paiza times

paizaがお届けする、テック・キャリア・マネジメント領域における「今必要な情報」を届けるWebメディア

logo

paizaがお届けする、テック・キャリア・マネジメント領域の「今必要な情報」を届けるWebメディア

未経験からエンジニアに転職できる人はどんな面接対策をしているのか?

f:id:paiza:20200324140036j:plain

f:id:paiza:20140916135428p:plainこんにちは。谷口です。

未経験からITエンジニアへの転職を目指しているみなさん、転職活動は進んでいますか?

初めての転職で未経験からITエンジニアを目指す場合、「面接では一体どんなことを聞かれるのか」「転職活動にはどんな対策が必要なのか」などで悩みますよね。

そこで今回は、paizaでユーザーのみなさんのお話を聞いていてわかった、未経験からエンジニアになれた人の面接対策について解説します。

実際に、paizaを使ってプログラミングの勉強を始めたり、業務未経験から転職したりして、現在エンジニアとして活躍されている方はたくさんいますので、エンジニアを目指している方の参考になればと思います。

よく聞かれる質問を知って自分の考えを話せるようにしておく

志望動機関連

「なぜエンジニアになりたいのですか?」
「エンジニアの中でも、なぜ○○(ex.)Web開発、ゲーム開発などの分野やポジション)を希望されているのですか?」

異業種・異職種から未経験でエンジニアを目指す場合、志望動機はほとんど必ず聞かれます。(エンジニアに限った話ではないですが…)

志望動機については、なにかすごいきっかけやエピソードが話せなくてもいいので、「好きなアプリやゲームがあって、自分でも作りたいと思った」「プログラミング教育に関する記事を見て興味を持ち、自分で勉強してみたら楽しかった」など、経験ベースでポジティブな話ができるようにしておくとよいでしょう。

今後のキャリアや展望に関すること

「エンジニアになれたらどんな仕事がしたいですか?」
「将来どんなエンジニアになりたいですか?」

面接官は、「入社したら仕事をちゃんと続けてくれるだろうか?」「思っていたのと違ったとか言ってすぐに辞めたりしないよね?」といったことを考えています。

当然ですが、経験者よりも未経験者を採用するほうが、教育コストがかかります。だから企業側も、「すぐに辞めてしまいそうな気配がある人」は避け、「エンジニアとして一人前になって活躍してくれそうなモチベーションのある人」を採用したいと考えています。

面接で「自分はすぐ辞めます!」と言ってしまう人はいないと思いますが、「特に何がやりたいとかはないです」といった感じだと、「何でエンジニア求人に応募してきたんだろう」「エンジニアの仕事、本当にできるのかな(できなそうだな…)」と思われてしまいます。

長期的なキャリアプランまで考えられていなくてもよいので、少なくとも応募先の事業内容や仕事内容、使っている技術などを調べた上で、「こういう仕事をして、このスキルを伸ばして、こんな分野の仕事ができたらいいな」とイメージしておけるとよいでしょう。

転職理由関連

「前職を続けようとは思わなかったのですか?」
「なぜ転職をしようと思ったのですか?」

転職理由は、経験者・未経験者を問わず、必ずと言っていいほど聞かれる質問です。未経験者の場合、特に面接官は「前職から逃げるためだけにエンジニアを目指していないか?」「次の仕事を適当に選んでいないか?」といったことを考えています。

転職理由を聞かれて、「前職のここが嫌で、この部分が向いてなかったので辞めました…」みたいな話ならいくらでも出てくる!という人はいるかと思いますが、それだけだと「退職理由」にすぎないので不十分です。そこからなぜエンジニアを目指すに至ったのか、エンジニアになって何がやりたいのか(前職を辞められれば何でもいいと思ってないか)がわかる「転職理由」を考えましょう。

説得力のある転職理由は、「プログラミングに興味を持って勉強して仕事にしたいと思っているけど現職だと職種が違ってそれがかなわないので、エンジニアに転職したい、エンジニアになったらこんな仕事がしたい」といったように、「仕事に対する自分の何らかの希望→その希望は頑張っても前職ではかなわない→希望がかなう仕事に転職したい」の流れで組み立てられています。

学習や業務外の取り組みに関すること

f:id:paiza:20210330111827j:plain
「普段はどんな勉強をしていますか?」
「最近はどんな技術に興味がありますか?」

特に未経験者の場合は、選考段階で「本当にエンジニアの仕事に興味を持っているのか」「現時点でどれくらいのレベルの知識があるのか」「現時点でスキルが足りなくても、積極的に学ぶ姿勢があるか」といった点が見られています。

エンジニアは最初に一定量の勉強さえすれば手に職つけられて一生安泰がかなう職業ではありません。特に最初は学ぶこと、教わることが非常にたくさんあります。それを分かっていない人や、大した勉強もせずに「人手不足と言われているし、エンジニアにさえなれば一生食べていける」みたいな考えの人は、いくら人手不足でも歓迎されません。

もちろん未経験者は実績がないので、やる気やポテンシャルをアピールする必要はあります。ただ、「やる気はあります!」と言いながら大して勉強していなさそうな人を「未経験だけど見込みがあるな」と思ってくれる面接官はいません。

やる気があると証明するには、「現在どれくらいのことができるのか」「できるようになるためにどんな勉強や努力をしているか」といったことを言えるよう整理しておく必要があります。また、GitHubで作ったものを公開したり、ポートフォリオを作ったりしておくと、自分の取り組みをアピールするのに便利です。

成果物をまとめたポートフォリオを作っておく

f:id:paiza:20220114163430j:plain
ここで言うポートフォリオとは、自分の成果物や開発経験、プログラミングスキルなどを応募企業へ伝えるためのWebページのことです。

開発業務経験のない未経験者や、書類や面接だけでプログラミングスキルをアピールするのはなかなか難しいですよね。でもポートフォリオがあれば、応募者がどんな勉強をして、どんな成果物を作ってきたのか、どんなスキルがあるのかを可視化できて、選考でもアピールがしやすくなります。

実際に、採用企業の方からもよく「ポートフォリオがあると学んだ内容がわかりやすく、アウトプットができる人という印象になる」といったお話をお聞きします。

paizaラーニングの「ITエンジニアの就活準備編」では、IT業界の業界構造、ITエンジニアのキャリアや働き方だけでなく、転職活動で使えるポートフォリオの作り方についても解説しています。

HTMLとBootstrapを使って、実際のポートフォリオページを作る方法が学べますので、転職活動で使えるポートフォリオを作りたい方におすすめです。

ITエンジニアの就活準備編の「ITエンジニアの就活準備編2: ポートフォリオ制作」はこちら

www.youtube.com

逆質問(応募者からの質問タイム)で聞きたいことを考えておく

f:id:paiza:20200601133325j:plain

業務内容について

「主にどのような開発案件を受注されていますか」
「私が入社しましたら、どのような案件に配属となりますでしょうか」

こうした質問をしておくと、入社後の業務内容(≒仕事を通してどんな技術や経験が身につけられるか)が予測できますし、企業ごとの比較もできます。

やりたいことがある人の場合は、「Web開発の技術に興味があるのですが、どのような開発案件がありますか?私が入社しましたら、携わることはできますでしょうか?」といった質問をしてみるのもいいでしょう。

(ただし、「これしかやりたくないです」といったこだわりを出しすぎると、仕事に好き嫌いを持ち込む人、やりたいことしかやらない人に見えてしまうので注意しましょう)

研修制度について

「入社後、研修やOJTなどの流れを教えてください」

研修制度などについて求人票に記載があった企業や、研修がある企業じゃないと不安な人は、こういった質問をするのもいいでしょう。

ただし、未経験者は会社任せではなく自分から積極的に技術の勉強をする必要があります。「自分では勉強できないので研修が頼りです」といった態度にならないように気をつけましょう。


まとめ

というわけで、これから未経験からエンジニアを目指す人のための面接対策についてのお話でした。

未経験者にとってはやや厳しい社会情勢が続いていますが、いま一度自分がなぜエンジニアになりたいのかを考えたり、成果物を増やしてポートフォリオを作ってみるのもよいかと思います。


EN:TRYの「転職成功ガイド」では、未経験者がエンジニアを目指すための転職活動・面接対策などを公開しています。未経験からエンジニアを目指している人、どうやって転職活動を進めたらよいかわからない人、面接に苦手意識がある人はぜひごらんください。

転職成功ガイド」について、詳しくはこちら

EN:TRY」は、paizaが運営する若手・未経験者向けのエンジニア転職サービスです。開発経験がない人・少ない人でも応募できる若手チャレンジ求人を中心に掲載しています。スキルチェック問題を解いて、スコアが一定基準を超えれば複数求人へ応募できます。

EN:TRYについて詳しくはこちら
“EN:TRY"

まずはpaizaがどんなサービスなのか知っておきたいという方は、「はじめてのpaizaご利用ガイド」をごらんいただければと思います。





paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

詳しくはこちら

paizaラーニング

そしてpaizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。

スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

詳しくはこちら

paizaのスキルチェック

paizaのおすすめコンテンツ

CGC codemonster プログラミングゲーム「コードモンスター大図鑑 プログラミングでゲットだぜ!」 PPG proken プログラミングゲーム「初恋 プログラミング研究会〜海に行こうよ〜」
paiza転職 paiza新卒 EN:TRY paizaラーニング 記事内に記載している情報は、記事公開時点でのものとなります。 Copyright Paiza, Inc, All rights reserved.