paiza times

paizaがお届けする、テック・キャリア・マネジメント領域における「今必要な情報」を届けるWebメディア

logo

paizaがお届けする、テック・キャリア・マネジメント領域の「今必要な情報」を届けるWebメディア

エンジニアに求められるマネジメントとは?求められる役割・業務内容を解説

こんにちは、谷口です。

開発が好きなエンジニアの方がチームリーダーやプロジェクトマネジャーなどをやってくれと言われると、つい「マネジメントしたくない」「できればエンジニアのままがよい」と思ってしまうかもしれません。

しかし、経験を重ねて後輩や部下が増えれば、プロジェクトやチームをまとめたり牽引したりする仕事を求められる機会も増えてきます。また、エンジニアを募集している企業にも、応募者にそういったマネジメント経験を求めたり、リーダー的なポジションを募集するところは少なくありません。

一言でマネジメントと言っても、実際にはいろいろな種類やポジション、業務内容があります。

今回は主にエンジニアに求められるマネジメント業務について解説します。

エンジニアに求められるマネジメント業務とは

プロジェクトマネジメント

マネジメントと言われると、プロジェクトマネジメントを思い浮かべる人も多いかと思います。プロジェクトマネジメントとは、期限までに納品物を作り上げるためにスケジュールを立てたり、メンバーのタスクと進捗の管理、プロジェクトをコントロールするマネジメントです。

たとえば、受託開発におけるプロジェクトマネジャーの場合、主に

  • 要件定義
  • 体制構築
  • 進行管理
  • 要件調整

などといった業務があります。

場合によっては、契約時の予算管理、プロジェクトに必要な人材の確保から入ったりする場合もあります。プロジェクトが開始してからは、顧客との要件のすりあわせやWBSの作成、メンバー個々のタスク管理や進捗確認などが主な業務となります。

なおpaizaラーニングの「情報処理入門マネジメント編」では、プロジェクトマネジメントについて学べる動画レッスンを公開しています。

チームマネジメント

開発業務はほとんどの場合エンジニア一人ではなく、複数人でチームを組んで進めます。チームマネジメントとは、そのチームに所属するメンバー個々の働きやチーム全体の生産性を高めるためにマネジメントをすることです。

エンジニアの仕事を続けて年次や経験を重ねていくと、後輩や部下が増えてきますよね。チームリーダーとして、彼らをまとめあげ、一緒に成果を上げることが求められたりもするでしょう。このときに必要なのがチームマネジメントです。

主な業務には

  • 進行管理
  • 会議進行
  • 対外折衝(要件定義、摺合せ)
  • チームの運営・仕組み作り
  • 採用活動
  • メンバーの評価・評価指標の検討

などがあります。

チームマネジメントで重要なのは、メンバーとの情報共有やコミュニケーションを欠かさず、適切な目標や期限を設定し、目標達成や効率化を目指して成果をあげることです。

多くの企業(※開発内容・国内外問わず)では、例えばAサービスのフロントエンド開発チームのリーダー、Aサービス全体の開発部門のリーダー、CTO…などというように、プレイングマネジャー的な役割のエンジニア達がこういったマネジメント業務を務めています。

プレイングマネジャーとはその名の通り、「実務もできるしマネジメントもする」ポジションです。チームリーダーから、大きな組織をまとめる管理職まで、「マネジメントを担ってくれる人材」を募集している企業は多いですが、近年ではほとんどの募集企業がこうしたプレイングマネジャーを求めています。

SIerや受託開発から自社開発企業への転職を目指す方の中には「プロジェクトマネジメントの経験なんて、転職先では役に立たないだろうな…」と言われる方もいますが、チームマネジメントではその経験が大いに生かせます。そのため、プロジェクトマネジメントの経験を意外に高く評価してくれる企業も多くあります。(もちろん開発スキルや技術の知識レベルが求められる水準に達している必要はありますが)

プロダクトマネジメント

ここ数年、特にプロダクトの重要性が高いIT系スタートアップ企業を中心にプロダクトマネジャーのポジションを設ける企業が増えています。PM(プロジェクトマネジャー)と区別するためにPDMと呼ばれることもあります。

プロダクトマネジメントで必要なのは、文字通りの「製品の管理」だけではありません。

プロダクトマネジャーは、ビジネス的な戦略を立てて意思決定をしたり、ユーザーのニーズを調査・把握して満足度をどうやって向上させるかを考えたりする立場です。もちろん、プロダクトの開発を開発を実現するための技術についても精通していなければなりません。

顧客とプロダクトにかかわるすべての責任を持つため、ミニCEOと呼ばれることもあります。

まとめ

エンジニアとしての年次を重ねていくと「自分の強みは何なのか、どこで自分の価値を発揮できるか」が非常に重要になってきます。

「エンジニアリングだけでやっていくには限界があるかもしれないな…」「自分に付加価値をつけたり市場価値を上げたいな」と考えている人は、マネジメント業務に挑戦してみるのもよいでしょう。実際、開発経験とマネジメント経験の両方があるエンジニアは多くの企業からの需要がありますし、自分のできる領域を広げることができます。


プロジェクトマネジメントなどについて学べるpaizaラーニングの「情報処理入門マネジメント編」について詳しくはこちら

paiza転職について詳しくはこちら
paiza転職





paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

詳しくはこちら

paizaラーニング

そしてpaizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。

スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

詳しくはこちら

paizaのスキルチェック

paizaのおすすめコンテンツ

PPG proken プログラミングゲーム「初恋 プログラミング研究会〜海に行こうよ〜」 PPG Bingo プログラミングゲーム「コードレビューBINGO!!」
paiza転職 paiza新卒 EN:TRY paizaラーニング 記事内に記載している情報は、記事公開時点でのものとなります。 Copyright Paiza, Inc, All rights reserved.