paiza times

paizaがお届けする、テック・キャリア・マネジメント領域における「今必要な情報」を届けるWebメディア

logo

paizaがお届けする、テック・キャリア・マネジメント領域の「今必要な情報」を届けるWebメディア

資格欄に書くためだけに勉強していないか?

まず前提として、インターネット上には「資格を取ることに意味があるのか」「社会人が取るべき資格」といった記事が溢れていますが、この記事でそういった内容には言及しません。

また、今回は「取得しないと仕事ができない」(例:運転免許を取得しないと車の運転に関わる仕事ができない)資格については除外します。

筆者自身、「基本情報技術者」「Oracle Certified Java Programmer, Bronze SE」といったITエンジニアとしてはそう特別ではない資格を取得していますが、今回はこれらの資格を取った自分自身について振り返りながら、資格勉強について考えてみたいと思います。


<この記事の著者>

かいり - Tech Team Journal

QAエンジニア

文系未経験から開発エンジニアとしてSIerに新卒入社する。その後Web系事業会社も経て開発経験を積んだのち、得意なシステムテスト技術をより活かせるQAエンジニアにジョブチェンジした。

現在は「テストが得意なエンジニア」として上流工程からのテスト活動を推進している。


【目次】

私が資格を取った目的

私自身の話になりますが、「基本情報技術者」も「Oracle Certified Java Programmer, Bronze SE」も、当時所属していた会社が取得を推奨していたから
同期が取得していたからというお世辞にも意識の高くない理由で取得したと正直にここに申し上げておきます。

また、「いつか転職活動をする時に役に立つかもしれない」という動機もありました。実際私はIT業界内で二度転職をしていますが、その際に資格が役に立ったのかは当時の採用担当者に話を聞くことができない以上わかりません。

会社の推奨する資格を取得でき(そして資格奨励金をいただき)、転職も最終的に成功しているので目的は達成できているといえます。

ただし、一つだけ後悔していることがあるのでそれについては後述します。

資格を取る目的

資格を取得するのには以下のようなものだけでなく、さまざまな目的があるでしょう。

・今就いている仕事の中でキャリアアップしたい
・体系的な知識を身につけたい
・転職活動や就職活動に役立てたい
・単純に資格を取るのが楽しい
・話のネタにしたい

私はその目的自体の是非について何か言う気は全くありません。知識を身につけたいと思って勉強している人に「(転職などの)役に立たないからする意味がない」などと言うことはそれこそ意味がないと考えています。

ただ、今回の記事で一つだけお伝えしたいことがあるとすれば、

「目的を見誤った資格勉強」だけは本当にオススメしない
ということです。

先ほど、私は「当時所属していた会社が取得を推奨していたから」「同期が取得していたから」「いつか転職をする時に役に立つかもしれない」という3つの目的を挙げ、それは達成できたと書きました。

ですが、よくよく考えてみると「せっかくなら体系的な知識を身につけたい」という意欲も自分の中にはありました。もちろんある程度は身に付いているでしょうが、何割かはもう現時点で忘れてしまっていて、それを後になって非常にもったいないことをしたと思っています。

ある程度採用する側にも回ってみて思うことは、特に「資格欄に書くためだけの資格勉強」は非常にもったいない、ということです。もし「就職活動、転職活動に役立てる」ことを目的とするなら、当然採用する側は「その知識を実業務にも活かす」ことを一定期待するわけなので、「単語を暗記した(意味は理解していない)」「4択問題のクセを理解して正解を選ぶことができる」だけでなく「意味を理解して自分の身にする」ことが必要になってきます。そうでないと、書類選考が通っても面接で聞かれて落ちる可能性が上がります。

終わりに

もしこれから何か資格を取ってみようと思っている方や、すでに何かの勉強を進めている方は、「それが何のための勉強なのか」ということに立ち返ってみてもいいかもしれません。

(文:かいり)





paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

詳しくはこちら

paizaラーニング

paizaのおすすめコンテンツ

PPG proken プログラミングゲーム「初恋 プログラミング研究会〜海に行こうよ〜」 PPG Bingo プログラミングゲーム「コードレビューBINGO!!」
paiza転職 paiza新卒 EN:TRY paizaラーニング 記事内に記載している情報は、記事公開時点でのものとなります。 Copyright Paiza, Inc, All rights reserved.