paiza times

paizaがお届けする、テック・キャリア・マネジメント領域における「今必要な情報」を届けるWebメディア

logo

paizaがお届けする、テック・キャリア・マネジメント領域の「今必要な情報」を届けるWebメディア

「.new」ドメイン活用術!ログイン不要で即座に起動するWebサービスの厳選まとめ!

どうも、まさとらん(@0310lan)です!

今回は、さまざまなWebサービスが提供する「.new」ドメインを用途別にカテゴライズしてご紹介します!

例えば、Googleであれば「sheets.new」というドメインにアクセスすると、新規のスプレッドシートが作成できます。同じように、他のWebサービスにも多彩な「.new」ドメインが提供されています。Web開発やデザイン、ドキュメント作成など、さまざまなシーンで活用できるものばかりです。

その中でも、本記事ではなるべくログインせず、アクセスするだけで即座に起動できるWebサービスを厳選しています。

ご興味ある方は、ぜひ参考にしてください!

■「js.new」でJavaScriptによるWeb開発をする!

js.new

「js.new」もしくは「ts.new」とブラウザのアドレスバーに入力してアクセスすると、JavaScript / TypeScriptを利用した開発環境が即座に起動します。

これは、オンラインのプログラミング環境である「CodeSandbox」が提供しています。ログインなども不要で、そのまますぐにコードを書くことができるので便利です(シェアも可能です)。

他にも、よく使うフレームワークなどに最適化されたドメインも提供されています。

類似のサービスとして、Node.jsの開発環境を高速に起動できる「node.new」ドメインもあります。

node.new


これは、「StackBlitz」というクラウドIDEが提供していて、WebAssemblyベースのNode.js環境を実現しています。

利用できるスタータープロジェクトのドメインが、豊富なのも特徴です。例えば、以下のようなものがあります。

また、ターミナル上でのコマンド操作も扱いやすく設計されていて、ブラウザを本格的な開発環境として利用できるのが魅力でしょう。


ちなみに、JavaScriptのちょっとした学習には「pen.new」ドメインも便利です。

pen.new

これは、HTML / CSS / JavaScriptのプログラミングができるオンラインエディタ「CodePen」が提供しています。

ちょっとした機能開発や検証もできますし、ミニコンテンツを作って、ポートフォリオのように楽しむこともできます。

■「canva.new」で画像やイラストを作る!

canva.new

人気のデザインツール「Canva」で、すぐに画像やイラストを作成できるのが「canva.new」ドメインです。しかも、ユーザー登録をしなくても豊富なテンプレートや編集機能が使えて、そのままJPG / PNGなどに書き出すところまで、素早くできるのが特徴です。

「Canva」は、画像やイラストの作成だけでなく、グラフ&チャート、スライド資料、モックアップ画像、アニメーション、ロゴなど、非常に幅広い用途で活用できる、優秀なWebサービスとしても知られています。

詳細に関しては、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。
paiza.hatenablog.com

多用途に使えるサービスなので、目的に合わせた以下のようなドメインも提供されています。


また、類似のサービスとして「Adobe」が提供する「express.new」ドメインもあります。

express.new


オンラインで画像やイラストの作成ができる「Adobe Express」というエディタを起動して、編集ができるようになります。

豊富なテンプレートやアセットが用意されていて、「Adobe Stock」の写真も利用できるのが特徴です(※一部の機能はユーザー登録が必要です)。

■「veed.new」で本格的な動画編集をする!

veed.new

オンラインで動画編集ができるWebサービス、「Veed」が提供するドメインです。

アクセスするだけで即座に利用できる動画編集サービスは珍しく、非常に多機能なのが特徴です。動画の切り貼り、テロップ作成、エフェクト、音声ファイルの追加など、基本的な機能はすべて搭載されています。

編集が完了したら、そのままMP4形式の動画ファイルとして、書き出しも可能です。

また、PC画面の録画やWebカメラを利用した自撮り動画の作成も可能で、簡単なチュートリアル動画を作ったりする用途にも最適でしょう。

■「whiteboard.new」でオンラインホワイトボードを使う!

whiteboard.new

ブラウザ上で複数人とシェアできるホワイトボードサービス、「Miro」が提供するドメインです。

そもそも「Miro」を使えば、高機能なオンラインホワイトボードを利用できるのですが、「whiteboard.new」は、ログイン不要で即座に利用できるのが特徴です。24時間の利用に制限されていますが、さまざまなテンプレートや多機能の使いやすさはそのままです。

リンクをシェアするだけで、複数人とコラボできるのも便利です。最終的に、画像やPDFに書き出す機能も提供されています。


もっとシンプルなオンラインホワイトボードを使いたい場合は、「board.new」が便利です。

board.new

こちらは、テキスト入力と手描き機能だけの分かりやすい構成です。

リンクをシェアして、複数人とコラボできるのは同じですが、閲覧のみ可能なリンクを生成して、特定の人には編集できないように制限もできるのが特徴です。

キーボードと組み合わせて便利に使える機能や、スマホからのタッチ操作にも対応しています。

■「rem.new」でドキュメントを作成する!

rem.new

リッチなドキュメントエディタを利用できるサービス、「RemNote」が提供するドメインです。

すぐに文章を書き始められるだけでなく、議事録や書籍の執筆などからナレッジベースまで、幅広い使い方ができるのも魅力的です。また、バックリンクによる情報の集約や、フラッシュカードのようなクイズを作る機能などもあり、学習用途にも活用できるでしょう。

ドキュメントはテキストデータとして書き出せるうえ、マークダウンやHTMLなど複数のファイル形式でのダウンロードにも対応しているので便利です。


ちなみに、もっとシンプルなテキストエディタを利用したい場合は「md.new」があります。

md.new

テキストエディタとして最低限の機能しかない代わりに、軽量なサービスなので、アクセスしたら即座に利用できます。

マークダウン形式で文章を素早く入力できるのが特徴です。キーボードから「Ctrl + S」でファイルをダウンロードできるので、覚えておきましょう。

■「call.new」で即席のオンライン会議をする!

call.new

「call.new」ドメインはアクセスするだけで、すぐに1対1のオンライン会議ができるように設計されているのが特徴です。

アクセスしたら自動的に固有のURLが生成されるので、それを相手にシェアすればすぐに打ち合わせを始めることができます。シンプルな機能に特化していますが、カメラのON・OFFなどは設定可能です。

オンラインのコミュニケーションAPIを提供する「Twillo」がベースになっていて、シンプルで使いやすいので覚えておくと便利です。

■「components.new」でWebサイトを作る!

components.new

シンプルなWebエディタを利用して、Webサイトやコンテンツなどをノーコードで作成できるのが「components.new」ドメインです。

初期状態では、カードスタイルのコンポーネントを編集できるようになっていますが、他にもログインフォーム、ヒーローセクション、ヘッダー&フッター、グリッドコンテンツなど、さまざまなコンポーネントのテンプレートが提供されています。

エディタの左側には、コンテンツを編集するためのプロパティやレイヤー構造などがあり、編集した結果を右側のプレビューで確認するのが基本です。


そして、「Export」タブに切り替えるだけでソースコードも出力してくれます。

コードは「HTML + CSS」で出力できますが、他にも「React」や「Vue」のコードを出力することも可能です。また、無料のユーザー登録をすれば、コードの出力だけでなく、そのままホスティングもしてくれるのでネット上に公開するのも簡単です。

アクセスするだけで即座に使えるうえ、多機能なツールも提供している優秀なサービスです。


また、CSSフレームワークとして人気の「Tailwind CSS」を利用したドメインもあります。

tailwind.new

こちらはノーコードではありませんが、アクセスすると即座にコードエディタが起動して、HTMLや設定ファイルなどを書くことができます。

特徴は、なんと言っても「Tailwind CSS」に対応している点で、右側のプレビューに書いた内容がリアルタイムで反映されます。また、普通のCSSを生成できる機能も提供されているので、「Tailwind CSS」から一般的な「CSS」に変換したコードがほしい場合にも最適でしょう。

■おまけ

本記事では、面倒なユーザー登録をしなくても即座に利用できるWebサービスを厳選しました。

しかし、無料のアカウントを作成することで、もっと高品質なサービスを利用できる「.new」ドメインもたくさんあります。そこで、ほんの一部ですが便利に活用できる優秀なWebサービスを掲載しておきますので参考にしてください。


<参考例(ユーザー登録必要)>

  • shopify.new:ネットショップの作成
  • figma.new:Webデザインの作成
  • glide.new:ノーコードでWebアプリ作成
  • entry.new:はてなブログの作成
  • medium.new:Mediumのブログ作成
  • zap.new:Zapierで自動化の作成
  • notion.new:Notionで新規ページ作成
  • paper.new:Dropboxでドキュメント作成
  • discord.new:新規コミュニティを作成
  • chatgpt.new:ChatGPTと新規に対話
  • replit.new:Replitの新規開発環境を作成
  • codespaces.new:クラウドIDEを起動
  • playlist.new:Spotifyのプレイリスト
  • cad.new:オンライン3DCADを起動
  • pitch.new:スライド資料を作成
  • mindmap.new:マインドマップ作成
  • dao.new:簡単にDAOを構築する

スマホでできる謎解きゲーム『IT謎解き2』を公開!

IT謎解き』の第二弾となる『IT謎解き2』は、全問paiza完全オリジナルの謎解きゲームです。

IT謎解きは、IT業界で活躍するために必要となる発想力・推理力・分析力・耐久力などを問う新感覚謎解きです。今回は、「ゲーム世界からの脱出」というテーマでIT業界力・IT知識を問う謎を出題しています。

みなさんのITに関する知識、分析力や論理的思考力などを駆使して、ぜひチャレンジしてみてください。

詳しくはこちら

■まとめ

今回は、さまざまな用途に活用できる「.new」ドメインを厳選してご紹介しました!

いずれのドメインも短くて覚えやすいURLばかりなので、用途別にいくつか覚えておくと役に立ちます。また、普段使っているWebサービスも、「.new」ドメインを試してみると意外に使えるケースがあるので面白いです。

ぜひ、みなさんもお気に入りのドメインを見つけて試してみてください!





paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

詳しくはこちら

paizaラーニング

そしてpaizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。

スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

詳しくはこちら

paizaのスキルチェック

paizaのおすすめコンテンツ

Webセキュリティ入門 ハッカー入門 Webセキュリティ講座がスタート!CVは内田真礼さん! Python✕AI 機械学習入門講座 CVに上坂すみれさんを起用!人気の機械学習講座を公開中!
paiza転職 paiza新卒 EN:TRY paizaラーニング 記事内に記載している情報は、記事公開時点でのものとなります。 Copyright Paiza, Inc, All rights reserved.