paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」(https://paiza.jp ギノ株式会社)の開発者が開発の事、プログラミングネタ、ITエンジニアの転職などについて書いています。

プロジェクトを炎上させないために、新人PMが読むべき書籍5冊

f:id:paiza:20170615150108j:plain
Photo by Rhys Morgan
f:id:paiza:20140916135428p:plainこんにちは。谷口です。

先日このような記事を書きました。
paiza.hatenablog.com

この記事でも書いている通り、開発プロジェクトにおいて「メンバーの働きやすさはPMにかかっている」というのは間違いないかと思います。

ただ、もちろんPMも人間ですから、限界はあります。見積もりがズレることや、厳しいスケジュールを組まなければならないこともあるでしょう。また、PM経験の浅い人の場合、どうやってトラブルを未然に防ぐかや、小さいうちに解決するかがわからず、悩んでしまうことも多いかと思います。

そこで今回は、プロジェクトマネジメントについて学べる書籍を5冊ご紹介いたします。

もちろんプロジェクトマネジメントは「本さえ読めば完璧にできるようになる!」というものではありませんが、今は実践的な知識が学べる書籍が増えてきました。「今後マネジメントをすることになりそう/なった」という人であれば、どれも一読して損はありませんので、ぜひ参考にしてみてください。

■プロジェクトマネジメントについて学べる書籍

◆担当になったら知っておきたい「プロジェクトマネジメント」実践講座

プロジェクトマネジメント入門者に最初の一冊として挙げるとしたらこれです。めっちゃわかりやすい。

第1章【基本】プロジェクトマネジメントとは何か
第2章【目標設定】未来視点で目標を設定する
第3章【計画】段階的に計画を立てる
第4章【実行】実行と修正のサイクルを回す
第5章【思考】プロジェクトマネジメント思考とは ~プロジェクト成功のために~
第6章《ケーススタディ》実際にプロジェクトマネジメントを体感しよう

という構成で、プロジェクトマネジメントにおける「最低限押さえておくべき知識と技術」をとにかく現場で使える実践的な形で解説しています。

◆人月の神話―狼人間を撃つ銀の弾はない

人月の神話―狼人間を撃つ銀の弾はない (Professional computing series (別巻3))

人月の神話―狼人間を撃つ銀の弾はない (Professional computing series (別巻3))

「人月」について誤って認識している人々が多い。人月とは見積りとスケジューリングに使われる仕事の単位である。「コストは実際に人数と月数の積に比例する。が、進捗はそうではない。したがって、仕事の大きさを測る単位としての人月は、疑うべき危険な神話なのだ。人月とは、人と月とが互いに交換できるという意味だからである。」

開発経験のある方ならわかるかと思いますが、例えば3人で5ヶ月かかるプロジェクトの工数は15人月と換算されます。では、そのプロジェクトに人を15人投入すれば1か月で終わるのかというと、ほとんどの場合は炎上してしまいます。

こうした「遅れているプロジェクトに人を追加しても、ますます遅れるだけである」というブルックスの法則についても紹介されています。

すでに多くの人が読んでいるかと思いますが、「ソフトウエア開発がいかに難しいか」を説いた、今なお人気の衰えない古典です。

◆ソフトウェア見積り 人月の暗黙知を解き明かす

ソフトウェア見積り 人月の暗黙知を解き明かす

ソフトウェア見積り 人月の暗黙知を解き明かす

人月の神話のところでお話した人月問題もそうですが、炎上するプロジェクトはスケジュール管理、ひいては見積もりの段階から問題を抱えていることがほとんどです。

逆に言えば、見積もりというのはそれぐらい難しい仕事です。なんとなーくの感覚で見積もられたプロジェクトは確実に炎上します。

ソフトウエア工学の第一人者であるスティーブ・マコネル氏の「なるべく正確に見積もるためにはどうすればよいのか」という知見が詰まった一冊です。

◆ピープルウエア

ピープルウエア 第3版

ピープルウエア 第3版

システムコンサルタントのデマルコ氏が「開発プロジェクトで技術よりも何よりも大事なものは「人」である」ということを説いた一冊です。

プロジェクトチームに入ったメンバーをいかに扱い、仕事の質を向上させていくかが、著者の経験則から書かれています。

◆ずっと受けたかったソフトウェア・エンジニアリングの授業シリーズ

ずっと受けたかったソフトウェアエンジニアリングの授業1 増補改訂版

ずっと受けたかったソフトウェアエンジニアリングの授業1 増補改訂版

マネジメントについて直接書かれた本ではありませんが、エンジニアを目指す学生や新入社員向けにソフトウェアエンジニアリングの全体像を解説した書籍です。

「そんなこと新人研修で習ったから大丈夫」という人はよいのですが、「ソフトウエア開発の全体像について説明できる自信がない」「初めてマネジメントの仕事をすることになった」という人にはおすすめです。

■まとめ

プロジェクトの炎上を絶対に防止できる方法というのはありませんが、先人の経験や知恵を学んだり、それをもとに対策を講じたりしておけば、プロジェクトをスムーズに進められる可能性は確実に上がります。

今回ご紹介したのは、ただ知識を並べるだけでなく、実践的な解説が多い書籍ばかりですので、ぜひ参考にしてみてください。


paiza転職では、転職時のミスマッチをなくし、エンジニアがより技術面にフォーカスしたやりがいある仕事を探せるよう、「残業30時間以内」「一部在宅勤務可」「裁量労働制」といった条件からもエンジニア求人を探すことができます。転職をご検討中の方はぜひ一度チェックしてみてください。

paiza.jp




paizaは、技術を追い続けることが仕事につながり、スキルのある人がきちんと評価される場を作ることで、日本のITエンジニアの地位向上を目指したいと考えています。

paiza転職」は、自分のプログラミング力が他社で通用するか(こっそり)腕試しができる、IT/Webエンジニアのための転職サービスです。プログラミングスキルチェック(コーディングのテスト)を受けて、スコアが一定基準を超えれば、書類選考なしで複数の会社へ応募ができます。
paiza.jp
まずはスキルチェックだけ、という使い方もできます。すぐには転職を考えていない方でも、自分のプログラミングスキルを客観的に知ることができますので、興味がある方はぜひ一度ご覧ください。
paiza.jp

ITプログラマ・エンジニア向け転職・就活・学習サービスのpaiza