paiza開発日誌

IT/Webエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」の開発者が、プログラミングやITエンジニアの転職などについて書いています。

20200204140738

ITエンジニア向け総合求人・学習サービス「paiza」の開発者が、プログラミングやITエンジニアの転職などについて書いています。

プログラミング動画学習 paizaラーニング

リモートワークの浸透でついに始まる「低スキルエンジニアの淘汰」

f:id:paiza:20201003023756j:plain
Gerd AltmannによるPixabayからの画像

f:id:paiza:20180910132940p:plainこんにちは。倉内です。

「業種別リモートワーク実施率」の調査結果*1を見てみると、群を抜いて「IT・インターネット」で割合が高く、唯一の毎日出社している人よりリモートワークを実施している人が多い業種だそうです。

もちろんIT業界といっても仕事内容はさまざまで一概には言えませんが、ITエンジニアはPC、インターネット回線、集中できる環境の確保ができれば、比較的場所を選ばず仕事ができると言ってよいでしょう。

リモートでも問題なく仕事ができるというのは魅力的ですが、企業側からすると「ITエンジニアとして働く人材はオフィスに出社できるか否かにかかわらず採用ができる」とも言えます。

また、コロナ以前より採用条件を厳しくし、採用に慎重な企業も多いため、これまでは売り手優位だった転職市場も状況が変わりつつあります。

今回はこのような状況下で何が生き残るエンジニア、淘汰されるエンジニアの分かれ目となるか、特に転職を考えている人はどうするとよいのかについて考えてみたいと思います。

企業の採用に対する考え方の変化

コロナ禍で就職・転職市場がどうなるかを考える際、よく引き合いに出されるのはリーマンショック時ですが、実はもう少し遡ってみると分かることがあります。

バブル崩壊後、新卒採用を取りやめてキャリア採用に偏った企業が多くありました。しかし、のちに問題(おもに年齢層のバランスが崩れたり、若手の指導機会がなくなりリーダーが育たなくなったり)が多く、それを踏まえてリーマンショック後はキャリア採用を抑制し、できる限り新卒採用を続けた企業が多かったといいます。

(参考)第2回:新型コロナ禍の下、キャリア採用はこう変わる | HR総研

予想では今回もリーマンショック後と似たような動きになるだろうと言われています。

そのため「エンジニアのキャリア採用を実施したいが、これまでよりも採用基準を上げて少数精鋭を獲得したい」と考える企業が多くなるということです。

ちなみにdodaが毎月発表している、職種別の転職求人倍率*2の「技術系(IT・通信)」を2019年8月から2020年8月の推移で眺めてみると…

f:id:paiza:20201006105721p:plain
(出典)doda「転職求人倍率レポート」(2019年8月~2020年8月)

2020年8月の求人倍率は技術系(IT・通信)が6.91、職種全体が1.65であることから分かる通り、他の職種に比べるとまだまだ高い数値ですが、5月以降で求人倍率が下降傾向である事実は他と変わりません。

つまり、企業は以下のように考え方を変えつつあります。

  • 採用における課題は、応募人数を確保するから「自社にマッチする人だけが来るようにスクリーニングする」または「精度の高い選考をして応募者の中から適切な人だけを選び出す」になっている。
  • オンライン選考の実施など採用フローが従来と変わったため、うまく定着するかどうか見極めるためにしばらく採用ペースを落とす。
  • 今後の社会情勢がどうなるか、先行き不透明なため採用戦略が多少保守的にならざるをえない。

特にIT業界では、以下のようなことが顕著に現れています。

  • 外部への委託量を減らす(できる限り内製する)。
  • たとえば東京にオフィスがある企業でも東京近辺在住にこだわらず採用し始めている。また、現時点では少数派だが、国内に限らず世界の人材をターゲットに採用を始めた企業もある。

一見、ITエンジニアの需要は変わらず多いように見えますが、企業側の採用や人材に関する考え方は変わってきていると思っておいたほうがよいでしょう。

生き残るエンジニア・淘汰されるエンジニア

前述の通りITエンジニアの求人倍率は数字だけ見ると比較的高いのですが、結論から言うと今の状況は「表向きはIT人材取り合い、実際はスキルのある人の取り合い」です。

同じエンジニア間で、具体的にはどんな違いがあるのか、特徴を挙げてみました。

生き残るエンジニアの特徴

  • 専門性が高い(特定領域に強みがある)
  • 技術力プラスアルファ何か別のスキルを持ってる
  • 自ら学びスキルをアップデートしようとしている

開発系のエンジニアであれば、プラスアルファはたとえば、セキュリティやデータベースなど開発領域以外の知識も豊富だったり、もしくはマネジメントスキルやビジネス視点を持っているなどをイメージしていただけばよいかと思います。

これらのエンジニアは、企業にとって一度手放すと再び似た人を見つけることが非常に困難なので、自社から離れて欲しくない存在です。

もし採用市場にそういった人がいた場合、今後も引く手あまたの存在であることは間違いありません。

よって多少景気の不透明性があっても「採用したい」と思われる人材だと言えます。

淘汰の対象になる可能性があるエンジニアの特徴

  • 誰でもできる、代替可能な技術しか持っていない
  • 自らのスキルをアップデートしようとせず、現在持っているスキルだけでなんとかしようとする
  • IT技術の習得のみが目的で「それを生かして解決したい課題は何か」を考えられない

景気がよいときは、仕事がたくさんあるのでなんら問題ないかもしれません。

しかし、今回のように先行きの不透明な状況で、急激に景気が悪化する場合にこういった人たちは真っ先に淘汰の対象となってしまいます。

それは必要時にかき集め、不要になったら手放せばいい「流動性が高い人材」と見られているからです。

特に受託案件を中心としているIT企業では、以前は経験やスキルが足りていない人材でもとりあえず案件に入れていたのが、コロナ後はそれが難しくなりました。そのためスキルがそこそこある人でも待機が発生したり、「未経験者でも可」といった案件で非常に倍率が高くなったりといった現象が起こっています。

一方、元請け企業からは「案件はそれほど減っていない」「むしろ忙しい」という声も聞きます。

これは見通しが不明確な状況下で人を囲っておくのはリスクになるため、不景気時には内製の動きが強くなるからです。ここでいうリスクとは、顧客からプロジェクトの中止や延期、予算の削減などを言い渡される可能性があるなどを指します。

自分はまだ特に影響ないけど…という方も「今やってる案件の次は大丈夫か?」というのを一度考えてみるとよいかもしれません。影響が出るのに多少時差があるので油断は禁物です。

(参考)

そして当然ですが、売り手市場になると企業の採用基準や選考での評価の目は厳しくなります。

このような状況下での転職は、「なんとしてもうちに来てほしい」と企業に思わせられる人材にならないと苦戦する可能性が高くなります。

淘汰されないために、これからどうするべきか

逆に言うと、専門性が高くスキルのある人にとってはより条件のよい環境を求めやすくなったと言えます。国内での通勤圏だけでなく、もはや国境にもとらわれない働き方ができます。

特にIT業界では、実際にそういう求人を出す企業も増えてきています。(paiza転職でもリモート勤務可の求人は増えています)

では、このような社会情勢において、「生き残る側」になるにはどうしたらよいのでしょうか?

ここでは以下の3点を実行することをおすすめします。

  • 自分のスキルの棚卸し
  • 強みとなる専門領域のスキルを高める
  • 技術的なスキルにプラスアルファ別のスキルを持つ

「スキルの棚卸し」とは、これまで自分が経験してきたことやできること、持っているスキルをどう生かしてプロジェクトや会社組織に貢献してきたかを整理することを言います。そして「これから何をやりたいか」を明確にするためにも有用です。

詳しくは以下の記事でも説明していますので参考にしてみてください。

paiza.hatenablog.com

そしてさきほども少し述べましたが、プラスアルファというのは、たとえば「ビジネス視点を持つ」など開発スキルとは別のもので何か強みを見つけるということを指しています。

これはエンジニアを対象にした、あるアンケート調査で「技術的なスキルだけでは生き残れないと思う」という解答が過半数を超えていたことから、エンジニア自身がプラスアルファを必要だと考えていると言ってもよいと思います。

タスク管理やコミュニケーション能力、組織の成長を意識する視点を持てるか…など、どんなスキルが必要となるかについては、以下の記事で具体的に挙げているのでよければごらんください。

paiza.hatenablog.com

また、以下の記事では、コロナ禍でも採用を続けている自社サービス企業のリアルな声を聞くことができます。

(参考)コロナ禍、エンジニア採用を継続したベンチャー3社CTOが明かす“採用現場の舞台裏”「転職成功のカギは自分なりのストーリーを持つこと」 - エンジニアtype | 転職type

まとめ

リモートワーク時代に、企業の採用に対する考え方はどのように変わったか、これからのエンジニアに求められるものはなにかを考えてきました。

転職を考えている方はもちろんですが、その予定はないという方も今のうちに自分の市場価値を高めるための行動をしておいて損はありません。

paiza転職はITエンジニア専門の転職サイトです。プログラミングスキルはもちろん、ITエンジニアに必要な知識、スキルを生かせるPMやCTO求人も掲載しています。

「とにかく技術志向の人」という求人だけではなく、「サービス企画でアイデアを出せる人」「マネジメント経験がある人」「チーム開発を円滑に進めていける人」などを募集要件に掲げているものもあります。

paiza転職





paizaラーニング」では、未経験者でもブラウザさえあれば、今すぐプログラミングの基礎が動画で学べるレッスンを多数公開しております。

そして、paizaでは、Webサービス開発企業などで求められるコーディング力や、テストケースを想定する力などが問われるプログラミングスキルチェック問題も提供しています。

スキルチェックに挑戦した人は、その結果によってS・A・B・C・D・Eの6段階のランクを取得できます。必要なスキルランクを取得すれば、書類選考なしで企業の求人に応募することも可能です。「自分のプログラミングスキルを客観的に知りたい」「スキルを使って転職したい」という方は、ぜひチャレンジしてみてください。

paizaのスキルチェック

*1:2020年8月にカオナビが実施した、20代~60代の自由業を除く有業者9816人を対象としたWebアンケート調査。ITmedia掲載。

*2:転職求人倍率の定義については、出典に記載のURLからご参照ください。

paizaのおすすめコンテンツ

Webセキュリティ入門 ハッカー入門 Webセキュリティ講座がスタート!CVは内田真礼さん! Python✕AI 機械学習入門講座 CVに上坂すみれさんを起用!人気の機械学習講座を公開中!
paiza転職 paiza新卒 EN:TRY paizaラーニング Copyright Paiza, Inc, All rights reserved.