paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」の開発者が、プログラミングやITエンジニアの転職などについて書いています。

logo

ITエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」の開発者が、プログラミングやITエンジニアの転職などについて書いています。

エンジニア面接のコーディングテストで落とされないための対策

f:id:paiza:20161203171827j:plain
f:id:paiza:20140916135428p:plainこんにちは。谷口です。

転職活動を始めると、面接でどんな質問をされるのか、どんな答え方をしたらよいのか、調べて対策する人も多いですよね。

では、コーディングテストについてはどうでしょうか? ITエンジニアの採用選考では面接だけではなく、オンラインで問題を解いたりその場でコードを書いたりするコーディングテストがよく実施されています。何も対策せずにテストを受けて落ちるのは避けたいところです。

そこで今回は、ITエンジニアの採用選考において

  • コーディングテストとは何か
  • どんな対策をとっておくとコーディングテストを通過できるのか

についてお話しします。

転職に興味があるエンジニアの方、転職活動中の方の参考になればと思います。

エンジニアの採用選考におけるコーディングテストって?

中途エンジニアの採用選考でコードを書くような問題が出題されたりする選考試験がコーディングテストと呼ばれています。(コーディング試験、技術面接などと呼ばれる場合もあります)

新卒や未経験者と違い、経験者としてエンジニア求人に応募する場合、まず求められるのは開発スキルや知識です。優秀なエンジニアを採用したい企業であれば、選考中にまったくスキルを見ない……なんてことはあり得ません。

エンジニア経験者向けの求人に応募するのであれば、コーディングテストの対策はほぼ必須と言ってよいでしょう。

実際によく実施されているコーディングテストの内容

f:id:paiza:20180926110203j:plain
コーディングテストの実施形式は

  • その場でホワイトボードなどにコードを書く
  • ペーパーテスト形式
  • Web上で解く形式

などがあります。

企業はコーディングテストを通して、応募者の「プログラミングやアルゴリズムに関する基礎知識」を見極めようとしています。少し複雑な問題になってくると「論理的に考える力」「プログラミングをするときの考え方」「コードの書き方」なども見られます。

Web試験ならまだしも、エディタのないホワイトボードや紙の上にコードを書かされるのは、やり慣れていないと予想外に苦戦するかもしれません。ただ、そういった形式の選考で企業が気にしているのは、細かいコードの正しさよりも考え方や解き方なので、落ち着いて取り組むことを心がければ大丈夫です。また、後で「どうやって考えて解いたのか」説明を求められることも多いため、解きながら「どこがポイントなのか」「何を見られているのか」を意識しておくといいでしょう。

コーディングテストであわてないために、paizaのスキルチェック問題などを利用して、プログラミング問題に慣れておくのもよいでしょう。

paizaのスキルチェック問題について詳しくはこちら
paizaのスキルチェック

面接で技術的な考えや知識を聞かれる場合もある

エンジニア経験者の面接では、コーディングテストだけでなく

  • こういうサービスを開発していてこんな不具合が起きたら、どこに問題があると考えますか、どこを調べてどんな対応をとりますか
  • 前職ではどんな技術的なトラブルにあったことがありますか、そのときどんな対応をしましたか

といった質問をされることもあるでしょう(実際にはもっと具体的な条件なども提示されるかと思います)。

実際に手元にシステムがあるわけではありませんから、このような技術的な質問には、明確な正解があるわけではありません。

冷静に「ふだんの開発業務だったらどうするか」を考えて、「自分ならまずこの順番で原因を調べる」「こんなトラブルが起きたときはこんなふうに解決した」といったことを説明しましょう。会話の中で、詳しい状況や判断材料を質問してもかまいません。

こうした質問を通して、企業側は実際に同様の経験があるか、完璧な対応ができるかよりも

  • 開発や調査の基本的な手順を理解しているか
  • どんなことを考え、重視して開発しているか

を知りたいと考えています。どんなベテランのエンジニアでも、すべての分野の経験や知識があるわけではありません。落ち着いて自分の考えや経験、知識を整理して説明できれば大丈夫です。

今すぐできるコーディングテスト対策

f:id:paiza:20210730190109j:plain

プログラミング問題の練習をする

日頃からプログラミング問題を解いていると、採用選考で試験があった場合も焦らずに済みます。

前述の通り、paizaのスキルチェック問題は、レベル別のプログラミング問題に誰でも・何度でも挑戦できます。また、問題には制限時間もありますので、限られた時間の中でコードを書く練習にもなります。

また、プログラミングが動画で学べるpaizaラーニングの「アルゴリズム入門編」「スキルチェック入門編」でも、技術面接でよく出るようなプログラミング問題のアルゴリズムや効率のよい解き方を解説しています。プログラミング問題に興味がある方はぜひごらんください。

paizaラーニング

まとめ

何の準備もなしにいきなりコーディングテストを受けるよりも、「実施されるかもしれない」と知っておけば心の準備ができますよね。

エンジニア経験者の採用選考であれば、技術的な選考が一度も実施されないということはまずあり得ません。エンジニアとしての転職を目指す方は、自分のスキルをアピールするためにも、普段から上記のような対策を意識しておくとよいでしょう。

paiza転職では、ただいま期間限定で「年収保証スカウト」を実施しています。

年収保証スカウトを受けるのに必要なのはキャリアシートの登録とスキルチェック問題の受験のみです。

年収保証スカウトは、エンジニアの技術と経験を正しく評価した上で、現年収以上の給与額を保証するスカウトサービスです。前述のスキルチェックでBランク以上を取得している方であればどなたでもご参加いただけます。

paiza年収保証スカウトと一般的なスカウトとの違い
  • スカウトの段階で、にオファー予定の年収額が提示されます
  • 提示される年収は現年収以上を保証します

また、この年収保証スカウトで転職先が決まり、実際に入社された方にはpaiza転職から転職お祝い金として、10万円分のAmazonギフトカードもしくはApple Storeギフトカードをお送りします。

年収保証スカウトについて詳しくはこちら
年収保証スカウト

paiza転職について詳しくはこちら
paiza転職





paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

詳しくはこちら

paizaラーニング

そしてpaizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。

スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

詳しくはこちら

paizaのスキルチェック

paizaのおすすめコンテンツ

Webセキュリティ入門 ハッカー入門 Webセキュリティ講座がスタート!CVは内田真礼さん! Python✕AI 機械学習入門講座 CVに上坂すみれさんを起用!人気の機械学習講座を公開中!
paiza転職 paiza新卒 EN:TRY paizaラーニング 記事内に記載している情報は、記事公開時点でのものとなります。 Copyright Paiza, Inc, All rights reserved.