paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」(https://paiza.jp ギノ株式会社)の開発者が開発の事、プログラミングネタ、ITエンジニアの転職などについて書いています。

CTOなどスペシャリストエンジニアたちに聞いた、これまでのキャリア変遷とは【paizaインタビュー】

paizaでは、paizaを使って転職に成功されたエンジニアやCTOなどスペシャリストエンジニアの方々にお話をお伺いしたインタビュー記事を公開しております。

今回は、特にスキルを磨きスペシャリストのエンジニアとしてご活躍されている方の記事をご紹介します。

これまでのキャリアや今の仕事のやりがい、現職の事業内容や実務内容、どんな人に応募してほしいかなどなど、スペシャリストエンジニアの声には、転職のヒントがたっぷり詰まっています!


【目次】

paiza掲載企業 スペシャリストインタビュー

株式会社サービシンク:技術だけでなく「サービスを考える」ことが好きなエンジニアと仕事がしたい


不動産業界に特化してWeb制作やシステム開発をしている株式会社サービシンクで、エンジニアチームのトップを務めるシステムインテグレーションディビジョンマネージャーの井加田さんと、代表取締役の名村さん、人事ディビジョンの石井さんにお話をお聞きしました。

――サービシンクに転職するきっかけはなんだったのでしょう?
前職時代に、縁あってこの会社と同じプロジェクトになって動く機会があって、一緒に仕事をして、つながりができたんです。その後、この会社からお誘いいただいて転職しました。

――まさに同業他社への転職になりますが、転職の決め手は何でしたか?
当時、この会社はまさにスタートアップ期で、これから組織を作っていくフェーズだったので、大きな裁量がありそうだなと感じたのが理由ですね。前職は今よりも大きい会社で、すでに決まった枠組みの中で働くという感じでした。提案をする機会はあったものの、なかなかうまくいかないなという感覚がありました。

――この会社は、自分でやり方から決められる環境だったんですね。
そうですね。もちろん、受託案件はお客様がいるので何でもできるというわけではありませんが、その中でも何がいいか、どう提案するかというのは、前職と比べてもずっと考えられるようになりました。その中で、自分も経験を積み、案件を動かすのがうまくなってきたのかなと感じています……

続きはこちら!
株式会社サービシンク:技術だけでなく「サービスを考える」ことが好きなエンジニアと仕事がしたい


マッチングッド株式会社:技術力を強みに転職 ベンチャー企業で得られた大きな裁量


人材紹介・人材派遣の業務効率を高めるためのシステム「マッチングッド」を開発・販売するマッチングッド株式会社で、パッケージソリューション部リーダーの尾越さんにお話をお聞きしました。

――尾越さんが考える「いいエンジニア」の条件を教えてください。
技術力だけでなく、要求を整理してまとめる力があるかどうかがいいエンジニアのひとつの条件じゃないかなと思います。相手からざっくりと「こういうものが欲しい」という要望を受け取った時に、必要な情報がそろっているかを判断し、足りなければ適宜ヒアリングしたうえで、最適な解決策を提案できるような人といえばいいでしょうか。

特に今の日本では、そうした能力が必要だと感じます。高いコーディング技術を持っているエンジニアは国内にも海外にもたくさんいますから、技術を理解したうえで指示が明確に出せる人がいれば、たとえ自分が全部作らなくとも、彼らとともにいいものを作り上げることはできます。私たちに求められていることは、明確な仕様に至るまでのフローを突き詰めることだと思います。

――単純なコーディング技術だけではないということですね。では、社内のエンジニアに求めるスキルは何でしょう?
端的に言うと、オブジェクト指向的な考え方をちゃんと持っていること。そして、それをもとに自分で調べて、解決できる力が重要だと思います。自身の担当部分をきちんと理解し、さらにそれを要素分解してから開発できる人でないと……

続きはこちら!
マッチングッド株式会社:技術力を強みに転職 ベンチャー企業で得られた大きな裁量

セーフィー株式会社:「セーフィーというインフラを作りたい」CTOが語る展望


PCはもちろん、スマートフォンタブレットといった端末からも「いつでもどこでも」映像をチェックできる防犯カメラシステムとして注目を集める『セーフィー(Safie)』を手がけるセーフィー株式会社で、同社取締役CTOの森本さんと下崎さんにお話をお聞きしました。

――ここで、改めてセーフィーの事業内容を教えてください。
下崎さん: セーフィーで開発しているのは、クラウドベースのビデオプラットフォームです。現在は主に監視カメラの用途でご利用いただいています。我々はあくまでメーカー向けにファームウェアの開発のみをやっていて、ハードウェアはまったく作っていないのが特徴です。

――ハードウェアを作らないのにはどんな理由があるのでしょうか?
下崎さん: やはりハードウェア開発にはお金がかかりますし、なんといっても創業者が3人とも元々ソニーにいましたので、我々の規模でソニーに真正面から対抗するのがありえないことだというのは、よくわかっていますから。

――同様のサービスと比較しての強み、差別化できているところを教えてください。
森本さん: 大きな特徴として、まず映像が圧倒的にきれいです。にもかかわらず、費用も他のサービスより安い。従来ですと導入に何千万円もかかっていたようなものが、セーフィーならLTEルーターと対応カメラをポンと置くだけで実現できます。カメラ1個も2万円くらいですし、ランニングコストは月々数千円しかかりません。さらに、撮影された全データをクラウド上で管理していて、権限設定がしっかりしているのも強みです。月々数千円で銀行レベルのセキュリティ強度のあるネットワークカメラを導入できるのです。

企業はもちろん、安価で設置が楽なので個人でのご利用も増えています。Amazonでもセーフィーの対応カメラを売っていますので、導入も簡単ですよ。今のところ、ビジネスとしてはBtoBの比重が大きいですけれど、BtoCにも注力しています。アプリも一般ユーザーを意識した作りにしています……

続きはこちら!
セーフィー株式会社:「セーフィーというインフラを作りたい」CTOが語る展望


この他にもpaizaでは、転職に成功されたエンジニアやCTOなどスペシャリストエンジニアの方々にお話をお伺いしたインタビュー記事を多数掲載しております。ぜひごらんください!

paiza転職の転職成功者・スペシャリストエンジニアインタビュー




paiza転職は、転職時のミスマッチをなくし、エンジニアがより技術面にフォーカスしたやりがいある仕事を探せる転職サービスです。プログラミングスキルチェック(コーディングのテスト)を受けて、スコアが一定基準を超えれば、書類選考なしで複数の会社へ応募ができます。

paiza転職

まずはスキルチェックだけ、という使い方もできます。すぐには転職を考えていない方でも、自分のプログラミングスキルを客観的に知ることができますので、興味がある方はぜひ一度ご覧ください。

paizaのスキルチェック