paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」(https://paiza.jp ギノ株式会社)の開発者が開発の事、プログラミングネタ、ITエンジニアの転職などについて書いています。

エンジニア募集企業の中を取材!「オフィス訪問レポート」始めました

paizaでは新しいコンテンツとして、paizaに求人掲載している企業を直接訪問&取材した「霧島京子のオフィス訪問レポート」の公開を始めました。

実際のオフィスはどんな環境なのか?中のエンジニア達はどんなふうに働いているのか?…気になるあの企業の中身、のぞいてみませんか?


株式会社ビズリーチ

第1回は「ビズリーチ!」のテレビCMでもおなじみ、転職サイト「ビズリーチ」や「キャリトレ」などを運営する株式会社ビズリーチです。

渋谷駅から徒歩4分にある、渋谷クロスタワー。このビルにビズリーチの本社があります。

こちらがエントランス。ビルの中なのに草原が広がっています。イベントなどにも使われるこのスペースは、CTOがプロデュースしたそう。椅子や机など、この部屋にあるものはすべてCTOが選んだものだといいます。

オープンスペースの中には、小高い丘もありました。再度お知らせしますが、ここはオフィスビルの中…。ビルの中に丘がある…。

続きはこちら!
オフィスも「すごいな、ビズリーチ!」エンジニアが100%実力を発揮できる仕組みが満載

株式会社ランドスケイプ

データベースマーケティングの支援事業を行っている株式会社ランドスケイプです。

新宿からわずか1駅、京王新線初台駅から直結の東京オペラシティタワー。その15階に株式会社ランドスケイプがあります。オフィスが駅直結なのはうれしいですね。扉を開けて中に入ると…

いきなり巨大な亀さんがお出迎え(本物ではなくオブジェです)。海(ビーチ)をイメージしたエントランスです。

エントランスに直結する営業チームのブロックも海っぽさが全開。奥には海の家っぽい部屋もありますね。ちなみに、このチームはフリーアドレスになっていて、どこに座って仕事してもいいんだそうです。

続きはこちら!
ビーチに深海にラスベガス!?ランドスケイプのオフィスはまるでテーマパーク!

Sansan株式会社

「それさぁ、早く言ってよ~!」のCMが印象的な、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」と、名刺アプリ「Eight」を提供するSansan株式会社です。

表参道駅から徒歩4分。都心のど真ん中にあるSansan株式会社のオフィス。

エントランスにある来客受付用の端末。顔写真から担当者を呼び出せるようになっています。分かりやすくていいですね。

「スタジアム」と呼ばれる広々としたオープンスペース。数人で打ち合わせをするチームもあれば、1人黙々と集中して作業している人もいました。気分転換にはもってこいの開放的な空間ですね。

続きはこちら!
お堅い感じかと思いきや…Sansanの超おしゃれなオフィスにびっくり!

株式会社リブセンス

求人サービス「転職ナビ」「マッハバイト」「転職DRAFT」や、クチコミサイト「転職会議」「就活会議」などを運営する株式会社リブセンスです。

目黒駅の西口から歩いてわずか2分、新目黒東急ビルの5階にある株式会社リブセンスのオフィス。

木でつくられたエントランスがお出迎え。おしゃれなカフェに来たのかと錯覚します。

エントランスから一続きになっている「コラボレーションラウンジ」というオープンスペース。木材を一面に使っていて温かみがあります。

続きはこちら!
仕事場なのにとっても癒される!リブセンスのオフィスは木の温もりあふれる空間でした



 

paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

詳しくはこちら

paizaラーニング

そしてpaizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。

スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

詳しくはこちら

paizaのスキルチェック