paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」の開発者が、プログラミングやITエンジニアの転職などについて書いています。

logo

ITエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」の開発者が、プログラミングやITエンジニアの転職などについて書いています。

エンジニア募集企業から「年収UP保証」などのスカウトが届く【スカウト強化Week実施中】

こんにちは。谷口です。

転職に興味があるエンジニアのみなさんは、「今すぐどこでもいいから転職したい!」というよりは

  • そんなに転職活動に時間を使えない
  • すぐに転職したいわけではないから、具体的に転職活動はしていない
  • 年収アップなど、現職よりよいところがあれば話を聞きたい

といった考えの方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、エンジニアがなるべく面倒を省いて効率的に転職先を探したり、年収アップなど好条件の転職をかなえるための転職活動方法についてお話しします。

  • 面倒な転職活動は嫌だけどもっといいところがあれば転職したい
  • 転職活動にさける時間があまりない
  • 次に転職するなら年収を上げたい

といった方の参考になればと思います。

よりよい条件の企業が効率的に見つかる転職活動のプロセス

今までの経験や次以降の希望条件を振り返ってみる

まずはこれまでの業務経験やどんなスキルがあるか、何ができるかといった経歴を思い出してみましょう。転職サービスやエージェントを利用するときには、このような経歴をプロフィール欄へ入力することが必要になります。

転職の意思が固まっていない場合も、リファラルなどで知り合いと話す場合も、最低限「今まで何をやってきたのか、何ができるのか」は聞かれます。今のうちから思い出して書き出しておけば、その際の意思の疎通がスムーズになります。

また、最近は多くの転職サイトやエージェントで企業からのスカウトが受けられます。企業が応募者をスカウトするかどうかの判断材料にしているのが、こうしたプロフィール欄の情報です。しっかり記入しておけば、自分で応募する企業を探しに行かなくても、経歴やスキル、条件がマッチする企業からスカウトしてもらえる可能性も高まります。

paizaのスキルチェック問題をやってみる

paiza転職では、プログラミングスキルチェック問題を公開しています。

スキルチェックに挑戦すると、結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。求人ごとに規定されたランクを獲得できていれば応募ができます。

paiza転職の場合、応募だけでなく企業からのスカウトも、このスキルランクとキャリアシートの内容が判断軸となります。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「効率的に転職活動がしたい」という方も、「特に転職したいわけではないけどプログラミング問題を解いてみたい」という方も、ぜひチャレンジしてみてください。

スキルチェックについて詳しくはこちら
paizaのスキルチェック

スカウトを受け取ってみる

前述の通り、最近は多くの転職サイトやエージェントがスカウトサービスを実施しています。

paiza転職に限らず、「とりあえずプロフィールだけ登録しておいて、よさそうな企業からスカウトがきたときだけ話を聞いてみる」という方法で好待遇の転職先をゆるく探しているエンジニアの方も少なくありません。

企業から声がかかったときだけ求人情報を見て、興味を感じたときだけ選考に進むのであれば、継続的に転職先を探したりする必要もないですし、スキルのあるエンジニアにとってはかしこい転職方法ですね。

paiza転職でも以前からスカウトサービスは実施していましたが、ただいま期間限定で「ゴールデンスカウト強化Week」を実施しています。

ゴールデンスカウトを受けるのに必要なのはエントリーとプロフィールの登録、スキルチェック問題の受験のみです。

ゴールデンスカウトとは、企業が「特に会いたい」と思った方のみに送られるスカウトです。ゴールデンスカウト強化Weekにご参加いただくと、「年収UP保証」や「入社お祝い金あり」といった条件保証がついたゴールデンスカウトを受け取ることができます。

ゴールデンスカウト強化Weekについて詳しくはこちら

ゴールデンスカウト強化Weekに関するよくある質問

Q.エントリーをしたら必ずスカウトをもらえますか?
企業側はエントリーされた方のプロフィール情報を見て、経験やスキルが募集要件とマッチしているかを検討した上でスカウトをお送りします。誰もがエントリーさえすれば必ず受け取れるわけではありませんが、職務経験やスキルなどといったプロフィール情報が記入してあると、多くの企業の目に留まり、スカウトも届きやすくなります。


Q.スカウトを受け取った企業には必ず応募しないといけないのですか?
そんなことはありません。興味のない企業からのスカウトは辞退できますので、気軽にエントリーしていただけます。

Q.エントリーに期限はありますか?また、企業からのスカウトはいつ届きますか?
エントリー期間は2022/7/25(月)まで、スカウトが届く期間は7/15(金) 〜7/29(金)となっております。

カジュアル面談を受けてみる

paiza転職では、多くの企業がオンラインで受けられて企業側からも事業内容や業務に関する説明が聞けるカジュアル面談を実施しています。「直接の面接は嫌だけどオンラインならいいかな」「まだ絶対に転職したいわけじゃないけど話を聞いてみたいな」という方でも転職活動を始めやすいかと思います。

これからやりたいことが明確でない人でも、いろいろな企業の話を聞いてみると「こんなサービスや分野があったのか」「Aの分野よりはBの分野のほうが興味あるな」などと、自分の方向性が見えてきたりします。

paiza転職カジュアル面談について詳しくはこちら

まとめ

というわけで、エンジニアがなるべく面倒を省いて効率的に転職先を探したり、年収アップなど好条件の転職をかなえるための方法について解説しました。

もちろん「とにかく早く転職したい」「すでに応募したい企業が決まっている」という方は自分から求人票を探して積極的に応募したり、複数企業の選考を受けたりしたほうがよいでしょう。

ただ、「転職活動にそんなに時間を使いたくない」「今すぐ転職したいわけではないけど、現職よりもよいところがあれば話を聞きたい」という方なら、とりあえず登録しておいてスカウトを待つ、条件のよい企業に絞って話を聞いてみる、といったやり方で転職活動をゆるく進めていくのもよいかと思います。


paiza転職について詳しくはこちら
paiza転職

ゴールデンスカウト強化Weekについて詳しくはこちら





paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

詳しくはこちら
paizaラーニング

そしてpaizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。

スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

詳しくはこちら
paizaのスキルチェック

paizaのおすすめコンテンツ

Webセキュリティ入門 ハッカー入門 Webセキュリティ講座がスタート!CVは内田真礼さん! Python✕AI 機械学習入門講座 CVに上坂すみれさんを起用!人気の機械学習講座を公開中!
paiza転職 paiza新卒 EN:TRY paizaラーニング 記事内に記載している情報は、記事公開時点でのものとなります。 Copyright Paiza, Inc, All rights reserved.