paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」(https://paiza.jp ギノ株式会社)の開発者が開発の事、プログラミングネタ、ITエンジニアの転職などについて書いています。

もう手放せない!Slackの機能を劇的に拡張する最新ボットサービス6選

f:id:paiza:20181107130606j:plain
どうも、まさとらん(@0310lan)です!

今回は、Slackにさまざまなボットを追加することで大幅に機能を拡張できるサービスを厳選してご紹介しようと思います!

単なるチャットサービスの枠を超えて、「こんな機能があったらいいな」という欲望を本当に叶えてくれるシンプルで使い心地の良いものだけを集めてみました。

Slackを使っている人はもちろんのこと、ボットに興味がある人もぜひ参考にしてみてください!

■SlackにWikiの機能を搭載できるボットサービス!

Slicki

f:id:paiza:20181107130656j:plain

複数人でさまざまな情報を編集しながらWebページを作成して共有できるWikiの機能を、Slackに搭載できるボットサービスがこの「Slicki」です!

Google Docsのように複数人同時編集も可能で、任意のチャンネルにWikiを簡単に作成できるので、情報をまとめたり簡単な資料を作ってストックしておけるのが大きな特徴。


使い方はシンプルで、「/slicki」というコマンドを入力するだけでWikiが自動生成されます。

そして、ボットから以下のようなリンク付きのメッセージが来るのでクリックしましょう!

f:id:paiza:20181107130725j:plain


すると、Wikiが編集できるエディタがブラウザ上に表示されます!

f:id:paiza:20181107130743j:plain

あとは、このエディタを使って自由にドキュメントを編集していけばいいわけです。

左のメニューは自分のSlackチャンネルに対応しており、それぞれのチャンネルごとにWikiを作成可能でディレクトリ構造も作れるので便利です。


<参考リンク>

■テキストではなく音声チャット機能を追加できるボットサービス!

Recordfy

f:id:paiza:20181107130907j:plain

Slackのメッセージ上に録音した音声を投稿できるようになるのが「Recordfy」の特徴です。

テキストチャットと電話の中間くらいの位置づけですが、電話をするほどでもないケースで利用したり音楽制作のサンプルを投稿するような使い方もできるでしょう。


使い方ですが、「/record」コマンドを入力すると録音用のボタンがボットから届くのでクリックします!

f:id:paiza:20181107130951j:plain


するとブラウザ上で、そのまま音声を録音できるようになります!

f:id:paiza:20181107131010j:plain

送信ボタンをクリックすればSlackに投稿できます。


投稿すると、メッセージ上に音声を再生する「①ミニプレイヤー」が表示されるのでクリックすると誰でも聞くことができます。

f:id:paiza:20181107131034j:plain

面白いのは、録音をする時に「Speech-to-Text」にチェックを入れておくと、音声を自動的に「②テキストに変換」して一緒に投稿してくれる点です!
(日本語対応済み)

この機能を使えば、あとからメッセージを検索することも可能になるので重宝するでしょう。


<参考リンク>

■メッセージ上で任意の画像を自由にリサイズできるボットサービス!

ImageResize

f:id:paiza:20181107131153j:plain

Slackのメッセージへ投稿した画像に対して、例えばSNSに最適化した画像サイズに変更したりなど、指定したサイズへ自由に変えられるのがこの「ImageResize」です。

ちょこっとサイズを変えたいだけなのに、わざわざ画像編集ソフトを起動するのが面倒な人にはとても最適なサービスと言えるでしょう。


使い方は簡単で、画像が投稿されたメッセージのオプションに「ImageResize」の専用メニューが表示されるのでクリックします!

f:id:paiza:20181107131212j:plain


Facebook / Instagram / TwitterなどのSNSが選択できるので、目的のプラットフォームをクリックしましょう。

f:id:paiza:20181107131228j:plain

たったこれだけで、各SNSに最適化された画像が自動生成されます。


数秒ほど待つとボットからリンクが届きます。

f:id:paiza:20181107131250j:plain

このリンクをクリックすることで画像をダウンロードできるというわけです。


さらに、「/image-resize【任意のサイズ】【画像のURL】」という形式でコマンドを入力すると、自由にサイズを決めて画像を生成することも可能です!

f:id:paiza:20181107131315j:plain

Webサイトやブログなどで利用する画像を作るときにも活用できるので大変便利です。


<参考リンク>

■テキストベースで「今日やること」を管理できるToDoボットサービス!

Today List

f:id:paiza:20181107131432j:plain

メッセージ上でそのままタスクなどの進捗を管理できるシンプルなツールがこの「Today List」の大きな特徴です。


例えば、「/today-add 【今日やること】」というコマンドを入力することで、タスクをどんどん登録していくことができます!

f:id:paiza:20181107131453j:plain

Slackでメッセージのやり取りをしている時など、気が付いたときにいつでもタスクを登録していけるので便利です。

また、「/today-complete 【タスク】」というコマンドで任意のタスクを完了させることができます。


「/today-list」コマンドを入力すると、登録したタスクの一覧を表示させることもできます。

f:id:paiza:20181107131534j:plain

他にも、「/today-overview」コマンドで現在の進捗状況などを確認することができるので便利です。

すべての作業がチャットの延長線上で実現できるので、非常に使い勝手がよく、すぐにでも活用できるのが大きな魅力です。


<参考リンク>

■自分を隠して匿名チャットができるボットサービス!

Abot

f:id:paiza:20181107131707j:plain

社内チームや複数人でメッセージをやり取りしていると、なかなか言いづらいことも出てくると思います。

そんな時にこの「Abot」を使うと、自分を隠して匿名でメッセージを投稿することができます。


使い方は簡単で、「/abot 【チャンネル名】【メッセージ】」というコマンドを入力すると指定したチャンネル宛に匿名メッセージを投稿することが可能!

f:id:paiza:20181107131729j:plain


メッセージが投稿されると、以下のように誰が投稿したのか分からない状態で表示されます。

f:id:paiza:20181107131755j:plain


さらに、匿名メッセージに対して第三者が返信を投稿することも可能です!

f:id:paiza:20181107131810j:plain

この返信も「匿名」でできるので便利です。


ちなみに、返信された投稿は「Abot」からDMでメッセージが自分に届くようになっています。(スレッドに残すことも可)

f:id:paiza:20181107131833j:plain

また、「/abot @名前 【メッセージ】」のようにコマンドを入力すると、匿名で特定の相手にDMを送信することもできます。

メッセージを送るだけでなく、例えばアンケートを匿名で取りたいようなケースでも活用できると思うので、使い方次第では面白いツールといえるでしょう。


<参考リンク>

■メールのやり取りを一括管理できるボットサービス!

SharedBox

f:id:paiza:20181107131952j:plain

「SharedBox」を使うと無料で専用のメールアドレスを取得することが可能で、このアドレスを利用したメールはすべてSlack上で管理できるというのが大きな特徴です。

一般的なメールの使い方はもちろんのこと、カスタマーサポートをSlackで行うような活用方法もできるので大変便利です。


使い方ですが、専用のメールアドレス宛に誰かがメールを送信したとします。

f:id:paiza:20181107132029j:plain


すると、メールを受信したことがSlackで確認できます。

f:id:paiza:20181107132042j:plain


メールの内容を確認して、そのままSlack上からメールの返信も可能です!

f:id:paiza:20181107132100j:plain

このように、双方がメールでやり取りをしているにも関わらず、Slackを使ってまるでチャットをしているようにコミュニケーションできるというのが大きな特徴です!

さらに、相手がメッセージを読んだかどうかもSlack上で確認できるようになっているので便利です。(相手をブロックする機能もあり)


「SharedBox」の導入から使い方まで、さらに詳しい解説は次の記事で紹介しているので合わせてぜひ参考にしてみてください!

paiza.hatenablog.com


<参考リンク>

■おまけ

Slack App ディレクトリ

f:id:paiza:20181107132256j:plain

今回ご紹介したSlackのボットサービス以外にも、公式サイトではさまざまなボットアプリがカテゴリ別に紹介されています。

開発者(エンジニア)の業務効率化に特化したものから、旅行・健康・金融など多彩なジャンルに特化したユニークなボットが掲載されているので、ご興味ある方はぜひチェックしてみてください!


<参考リンク>

■動画でプログラミングが学べるpaizaラーニング


動画でプログラミングが学べるpaizaラーニングでは、Python、Java、C言語、C#、PHP、Ruby、SQL、JavaScript、HTML/CSSなど、プログラミング初心者でも動画で学べる入門レッスンを公開しています。

Python入門編」「C#入門編」「JavaScript入門編」「ITエンジニアの就活準備編」といった人気講座も完全無料となっておりますので、プログラミングを学びたい方・ITエンジニアを目指したい方はぜひごらんください。

■まとめ

今回は、Slackの機能を大幅に拡張してくれる便利なボットサービスを厳選してご紹介してみました。

ボットを追加することで、単なるチャットツールから業務に活用できる統合型のビジネスツールにもなり得るポテンシャルの高さが人気となって、最近はさまざまな種類のボットが毎日のように誕生しています。

ぜひ、みなさんもお気に入りのボットを見つけて業務の効率化にチャレンジしてみてください!



 

paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

詳しくはこちら

paizaラーニング

そしてpaizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。

スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

詳しくはこちら

paizaのスキルチェック