paiza times

paizaがお届けする、テック・キャリア・マネジメント領域における「今必要な情報」を届けるWebメディア

logo

paizaがお届けする、テック・キャリア・マネジメント領域の「今必要な情報」を届けるWebメディア

なぜポモドーロテクニックが最強の集中法なのか

集中するの、得意ですか?私は苦手です。

「このタスクを仕上げるぞ!」と意気込んでも、途中の割り込みタスクに翻弄されたり、完了していない他のタスクが気になってしまったり……。また、家で仕事をしていることもあり、家族に話しかけられて中断を余儀なくされることもしばしば。

そこで私が活用しているのは「ポモドーロテクニック」という集中法。

世の中にはさまざまな集中メソッドがありますが、個人的にはこれが最強です。「タスク」ではなく「時間」にフォーカスをするこの方法は、強力なのに簡単で、誰でもすぐに実践できます。

今日はポモドーロテクニックの魅力についてご紹介しましょう。

【目次】

paizaラーニング

ポモドーロテクニックとは?

ポモドーロテクニックのやり方はシンプルです。25分の集中時間と5分間の休憩時間を1ポモドーロとして、このセットを繰り返していく。それだけです。

公式の本にはもうすこし込み入ったルールや手順が紹介されています。たとえば、

  • 4セットが完了したら、通常は5分である休憩時間を30分に増やし、長めの休憩を取る。
  • マルチタスクをしてはいけない。ポモドーロを開始する前には必ず「これをやる」と明確に決める。
  • やむを得ず中断した場合は、ポモドーロを最初からやり直さなければならない。途中から再開することはできない。
  • 1ポモドーロを分割してはいけない。「半分だけやる」というのはNG。
  • 5ポモドーロ以上かかってしまったタスクは、タスクの粒度が荒すぎるので分割する。

といったものです。

しかしこれらのルールはポモドーロテクニックをより強力にするものであって、本質は「25分 + 5分 = 1ポモドーロ」とする点にあります。

ではこのポモドーロテクニック、なぜそこまで魅力的なのか。その理由をご説明します。

「タスク」ではなく「時間」に集中できる

ポモドーロテクニックの大きな特徴は、タスクそのものに集中するのではなく、25分という時間にフォーカスを当てる点にあります。

普通「集中しよう」と思うと、目の前の物事を対象にします。「仕様書を仕上げるぞ!」「このページのコーディングをするぞ!」と。

しかし人は、集中力を継続できる時間に限りがあります。そのためタスクが完了するまで集中力を継続することは難しく、途中で集中力が切れてしまう。するとそのあとは惰性となってしまうのです。

惰性なのに終わっていないタスクを中断はできない。けれども集中力はなく、パフォーマンスが発揮できない。そんな状態がつづいてしまいます。

一方のポモドーロテクニックが対象としているのは25分という時間です。途中でタスクが終わらなかったとしても、25分という時間には必ず終わりがきます。そしてその後、かならず5分の休憩が入ります。

これにより集中力が切れた状態を引きずることなく、長時間であってもパフォーマンスを維持しつづけることができるのです。

ゴールが見える

タスクを実行していて、終わりが見えないことほど怖いものはありません。 どこまでやれば終われるのか。それがわからないまま進むのは、不安や恐怖がまとわりつくものです。

その点ポモドーロテクニックはいい。必ずゴールがあります。「25分後」という明確な終わりがあるので、「ここまで頑張ろう」と気持ちを奮い立たせられます。

自分に宣言かけられる

これはポモドーロテクニックのルールでもありますが、開始前には、自分が行うことを決めなければなりません。「この25分は○○をする」「いまは○○をするための時間」と宣言します。

たったこれだけの儀式ですが、これが非常に重要。目の前のやるべきことにだけ注力できるようになり、他のタスクへの目移りがなくなります。

また「これをやった時間」だと記録がしやすく、あとから振り返りやすくなります。「今日はなんだか忙しかったけど、結局何してたんだっけ……」という不安な気持ちを抱えなくてすむんです。

タスクの時間配分が把握しやすくなる

完了したタスクは、かかった時間をポモドーロ数でカウントできるようになります。

たとえば私がブログ記事を書く場合、「記事の原稿作成:2ポモドーロ」「画像の作成:1ポモドーロ」が相場だとわかっています。

これがわかっていると、予定の計画や見通しを立てやすくなります。

「待ち合わせまでに30分あるから、画像の作成ぐらいならできるな」と判断ができる。そうなれば、ちょっとしたスキマ時間の積み重ねで、ブログを一本書き上げることができるようになります。

また、タスクの粒度を測るのにも役立ちます。

「要件定義をする」というタスクに7ポモドーロかかったとしたら、それはきっとタスクの粒度が粗すぎるサイン。もっと細かく分解して、1〜2ポモドーロで完了できるぐらい細かくするべきだと判断できます。

自然と行動記録ができあがる

「実行するタスクの宣言」→「ポモドーロの実行」を繰り返す。これだけで、今日の行動記録のできあがりです。

「9:00〜10:00:スケジュール作成/10:10〜10:25:仕様書の作成」と、細かく面倒な記録を取る必要がなくなります。

割り込みを阻止できる

ポモドーロの進行中に割り込みでタスクが入りそうになっても、胸を張って跳ね返すことができます。

新しいタスクを思いついてしまっても「あと○分で終わるので、それから対応しよう」と判断できます。誰かに話しかけられたとしても「あと○分で一区切りつくから、そのあと改めてお願いします」と断れます。

ポモドーロがないと「そっちのほうが急ぎっぽいから」「じゃあキリのいいところで…」などとあいまいな判断しかできず、やるべきことを後回しにしてしまいます。

特別な道具が必要ない

ポモドーロテクニックは25分という時間さえ計測できれば実行できます。つまりタイマーさえあればいい。特別な道具は必要ありません。

スマホのタイマーでも十分です。ですが個人的には、ポモドーロ専用のタイマーを用意するのがオススメ。キッチンタイマーでもOKです。

私が愛用しているのはこちらの立体型タイマー。タイマーにしたい時間を上にして置くだけで計測が開始される優れもの。いちいち時間をセットする手間が不要で、すぐに集中モードに入れます。

回して置くだけ!物理的ポモドーロタイマーが集中力を激増させる - あなたのスイッチを押すブログ

また、集中できる環境づくりには「Endel」がオススメ。スマートウォッチと連動し、ユーザーの状態を計測。それに応じて最適なBGMをAIが生成してくれます。

Endel - Personalized soundscapes to help you focus, relax, and sleep. Backed by neuroscience.

意識を一点に集中させるのが大事

Todoリストを上から順番に、漫然とこなしていても、効果・効率は上がっていきません。「いま自分はこれをやるぞ」と意識することが何よりも大切です。

ポモドーロテクニックは今すぐにでも始められる簡単な手法。ぜひ日常生活に取り入れてみてください。


(文:ばんか(bamka))





paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

詳しくはこちら

paizaラーニング

paizaのおすすめコンテンツ

Webセキュリティ入門 ハッカー入門 Webセキュリティ講座がスタート!CVは内田真礼さん! Python✕AI 機械学習入門講座 CVに上坂すみれさんを起用!人気の機械学習講座を公開中!
paiza転職 paiza新卒 EN:TRY paizaラーニング 記事内に記載している情報は、記事公開時点でのものとなります。 Copyright Paiza, Inc, All rights reserved.