paiza times

paizaがお届けする、テック・キャリア・マネジメント領域における「今必要な情報」を届けるWebメディア

logo

paizaがお届けする、テック・キャリア・マネジメント領域の「今必要な情報」を届けるWebメディア

「Twitter有料化」が再びトレンドに、実際は「スパム・ボット対策」のテスト開始で期待の声 <paiza times News>

<paiza times News-ニュースの紐解き->

米X(旧Twitter)が2023年10月17日(現地時間)に、少額課金するプログラム「Not A Bot」のテストを開始すると発表。スパム・ボット対策のための施策テストですが、早速X上では「Twitter有料化」「X有料化」がトレンドに入り、その独り歩きで混乱が広がっていきそうです。

【目次】

paizaラーニング

少額課金するプログラム「Not A Bot」とは

今回の騒動(?)は、下記のポストが発端に広がっていってっます。

上記ポスト先にあるこちらの投稿を要約すると以下の通りです。

・新規アカウントに対しての話(=既存アカウント関係なし)

・少額課金のプログラムは「Not A Bot」と呼ぶ

・ニュージーランドとフィリピンでテストを開始

・新規アカウントにおいて、読み取り専用アカウントなら無料

・書き込みを行う場合は「年額1米ドル相当」を支払う必要がある

・スパム・ボット対策のための施策

・テストであるためその結果を追ってお知らせ

このような内容です。

つまるところ、「悪質なスパムやボットを駆逐するための一つの施策として、新規アカウント開設に制約を設けるテストを行う」ということです。それ以上でも以下でもありません。

9月の時点でイーロン・マスク氏は本件を頭出ししていたが…

Xの有料化に関しては、9月18日に開催されたイーロン・マスク氏とイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相とのライブストリーミングの対談にて頭出しがされていました。

ライブの模様はネタニヤフ首相のXポストから視聴可能です。


実はこの対談時も言葉の切り取りと伝言ゲームによってX上では「Twitter有料化」「X有料化」がトレンド入りしていました。

今晩(2023年10月18日)にかけても「Twitter有料化」という言葉の独り歩きで混乱が起きるかもしれませんが、スパム・ボット対策の一歩ということで正しい情報理解をした前提で期待を寄せたいところです。

Twitter社がイーロン・マスク氏に買収され、Xとなって以降混乱が収まってないのは事実でしょう。しかし、混乱の先でスパム・ボット対策が成され、健全なSNSに生まれ変わるのであれば、静寂の前のカオスとして耐え忍ぶ時期なのかもしれません。冷静に割り切って経過を見守っていければと思います。





paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

詳しくはこちら

paizaラーニング

paizaのおすすめコンテンツ

Webセキュリティ入門 ハッカー入門 Webセキュリティ講座がスタート!CVは内田真礼さん! Python✕AI 機械学習入門講座 CVに上坂すみれさんを起用!人気の機械学習講座を公開中!
paiza転職 paiza新卒 EN:TRY paizaラーニング 記事内に記載している情報は、記事公開時点でのものとなります。 Copyright Paiza, Inc, All rights reserved.