paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」の開発者が、プログラミングやITエンジニアの転職などについて書いています。

未経験からエンジニアを目指す人はポートフォリオを作るべきという話

f:id:paiza:20140916135428p:plainこんにちは。谷口です。

近年、実務未経験からエンジニアを目指したいという方は非常に増えていますが、なかなか内定が出ずに苦労している方も多いかと思います。

実際に未経験から面接を通過して、エンジニアになっている人はpaizaでもたくさんいますから、未経験の応募者のどこが見られているのか、どんな準備が必要なのか把握できていれば、未経験者でも面接通過率を上げるのは可能です。

エンジニアの場合、アプリなど自分で作った成果物(複数あればポートフォリオにまとめて)を面接で見せられるようにしておくと、未経験者でも選考を有利に進められるようになります。

ポートフォリオがあるとよい理由

エンジニアを目指す本気度が伝わりやすい

プログラミングなどの勉強は、今やPCさえあれば独学でも進められます。(だからこそ未経験者にまで採用の間口が広げられているわけですね)

paizaでも、paizaラーニングで未経験からプログラミングやWeb開発の手法が学べる動画レッスンを公開していますし、初心者向けの学習サービスや書籍もたくさんあります。

そうなってくると、逆に独学でも習得できるレベルの勉強やアプリ開発などをやっていない人は、その時点でNGになってしまう可能性が高まります。

また、エンジニアの仕事では「これを試してみたらどうなるんだろう」「これをこう作ってみたらどうなるんだろう」という興味や疑問を感じたり、実際にそれを試して結果を見たりすることが常に求められます。

「エンジニアになりたい」と言いながら、自分でできる範囲のことも試していない人は、企業からも「エンジニアとしての素養がなさそうだな」という印象になってしまいます。

そこで、本気度をアピールするのに大きな役目を果たすのが成果物です。これまでに学んだことの集大成、数々の試行錯誤の結果であり、「自分で勉強してちゃんとここまで形にしたのだな」ということを企業に伝えられます。

のびしろやポテンシャルをアピールできる

未経験者を育成目的で採用する企業だって、当然ですが「育成するから誰でもいいや」と思っているわけではありません。

これから手をかけて育成していくわけですから、なるべくならエンジニアとしての成長が見込めそうな素養やのびしろ、ポテンシャルがありそうな人を採用したいと思っています。

だから応募者が自分でどんな勉強をしているか、情報収集ができているか、それらを楽しんでやっているか…などが知りたいわけですが、成果物やポートフォリオがあれば、それらを見せてもらって話を聞けばいいですよね。

逆に何も作っていない、大して勉強をしていないような人がどれだけ「やる気はあります」と言ったところで、そのやる気をはかる証拠がないですよね。

最近は「手に職をつけたい」という動機でエンジニアを目指す人が非常に増えていますが、当然ながらエンジニアになりさえすれば勝手に手に職がついてくるわけではありません。

中途で未経験からエンジニアを目指そうと思ったら、相当な勉強が必要となります。技術自体が好きで、興味を持って勉強ができる人でなければ、企業側にもやっていくのは厳しいと思われるでしょう。

面接が楽になる

成果物やポートフォリオがあれば、面接でも、たとえばそれらを作るためにどんな技術を使ったのか、どんな勉強をしたのか、なぜ作ろうと思ったのか、開発していて苦労したところや楽しかったところ…などといったことが話せます。

企業側も、「成果物やポートフォリオがあるならその話を聞きたい」と思っています。やる気を見せるためによくわからないエピソードを用意したり、とにかく「やる気はあります」と誰でも言えることを言うよりも、自分で作ったものの話をしたほうが説得力が出るでしょう。

逆に、成果物がない状態でこれらの話を具体性を持って説明したり、エンジニアとしての素養があると思わせるのはかなり難しいかと思います。

意外とやっていない人が多い

ここまで書いた通り、意外と成果物を見せない、もしくはそもそも作らずに応募をしている人は多いです。

ということは、成果物やポートフォリオを作っておけば、それだけでも未経験者の中では一歩抜きん出ることができます。何もない状態よりはずっと選考通過率も上がるでしょう。

裏を返すと、何も成果物が見せられない状況で応募するというのは、他の人と比べて差を見せるのがとても難しいともいえます。もちろん、面接で自分の技術力や適性をしっかりアピールできる(=そこで他の応募者たちと差をつけられる)自信があるのであれば、成果物がなくても大丈夫かもしれません。ただ、そうでないのであれば、素直に自分が作ったもので勝負するほうが賢明です。

※別にすごい成果物が求められているわけではない

企業側が成果物やポートフォリオを通して知りたいのは、前述の通りどんな勉強をしているのか、どんなことを考えて開発しているのか…などといったことであって、別に「経験者も顔負けレベルの立派なものを作ってくるだろう」と思っているわけではありません。

だから、自分ではしょぼいと思っていたり、完成していなかったり、失敗したと思っているところがあったものでも、何もないよりは出したほうがよいでしょう。

よく「完成していないから、しょぼいから、恥ずかしいから、見せない」という人がいますが、そういう場合は企業からたいてい「作ったものを見せてくれなくて残念だった」というフィードバックが来ます。

Webアプリ開発に役立つpaizaラーニングの講座

とはいえ、まだプログラミングの勉強を始めたばかりで「何をどう作ったらいいのかわからない」という人も多いかと思います。

paizaラーニングでは初心者向けのWebアプリ開発入門講座を多数公開していますので、まずはこういった簡単なアプリ開発からやってみるというのもひとつの手です。

PHP

Webアプリ開発入門 Laravel編


また、「ITエンジニアの就活準備編」では、IT業界の業界構造、ITエンジニアのキャリアや働き方、就活や転職活動で使えるポートフォリオの作り方などについても解説しています。

HTMLとBootstrapを使って、実際のポートフォリオページを作る方法が学べますので、成果物がたくさんできたからポートフォリオとしてまとめたい方におすすめです。

ITエンジニアの就活準備編の「ITエンジニアの就活準備編2: ポートフォリオ制作」はこちら

まとめ

というわけで、未経験者のエンジニア採用で企業が見ているポイントと、成果物やポートフォリオを作っておくことのメリットのお話でした。

自分で何か動くものを作ってみると、技術的な勉強になりますし、何より楽しいはずです。というか、もの作りをやってみて楽しくなかった人は、エンジニアを目指さないほうがよいかもしれません。

エンジニアになる前に自分で作れるものを作って試してみるということは、エンジニアを目指す人にとっては大事なことなので、ぜひ試してみてください。


プログラミングが動画で学べる「paizaラーニング」はこちら
paizaラーニング





paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

詳しくはこちら

paizaラーニング

そしてpaizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。

スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

詳しくはこちら

paizaのスキルチェック





※このブログで紹介しているキャンペーンやイベント、およびサイト内の情報については、すべて記事公開時の情報となります。閲覧されたタイミングによっては状況が変わっている場合もございますのでご了承ください。

ITプログラマー・エンジニア転職・就活・学習のpaiza

プログラミング入門講座|paizaラーニング

PHP入門編Ruby入門編Python入門編Java入門編JavaScript入門編C言語入門編C#入門編アルゴリズム入門編AI機械学習入門

エンジニアのためのプログラミング転職サイト|paiza転職

プログラミング スキルチェックエンジニア求人一覧

未経験からエンジニアを目指す人の転職サイト|EN:TRY

プログラミング スキルチェックエンジニア未経験可求人一覧

エンジニアを目指す学生の就活サイト|paiza新卒

プログラミング スキルチェックエンジニア求人一覧

ブラウザを開くだけで エディタ、Webサーバ、DB等の開発環境が整う|PaizaCloud