paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」(https://paiza.jp ギノ株式会社)の開発者が開発の事、プログラミングネタ、ITエンジニアの転職などについて書いています。

「現職への転職を考えたきっかけは?」活躍するエンジニアたちに聞きました【paizaインタビュー】

f:id:paiza:20171226112548j:plain

エンジニアで転職を考えている人にとってのヒントが満載です!


IT/Webエンジニアのための転職サイト「paiza転職」では、転職を経験されたエンジニアの方、そしてその企業の採用担当者の方へのインタビュー記事公開しております

どういうきっかけで転職を考えたのか、そして、転職活動でうまくいったこと、苦労したことは? 実際に転職したエンジニアの生の声をご覧ください。


「プレーヤーとしてエンジニアを続けていきたい」 転職で出会った理想の環境

最初にご紹介するのは音楽アーティストのファンクラブサイトなどを手がけるエンタメ系IT企業、株式会社アクセルエンターメディアに転職したお二人。それぞれ違う経歴ながら、ともにプレーヤーとして技術を追い続けていきたいと決意して同社へ転職。今はとても充実した環境で仕事ができていると口をそろえます。彼らが転職活動でどうやって理想の会社に巡り合えたのかをじっくりお聞きしました。


――それぞれ今回の転職活動では、企業選びのポイントとして、どんなところを意識していましたか?

Mさん: 何よりプレーヤーとして仕事ができる環境を求めていました。そのほかでは、エンドユーザーの顔が見えて、風通しのいい会社で働きたい思いも強かったです。それもあって、あまり規模が大きくない会社のほうがいろいろと合ってそうだな、と思ってましたね。

Sさん: 自分はとにかくフロントエンドがやりたかったのでそのポジションかどうか、あとは自社開発をやっているかどうかを見ていました。まずは面談に行ってみて、その会社でどんな人が働いているのかを見たあとに決めようと思っていました。

――入社して実際に業務をされてみていかがですか。

Sさん: とても充実していると思います。特に変わったなと感じるのが、今は自社開発なので、前職の客先常駐スタイルと比較して施策の提案がしやすくなったことですね。社内で積極的に意見できる環境になったことは自分にとって大きいです。

Mさん: 今はプレーヤーとして、開発がメインに仕事ができているのでとても楽しいです。また、今まで苦手としていたインフラやネットワークにもチャレンジできていますし、自分にやれることも増えましたから、満足しています。瞬間アクセスが何十万といくこともありますし、改めてやりがいを感じていますね。

続きはこちら!
paizaインタビュー:株式会社アクセルエンターメディア


最先端領域で裁量をもって開発をしたい IoTの注目ベンチャーへ転職

続いては、クラウド録画防犯カメラのプラットフォームを手掛ける注目企業、セーフィー株式会社に転職されたエンジニアへのインタビューです。AIやIoTといった新技術が目覚ましい勢いで生活に浸透する時代を迎え、志あるエンジニアは、より自分の興味に沿ったフィールドで活躍のチャンスを求めるようになってきました。セーフィーに転職した大場悠介さんもそのひとりで、スキルや興味を生かせる環境を探してこの会社へ。現在、充実の日々を送る大場さんに、現職の魅力を語っていただきました。


――10年も勤務した会社を辞めて、今回転職しようと思った理由とは何だったのでしょう?

前職にいたときから、世の中が劇的に変化しているのを感じていました。5年前にはまったく想像もできなかったような世界になっているな、と。たとえば、AIとかドローンなんて、5年前にはこうなっているなんて思いもしなかったですよ。

そして、これからの5年はもっと変化のスピードが加速していくんだろうなと思いまして。そういう未来を想像したときに、自分もその波に乗って仕事をしたいと思ったんです。前職でも最先端の領域で仕事はしていましたが、ニッチな部分が大きかったんですよね。これからは自分が主導して世の中を変えられるようなものを作っていきたい、そういうものが作れる環境で働きたいな、と考えるようになりました。そんななかで、まず注目したのがIoTでした。

――今の仕事で印象的なことはありますか?

スピード感は前職とは全然違いますね。開発スピードはもちろん、会社としての判断も早いです。周りのエンジニアはみんなスキルのある人ばかりですが、手取り足取り教えてもらえる環境ではありません。今は会社の求めるスピードについていくために、とにかく勉強、勉強の日々です。

チームを組んでみんなで一生懸命何かをするというよりは、各々が自律的にチャレンジしていって、どんどん成果物ができあがるというスタイルです。エンジニアはみんなスキルがあってポリシーを持つプロフェッショナルの方々なので、技術的な議論が白熱することもあります。切磋琢磨できる環境で仕事をすることができているので、とても充実しています。

続きはこちら!
paizaインタビュー:セーフィー株式会社


自分の得意な言語で一点突破 非エンジニア職からゲーム開発へ

次にご紹介するのは、エンジニア職未経験からゲームエンジニア職に転職するという異色のキャリアを歩む男性。『SKYLOCK』『大戦乱!!三国志バトル』『大連携!!オーディンバトル』など、数々のモバイルコンテンツで知られる株式会社gloopsへ見事転職された美濃爽太さん(25歳)にお話を聞きました。


――転職活動では、どんなポイントで企業を選ばれましたか?

技術はあっても、前職ではエンジニア専任ではありませんでしたし、実質未経験のようなものでしたので、売り込めるものがあまりありませんでした。ですから、未経験でもエンジニアとして採用してくれるところとなると、それだけで絞られました。さらに、アピールポイントはスキルだけだと思っていたので、何より自分が得意としている言語、C#をメインに扱っている企業で選んでいきました。

今の会社ともう1社を受けて、結果的にどちらからも内定はいただけたのですが、一方はC#がメインではなかったんです。やはりエンジニアとして生きていけるか不安でしたので、最終的には得意とする言語をメインに扱うほうで、というのが決め手になりました。

――転職活動ではpaizaを使っていただきましたが、どういう理由からだったのでしょうか。

知ったきっかけは知人からの紹介でした。とにかくエンジニアになりたい気持ちが強かったので、特化した媒体だということで使い始めました。登録して2日くらいで今のスキルランクを取って、そこからはエンジニア職未経験でも応募できる求人をひたすら探していましたね。そのなかでこの会社を見つけました。

――今後、この会社でどんなキャリアを築きたいと考えていますか?

スペシャリストとして、尖った技術力を持った人材を目指していこうと考えています。欲を言うなら、もっとコードを書きたいですね。実は、ゲームへのこだわりはそこまでないんです。ゲームってどういうふうに動いているんだろうみたいなことが知りたくて入社したので、方向としては将来もっとベースの部分に関われればいいなと思います。それは会社にも希望を伝えています。

続きはこちら!
paizaインタビュー:株式会社gloops


自分の作ったもので人々をハッピーに その思いを自社サービス企業で実現

最後にご紹介するのは、アフリカの未電化地域に「電力量り売り」サービス『WASSHA(ワッシャ)』を提供している株式会社Digital Gridに、フルスタックエンジニアとして転職された方へのインタビューです。同社に転職された黒田悠人さんは、それまでは受託開発がメインのSIerで働いていましたが、あるきっかけで本格的に転職活動を始め、この会社にめぐり合ったそうです。入社までの経緯や同社で働こうと決意するに至った経緯を聞きました。


――今回、転職を考えたのはどういう理由からだったんでしょうか。

受託開発ではクライアントがいるので、開発していて使いにくいなと感じるなど、たとえ自分が納得のできないものだったとしても成果物として出さなければいけないときがあります。エンジニアとして最初のころは、設計通りに作れればそれで十分だったのですが、キャリアを重ねる中で、だんだんと「自分が作ったものにどれだけ意味があるのか」を知りたいという欲求が強くなってきたんです。「本当にクライアントのためになるものを作れているのだろうか」と考えることが増えていきました。業務量自体も案件によっては膨らむことがあって、心身ともに少しずつ疲れてきていたと思います。

そんなある日、仕事でとても疲弊した日があって、帰宅後に妻の前でポロっと仕事の愚痴が出てしまったんです。よっぽど疲れた顔をしていたんでしょうね、妻から「そんなにつらいなら転職したらいいんじゃない? つらそうな顔を見るのは私もつらい」と言われてしまって。そこから本格的に「妥協せずにやりたい仕事ができるところへ転職しよう」と思うようになりました。

――今回の転職活動ではどのくらいの企業に応募されたんですか?

本格的に就職活動を進める前から人材紹介会社は使っていて、そのときからいくつか応募してはいました。ただ、企業研究をしたり面接を受けてみたりしても、「ここだ」と思える企業になかなか巡り合えませんでしたね。他には知人のつてで1社お話をいただいていたところがあって、そこへの入社も検討していました。

paizaを転職に使い始めたのはそのころです。もともとはプログラミングの勉強のために使っていたんですが、その後求人票もパラパラと見るようになって、そのなかで見つけたのが今の会社でした。初めに見たときからとても興味深い内容だったので、「気になる」ボタンを押してみたんです。するとその後スカウトメールが送られてきまして。「お互いに気になっているならお話を聞こう」と思い応募したらそのままあれよあれよと決まってしまいました。結局、paizaを使って応募したのはこの会社だけだったんですが、その1社で決まりました。

――結果的にお互いに相思相愛だったんですね。

自分の考えていた企業選びのポイントにすべて合致していましたから、かなり志望度は高かったですね。

さらに、この会社の「『電気がある暮らし』を世界中の人々に。」という理念にも非常に共感できました。実は、過去に海外勤務の経験があるんです。当時仕事をしていた町には、廃墟のようなところにしか住めず、劣悪な環境で生活を強いられている人たちがまだまだたくさんいました。その記憶は今も自分の頭に強く残っているんですよね。この仕事を通じて、自分が作ったものでそういう人々の生活を変えていければいいなと思ったんです。

続きはこちら!
paizaインタビュー:株式会社Digital Grid


その他のインタビュー記事はこちらから読めます! お休みが多いこの時期、転職を検討されている方はぜひご一読ください!




paiza転職は、転職時のミスマッチをなくし、エンジニアがより技術面にフォーカスしたやりがいある仕事を探せる転職サービスです。プログラミングスキルチェック(コーディングのテスト)を受けて、スコアが一定基準を超えれば、書類選考なしで複数の会社へ応募ができます。

paiza転職

まずはスキルチェックだけ、という使い方もできます。すぐには転職を考えていない方でも、自分のプログラミングスキルを客観的に知ることができますので、興味がある方はぜひ一度ご覧ください。

paizaのスキルチェック

ITプログラマ・エンジニア向け転職・就活・学習サービスのpaiza