paiza times

paizaがお届けする、テック・キャリア・マネジメント領域における「今必要な情報」を届けるWebメディア

logo

paizaがお届けする、テック・キャリア・マネジメント領域の「今必要な情報」を届けるWebメディア

Adobe Fireflyがデザイナーの仕事に与える影響は「ある」

Adobe Fireflyの技術がPhotoshopと Illustratorに流用されて、先日ついに「テキスト入力からベクターデータの生成」ができるようになりました。

これは革命的な機能で、これまで見てきた画像生成AIの一手先まで進んだ印象です。

デザイナーとしてPhotoshopと Illustratorどちらも使う僕の視点で、今後これらの技術がデザイナーの仕事にどのような影響を与えるのか、またイラストレーターなどの仕事がAIに奪われるのかどうかを考察します。

【目次】

paizaラーニング

作業が効率化されてかなり時短できる

Stable DiffusionやMidjourneyなどの画像生成AIでは、テキスト入力でリアルな写真やさまざまなタッチのイラスト、デザイナーが作るようなグラフィックデザインなどを生成することができます。

これもすばらしい技術なのですが、生成される画像を細かく修正することが難しくて、プロンプト入力のスキルや、膨大な試行回数が必要でした。

Adobe Firefly Vector Modelによって、テキストからベクターデータが生成できるようになったことで、生成されるデータの完成度はまったく気にならなくなりました。

ベクターデータは修正を加えても画質が劣化するわけではないので、イメージに近いものさえ作れれば、そこから手直しをしていくだけで良いわけです。

これまでイラストをゼロから作っていたことを考えると、とんでもなく効率的です。

本格的に下請けの仕事がなくなりそう


※Adobe提供

これまで登場してきたさまざまなAI技術は、今すぐに我々の仕事を奪うかと言われるとそのようなこともないだろうと思えるものばかりでした。

ChatGPTがもしかしたら一部の仕事を奪った可能性はありますが、画像生成AIはまだまだな印象だったんですよね。

それがベクターデータを作れるとなると話が変わってきます。ベクターデータを編集できる人は必要ではあるものの、これまでよりも少人数で作業できるからです。

下請け業者や、個人でイラスト制作している方などの仕事を奪う気がしています。

生き残るためには個性が大事

予算がなくてイラストの細部にこだわれない人はAI任せになるかもしれませんが、AIのイラストがどんなにすごくても、発注者側が「この人に描いてほしい」と指名する機会はゼロにはならないはずです。

個性的なイラストを描ける人は必ず重宝されます。

人が描いたイラストとAIイラストは、適材適所で使い分けられていくと思いますので、イラストレーターの方は個性を磨いていくのが大事だと思います。

現在ベータ版のため商用利用はまだできない

この記事執筆現在は、Illustratorでテキスト入力だけでベクターデータを生成する機能はベータ版のため商用利用ができません。

どのような機能なのか試すことはできるものの、仕事道具になるのはもうちょっと先になりそうです。

僕はWebデザイナーやUIデザイナーではありますがグラフィックデザイナーではないので、AIによるベクターデータの生成は大歓迎です。僕が持っていない技術をAIで補完できるようになるのはありがたいことです。

ワクワク感がある一方、AIによってなくなる仕事が出てくる予感も強まった怖さもあります。

少なくとも僕は生成AIを使いこなせるように技術を磨いていき、自分の仕事がなくならないように頑張っていきたいと思います。

(文:大谷大)





paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

詳しくはこちら

paizaラーニング

paizaのおすすめコンテンツ

Webセキュリティ入門 ハッカー入門 Webセキュリティ講座がスタート!CVは内田真礼さん! Python✕AI 機械学習入門講座 CVに上坂すみれさんを起用!人気の機械学習講座を公開中!
paiza転職 paiza新卒 EN:TRY paizaラーニング 記事内に記載している情報は、記事公開時点でのものとなります。 Copyright Paiza, Inc, All rights reserved.