paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」の開発者が、プログラミングやITエンジニアの転職などについて書いています。

20200204140738

ITエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」の開発者が、プログラミングやITエンジニアの転職などについて書いています。

プログラミング動画学習 paizaラーニング

エンジニア職への転職活動がうまくいかない未経験者に多い4つの特徴

f:id:paiza:20190419142733j:plain
f:id:paiza:20140916135428p:plainこんにちは。谷口です。

経済が停滞していることもあり、これを機に転職を目指している人も多いと思います。

とはいえ、新型コロナウイルスの影響で求人数も減っていますし、面接の日程が組めない企業も多かったので、転職活動がなかなかスムーズに進まなかった方もいるでしょう。

実際、転職市場における未経験者向けの求人数が大きく減る一方で、求職者の数は増え、買い手市場の傾向が強まってきました。未経験者がエンジニアへの転職を目指す道も、自粛前の時期より厳しくなりつつあると言えます。

www.businessinsider.jp

paizaの未経験者向けエンジニア転職支援サービスpaizaEN:TRYでも、採用企業や応募者の方のお話を聞いていますが、企業が未経験者を見る目はやはり変わってきています。

より厳しく見られていることもあってか、転職活動がすんなり成功する人となかなかうまくいかない人の二極化が進んでいます。そしてうまくいかない人にはいくつかの共通点があり、今は特にそこができないことが致命傷となっています。

この記事では、未経験者からエンジニアを目指す人にありがちな失敗パターンをご紹介します。これからエンジニアを目指して転職活動を始める予定の未経験者、さらに、転職活動に苦手意識がある方、転職活動をしているけどなかなかうまくいかない方の参考になればと思います。

転職活動がなかなかうまくいかない未経験者の特徴

エンジニアや転職活動について調べはするけど、なかなか実行しない

実際に転職活動を始めないことには、転職が決まらないのは当然です。失敗を恐れてベストな転職活動のやり方が見つかるまで何もしたくない気持ちもわかりますが、残念ながらそんなものは存在しません。

プログラミングの勉強を進めたり、自分の経歴を整理したり、求人票を見たり、応募したり、オンライン面接を受けたり……といった行動を自分でとらない限り、転職先は決まりません。経験者でもそうなのですから、未経験者であればなおさらです。

「転職したい」と言いつつ

  • 未経験でスキルに自信がない
  • 経験年数が浅い
  • 年齢が若くない

などなど、何かと理由をつけて行動を始めない背景には

  • 失敗したくない
  • 落とされたくない
  • 恥をかきたくない

といった気持ちがあるかと思います。

ただ、別に求人に応募して面接で落とされたとしても、当然ですが現職を続けていればその後の生活に影響が出ることはありません。

むしろ企業の面接を受けてみると

  • 今の自分がエンジニアとしてどんな評価を受けるのか
  • 今の自分には何が足りないのか
  • IT企業ではどんなスキルや経験が求められるのか

などがわかってきます。(EN:TRYでは、応募者の方に面接後のフィードバックやアドバイスをお送りしているので、面接における具体的な改善点や評価された点を知ることができます)

思ったより高い評価を受けることができれば、そのまま本格的に転職活動を続けていくのもよいですし、「ここが足りない」という点がわかれば、その分野の勉強をすれば転職に近づけるかもしれません。もちろん、「今の自分には無理だな」「思っていた企業のイメージと違ったな」と思うのであれば、そのまま現職を続ければよいのです。少し動くだけでも情報収集になるので、何もしないでくすぶっているよりはよほどプラスになるはずです。

転職活動では、1社応募してすんなりその会社で決まる人のほうが珍しいです。多くの人は5社10社と応募して、その中で転職をしていきます。気になる会社はどんどん応募して面接をしていけば内定への近道になるだけでなく、自分にあった会社に巡り合うチャンスを広げることにもつながります。恐れずに挑戦してみましょう。

「エンジニアを目指す転職理由」が「前職を辞める理由」だけになっている

面接で「転職理由(≒エンジニアを目指す理由)」はほとんど必ず聞かれます。

そこで「私の転職理由は、前職がこんなにブラック企業だったからです」「現職の会社の経営状態が悪く、不安に感じたからです」という話をして終わってしまう人が多いのですが、これだけでは不十分です。

  • 前の仕事が嫌になった
  • 人間関係で問題が起きた

などは、前職を辞めようと思った要因=「退職理由」であって、「転職理由」ではありません。上記のような退職理由を語られても、企業側は「そうですか、大変だったね。で、なぜエンジニアになりたいの?」となってしまいます。特に前職がエンジニアではない未経験者の人は、あえて職種を変えようとしているわけですから「なぜエンジニアになりたいのか」は当然面接官も知りたがります。

面接で聞かれている「転職理由」とは、「エンジニアに転職してかなえたいこととその理由」です。

退職理由にフォーカスするのではなく

  • なぜエンジニアになりたいのか
  • エンジニアになったら何がしたいのか
  • どうしてそう思うようになったのか

などを中心に転職理由を考えてみましょう。

自分を客観視できていない、スキルや経験をうまく伝えられない

特に、初めての転職活動をする人は、今まで自分の経歴やスキルについて振り返ったり、自己アピールなどの面接でよく聞かれる質問項目について考えたりした経験はほとんどないかと思います。

面接は、企業と応募者がお互いを見極めるための場です。どちらかが一方的に相手を評価する場ではありません。

ただ、当然ですが応募者は企業から落とされてしまえば、どれだけ「ここに入社したい」と思っていても、その先の選考へは進めません。

だから面接では

  • 自分にはどんなスキルや経験があるのか
  • 何が得意で何ができるのか

を的確に伝えてアピールする必要があります。

これは未経験からエンジニアを目指す場合でも同じです。「エンジニア経験がないから何も言えない」わけではありません。

たとえば、前職が営業職であれば「開発スキルは足りないけど、お客様の課題を聞き出してきた経験が生かせると思う」といった話はできるはずです。前職がエンジニアと関係なくても、「前の仕事で何を得たか、エンジニアになったらどう生かせそうか」を振り返っておきましょう。

エンジニアになりたいと言いつつ、具体的には何もしていない

これも極端な例ですが「未経験で何も勉強してないけど、大企業で超有名なあのサービスの開発がしたい!」みたいな人です。

ここまで極端な人は少ないにしても、希望ばかりが先に立ち、言動がともなっていないせいで落とされてしまう人は少なくありません。

もちろん「未経験では希望通りの転職ができない」というわけではありません。

ただ、「やりたい」と「できる」は違います。中途の求人募集をしている企業は、基本的に該当する業務を「やりたい」ではなく「すぐできる」人を求めています。この「できる」かどうかをどうやって見極めるかというと、結局これまでの経験やスキル、自分で勉強してきた内容などが根拠になってきます。

「やりたい仕事をやりたい!イケてる企業に入社したい!転職しよう!」となるのは悪いことではありませんが、そのポジションで求められていることが「できる」ことを証明できないと、かなり難易度は上がります。

この場合、まずは「ある程度『できる』と言えるようになるにはどうすべきか?」から考えてみましょう。上記の例の場合、どうしてもゲーム開発ができる企業に転職したいのであれば、たとえばまずは自分でゲーム開発の勉強をして簡単なゲームを作って面接で見せられるようにしたり、それと同時進行で現職でエンジニアとしての開発経験を積んだりしておくと、希望が見えてくるかもしれません。

まとめ

上記の項目に当てはまっていた人も、少し意識して対策をしておけば、未経験からの転職活動でも、面接の通過率は上がるはずです。

確かに未経験者向けの求人数は減っていますが、あくまで「以前と比べて」の話であり、今も未経験からエンジニアになっている人はたくさんいらっしゃいます。しっかり対策をすれば、転職成功率を大きく高めることができます。

面接に苦手意識がある人、落選が続いて落ち込んでいる人もいるかと思いますが、自分から改善策を探せて行動に移せる人なら、いつまでたってもどこにも転職できない…なんてことはありません。まずは前職での経験を見直してみる、勉強した内容を話せるように整理してみるなど、できるところから始めてみてください。


未経験者がよく聞かれる質問や面接対策については、paiza転職成功ガイドでも詳しく解説しています。

paiza転職成功ガイドこちら


そして「EN:TRY」について改めてご紹介します。EN:TRYは、paizaが運営する若手・未経験者向けのエンジニア転職サービスです。開発経験がない人・少ない人でも応募できる若手チャレンジ求人を中心に掲載しています。スキルチェック問題を解いて、スコアが一定基準を超えれば、事前の書類選考なしで複数求人へ応募できます。

詳しくはこちら
“EN:TRY"





paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

詳しくはこちら

paizaラーニング

そしてpaizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。

スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

詳しくはこちら

paizaのスキルチェック

paizaのおすすめコンテンツ

Webセキュリティ入門 ハッカー入門 Webセキュリティ講座がスタート!CVは内田真礼さん! Python✕AI 機械学習入門講座 CVに上坂すみれさんを起用!人気の機械学習講座を公開中!
paiza転職 paiza新卒 EN:TRY paizaラーニング Copyright Paiza, Inc, All rights reserved.