paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」の開発者が、プログラミングやITエンジニアの転職などについて書いています。

【21卒】ITエンジニアを目指す人向け・失敗しないインターン先企業の選び方

f:id:paiza:20181109084134j:plain
Photo by Rawpixel Ltd
f:id:paiza:20180910132940p:plainこんにちは。倉内です。

2021年卒業予定者を対象にしたインターンシップ(インターン)を募集している企業が増えてきました。

「まだ就活のこと考えたくないなぁ…」という気持ちもあるかもしれませんが、早い時期からインターンに参加しておくことで就活をスムーズに進めやすくなります。

paiza新卒利用ユーザーの就活経験者にアンケートを取ったところ、約8割が「就活でインターンをやってよかった・やっておけばよかった」と回答しています。

paiza新卒でもインターン求人の掲載をスタートしましたので、ITエンジニアを目指す方はぜひチェックしてみてください。

とは言え、「インターンで何ができるのか」「どのようにインターン先を選ぶべきか」などがわからないまま応募するのは難しいですよね。

そこで今回は、インターンとは何なのか、参加するとどんなメリットがあるのか、インターン先はどのように選べばよいのかなどをお伝えします。

インターンとは

インターンとは、学生が企業の中で一定期間働き、就業体験ができる制度です。

就活生向けのインターンには就業体験型だけではなく、説明会形式や参加者でチームを組んで課題をこなすワークショップ形式もあります。

日本では、大学であれば主に3年の長期休暇中、就活が本格化する前あたりの時期における実施が一般的です。詳しくはpaiza新卒の「就活成功ガイド」でも説明しています。

f:id:paiza:20190614132931p:plain
※日数や内容は企業ごとによってさまざまです。応募の際は実施要項をご確認ください。

インターン先の選び方

自分のことを振り返ってみると、就活でいろいろな企業から話を聞いたり実際にオフィスで業務体験をしたりというのは、なかなかレアな経験だったなと思います。インターンを通して「IT企業で働く」ことが具体的にイメージできたとも言えます。

しかし「就活に有利になるならとりあえずどこかに参加してみよう」という考えだけで参加し、インターンで何を得たいかという目的意識がないと結局何も得られず時間の無駄になってしまいます。

とは言っても「まだ就活も始まってないのに、目的なんてない…」と思うかもしれませんね。ただ、そこまで難しく考えなくても大丈夫です。

たとえば、現時点でIT企業でのインターンの参加を検討している人であれば、「よくサービスを利用しているあの企業を覗いてみたいな」「実際のエンジニアがどんな業務をしているのか知りたい」といった興味は少なからず感じているかと思います。

そこから、さらに職種・インターンで経験できそうなこと、加えて期間と場所で条件をつけていけば、インターン先候補の企業はおのずと絞られてくるはずです。

絞っていく項目をもう少し具体的に見てみます。

・どんな業界・企業・職種に興味があるのか?

例:IT業界の中でもゲーム業界がいい、自社サービスを開発している企業がいいなど…

「そもそもIT業界ってどんな業界?どんな企業があるの?」という方は、動画講座「ITエンジニアの就活準備編1: 業界構造を学ぶ」(全編無料)で学ぶことができますのでチェックしてみてください。

・インターンを通して何を知りたいのか?

例:ITエンジニアの具体的な仕事内容を知りたい、どんな開発環境(使われている言語やフレームワークなど)か知りたい…

・インターンを通してどんな経験がしたいのか?

例:ITエンジニアになるか、ほかの職種を目指すか迷っているので業務内容を経験してみたい、実際にITエンジニアの業務についていけるか体験したい、インターンを通じて自分のスキルをレベルアップさせたいなど…

・時期はいつごろなら参加できるのか?

長期インターンに参加できれば、企業や業務内容についてもより深く知ることができ、アルバイトのような形で時給が発生する場合が多くあります。

研究や教育実習、そのほか学校やアルバイトとの兼ね合いを考える必要があります。特に複数企業へのインターンを検討している方は、スケジュールが重ならないようにうまく調整しましょう。

・場所はどの辺なら参加できるのか?

長期休みを利用して地方から東京のインターンに参加する方も多いですが、参加時期と同様に場所も無理のないよう検討しましょう。

「地方在住だけど、気になるのは東京の企業が多い…」という方は、交通費や宿泊費も結構かかると思いますので、1回の上京で複数企業の短期インターンへ参加するなどうまく計画を立てられるといいですね。

paiza新卒に掲載中の21卒向けインターン求人

paiza新卒でご紹介しているインターン求人の一部をご紹介します。

IT業界やエンジニアとしてのキャリアについて理解を深めたり、現役エンジニアとともに業務課題に取り組んだりと実施内容はさまざまです。

株式会社ラクーンホールディングス

paiza.jp

インターン求人はpaizaのスキルチェックでプログラミング問題を解いて、企業が提示しているランクを取得すれば応募可能です。

スキルチェックについて詳しくはこちらをごらんください。

paizaのスキルチェック

まとめ

インターンは業界や企業の情報を集め、自分がどのような軸で就活を進めていくかを考えるための有効な機会です。

特に理系の場合、研究と並行して進めていかなければならないので、就活が本格的に始まってからはじっくり業界・企業研究をする時間が取りにくいことが予想されます。そのため早いうちにやっておいて損はありません。

また、インターン経由の選考を受けて、早いと3年の10月頃に内定を獲得される方もいます。焦る必要はありませんが、「インターンやっぱりやっておけばよかったな…」と後悔しないためにもチャンスを逃さないようにしていただけたらと思います。


paiza新卒では21卒向けインターン求人情報を公開しております。

paiza新卒

また、paizaラーニングの「ITエンジニアの就活準備編」では、エンジニアのキャリアや働き方がわかる「業界構造を学ぶ」、就活で使えるポートフォリオの作り方がわかる「ポートフォリオ制作」のレッスンを全編無料で公開中しています。就活に役立つ情報が、動画を通して気軽に学べます。
www.youtube.com





paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

詳しくはこちら

paizaラーニング

そしてpaizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。

スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

詳しくはこちら

paizaのスキルチェック





※このブログで紹介しているキャンペーンやイベント、およびサイト内の情報については、すべて記事公開時の情報となります。閲覧されたタイミングによっては状況が変わっている場合もございますのでご了承ください。

ITプログラマー・エンジニア転職・就活・学習のpaiza

プログラミング入門講座|paizaラーニング

PHP入門編Ruby入門編Python入門編Java入門編JavaScript入門編C言語入門編C#入門編アルゴリズム入門編AI機械学習入門

エンジニアのためのプログラミング転職サイト|paiza転職

プログラミング スキルチェックエンジニア求人一覧

未経験からエンジニアを目指す人の転職サイト|EN:TRY

プログラミング スキルチェックエンジニア未経験可求人一覧

エンジニアを目指す学生の就活サイト|paiza新卒

プログラミング スキルチェックエンジニア求人一覧

ブラウザを開くだけで エディタ、Webサーバ、DB等の開発環境が整う|PaizaCloud