paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」の開発者が、プログラミングやITエンジニアの転職などについて書いています。

【Ruby入門】Rubyってどんな言語?初心者向け基礎講座

f:id:paiza:20140916135428p:plainこんにちは。谷口です。

今回は、これからRubyに入門したい方、プログラミング初心者の方向けに、paizaラーニングでRubyの基礎が学べる「Ruby入門編」、Ruby on Railsを使ったWeb開発手法が学べる「Webアプリ開発入門 Rails編」、Sinatraを使ったWeb開発手法が学べる「Webアプリ開発入門 Sinatra編」についてご紹介します。

Rubyってどんな言語?

Rubyは

  • 比較的短く、初心者でもわかりやすい構文でプログラミングができる
  • 日本で開発されたプログラミング言語で、日本語の資料も充実している
  • WebアプリケーションフレームワークのRuby on Railsを使えば効率的なWeb開発ができる

などといった特徴のあるプログラミング言語です。

Webサービスの開発現場で使われることが多く、有名なサービスではツイッターやGitHub、クックパッド等の開発でもRubyが使われています。(paizaの開発にも使われています)

paizaラーニングのRuby入門編

Rubyはプログラミング初心者でも学びやすい言語です。まずはこの入門編でRubyを通してプログラミングの基本的な概念を理解しましょう。

Ruby入門1: プログラミングを学ぶ

標準出力、コメント、変数、ランダムメソッド、演算子を使った計算、サイコロの作成、データ型

Ruby入門2: 条件分岐、比較演算子を学ぶ

if文を使った条件分岐、複数条件の分岐、データ型(Integer、Float)

Ruby入門3: ループ処理を学ぶ

ループ処理(for文・while文)、標準入力

Ruby入門4: 配列の基礎

配列の使い方、splitを使った文字列の分割

Ruby入門編5: ハッシュ(連想配列)の基礎

ハッシュの使い方、配列のソート、シンボルの使い方

Ruby入門編6: 2次元配列を理解しよう

2次元配列の使い方、each_with_indexの使い方

Ruby入門編7: メソッドを理解しよう

メソッドの作り方、引数、戻り値、スコープ、ブロックについて

Ruby入門編8: クラスを理解しよう

クラス、オブジェクトについて

Ruby入門編9: さらにクラスを理解しよう

クラスの継承、メソッドのオーバーライド、クラス変数とクラスメソッド、ライブラリ、モジュールとMix-in

Ruby入門編10: 例外処理を理解しよう

例外処理の作り方、ensureについて

paizaラーニングのWebアプリ開発入門 Rails編

入門編の内容を理解したら、次はなにか作ってみたくなるのではないかと思います。Webアプリ開発入門では、Ruby on Rails(通称「Rails」。オープンソースのWebアプリケーションフレームワーク)を使ったWebアプリ開発について学ぶことができます。RailsはWeb開発が高速で効率よくできるため、世界中のサービスに広く普及しています。

1-1: Ruby on Railsを理解しよう

Railsを使う準備、Webページの追加

1-2: RailsのDBの動作を理解しよう

コンソールの使い方、ActiveRecord、データベース、マイグレーション

Rails入門1-3: Railsのデータの流れを理解しよう

Webアプリにおけるデータの流れ、ルーター機能、フォームの作成

2: 実用的なRailsサービスを作ろう

Railsを使ったランチマップアプリの作り方

3: Railsサービスを機能アップしてみよう

レスポンシブデザインの作り方

4: deviseでユーザー認証してみよう

deviseの役割、ユーザー認証機能の作り方

5: deviseのユーザー情報を利用しよう

ユーザー情報を使った機能の作り方

paizaラーニングのWebアプリ開発入門 Sinatra編

こちらもWebアプリ開発について学べます。SinatraはRailsよりもシンプルなつくりのWebアプリケーションフレームワークです。Railsと比べると機能は少ないですが、そのぶん自分でいろいろと作業したり拡張したりする必要があるため、Webサービス開発に必要な手順を、手を動かしながら学ぶことができます。

1:RubyでWebアプリケーションを作ろう

ルーティング、テンプレート、erbの書き方

5:ActiveRecordでメモ帳アプリを作ろう

簡単なメモ帳アプリの作り方

まとめ

「まずはRubyの使い方を学びたい!」という方は、paizaラーニングRuby入門編から初めて、そこからWeb開発など、興味のある分野の学習を広げていくと、無理なく学べるかと思います。

Ruby入門編について、詳しくはこちら





paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

詳しくはこちら

paizaラーニング

そしてpaizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。

スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

詳しくはこちら

paizaのスキルチェック





※このブログで紹介しているキャンペーンやイベント、およびサイト内の情報については、すべて記事公開時の情報となります。閲覧されたタイミングによっては状況が変わっている場合もございますのでご了承ください。

ITプログラマー・エンジニア転職・就活・学習のpaiza

プログラミング入門講座|paizaラーニング

PHP入門編Ruby入門編Python入門編Java入門編JavaScript入門編C言語入門編C#入門編アルゴリズム入門編AI機械学習入門

エンジニアのためのプログラミング転職サイト|paiza転職

プログラミング スキルチェックエンジニア求人一覧

未経験からエンジニアを目指す人の転職サイト|EN:TRY

プログラミング スキルチェックエンジニア未経験可求人一覧

エンジニアを目指す学生の就活サイト|paiza新卒

プログラミング スキルチェックエンジニア求人一覧

ブラウザを開くだけで エディタ、Webサーバ、DB等の開発環境が整う|PaizaCloud