ツールとの組み合わせで利用することが多かったのですが、オールインワンのタスク管理ツールとして登場したのがTeamHackです。

f:id:paiza:20210303201658j:plain

タスクごとに担当者を設定でき、チャット機能がついているTeamHackは大規模なプロジェクトでもタスクの確認漏れを防ぐのに役立ちます。

特にタスクの進捗確認やメンション機能などが有用で、煩雑になりがちなレビューフローで重宝するはずです。

クラウドログ

f:id:paiza:20210303202812j:plain

  • プラン

ベーシックプラン / プレミアムプラン
詳細:利用料金 | プロジェクト管理・工数管理「クラウドログ」

  • 始め方

料金は利用ユーザー数に応じて変動するため見積り依頼が必要

  • クラウドログの特徴

効率的な工数管理を実現するクラウドログは、プロジェクトの進捗状況はもちろん、損益計算もできるツールです。

現在Excelで工数管理をしている方はインポート機能を使って簡単に移行が可能で、勤怠データや販売管理システムのデータを連携して利用することもできます。

f:id:paiza:20210303203355g:plain

ガントチャートがドラッグ&ドロップ操作で作成でき、スケジュールの遅れを知らせるアラート表示や多彩なレポート生成・出力などプロジェクト管理に欠かせない機能がそろっています。

Jector

f:id:paiza:20210303204445j:plain

  • プラン

初期費用+月額費用(利用人数・ストレージによって変動)
詳細:プラン | JECTOR クラウドストレージ

  • 始め方

無料トライアルが可能

  • Jectorの特徴

これまで紹介したものと少しタイプが違うのですが、Jectorはデザインや映像制作のプロジェクト管理で人気の高いツールです。

開発プロジェクトはデザイナーチームと進めることも多いかと思います。クラウドストレージとしての機能に特化していて、さまざまなデータ形式に対応しているためまさにデザイン案件のプロジェクト管理に適しています。

f:id:paiza:20210303204836j:plain

クラウド経由でのデータのやり取りにも優れており、便利かつセキュリティ機能も備わっています。

Brabio!

f:id:paiza:20210303205423j:plain

  • プラン

無料プラン / エントリープラン / ミッドレンジプラン / エンタープライズプラン
詳細:アップグレードプラン - プロジェクト管理,ガントチャート作成,スケジュール管理のブラビオ | ブラビオ(Brabio!)

  • 始め方

5名までの利用が無料

  • Brabio!の特徴

Brabio!はガントチャートに特化したプロジェクト管理ツールで、「とにかく『サクサク』と使えるやさしいツール」という表記の通り直感的な操作が可能です。

f:id:paiza:20210303210405p:plain

Pingと呼ばれる進捗報告機能を利用して進捗管理も容易におこなえます。

ユーザーモードの設定で、社内でだけ共有したい情報や社外ユーザーにも共有したい情報の公開が簡単にできるのもよい点でしょう。もちろんプロジェクトごとに異なる設定にできます。

まとめ

プロジェクト管理ツール導入のメリットとおすすめの管理ツールをご紹介してきました。

個人利用ではなく、プロジェクト単位で新しいツールを導入しようと思うと難しい場合もあるとは思いますが、ほとんどのツールで無料トライアル期間があるためぜひ実際に利用して検討してみてください。

管理ツールはあくまでプロジェクト管理を円滑にするのを助けるものです。PMやPLがプロジェクト管理を怠ると炎上は免れません。

paiza.hatenablog.com

それを踏まえた上でツールをうまく使いこなしていただければと思います。




paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

詳しくはこちら
paizaラーニング

そしてpaizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。

スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

詳しくはこちら
paizaのスキルチェック

paizaのおすすめコンテンツ

Webセキュリティ入門 ハッカー入門 Webセキュリティ講座がスタート!CVは内田真礼さん! Python✕AI 機械学習入門講座 CVに上坂すみれさんを起用!人気の機械学習講座を公開中!
paiza転職 paiza新卒 EN:TRY paizaラーニング Copyright Paiza, Inc, All rights reserved.